goo

2016 11/20の拝観報告4 最終(延寿寺 まいまい京都)


写真は、本堂内陣 本尊は三尊仏(釈迦如来(左)、大日如来(中央)、阿弥陀如来(右))

13:00頃に自転車で無鄰菴を出て、神宮道→三条通→川端通→五条通→河原町通と進みます。
川端通や河原町通の北行は渋滞していました。

ちょっと早かったので渉成園にも行きましたが、紅葉は・・・。

そして13:45頃にやって来たのが、延寿寺です。
延寿寺と言ってもピンとこないと思うので、場所の解説を。
浄土宗特別大公開でお馴染みの本塩竃町の1番南にある長講堂のすぐ裏手(というか、裏道の裏なので河原町通沿い)にあります。
この日は14:00~16:30まで、まいまい京都の「マイ御朱印帳を作ろう」がこちらでありました。

参加者は19名。
僕はまいまい京都初参加!
参加費は5000円でした。

最初14:00~14:30まではご住職から境内の案内。
普段非公開の寺院ですので貴重です。
後白河法皇の還暦の際に、さらなる長寿を記念して創建されたそうです。
本尊は三尊仏(釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来)です。
墓地には初代 尾上菊五郎のお墓もありました。

そしてその後は書院で御朱印帳作りでした。

最初は御朱印帳の表紙の柄を選ぶところから。
くじ順で選んでいきます。

次は御朱印帳の中の紙を貼り繋げていきます。
糊が少ないと後で剝がれるし、多いとヨレるので、糊の分量が大事そうです。
もちろん2つ折りの紙の張り順を間違えると・・・ちゃんと蛇腹のように開きませんので要注意です(笑)。

それが出来ると、今度は表紙づくり。
厚紙に先程選んだ表紙の布を、しっかり引っ張りながら貼ります。

最後に蛇腹のような中の紙と表紙を貼り合わせます。

出来上がるとちゃんとした御朱印帳になりましたね!

自分で作った御朱印帳ですので、この僕ですら結構愛着が湧きました(笑)。

出来上がった御朱印帳はご住職に本堂で御祈祷頂き、最初のページにこちらの御朱印を頂きました。

なんだかんだで17:00前になり、辺りは暗くなっていましたが、いい経験が出来て楽しかったです。

今回作成した御朱印帳です!



「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« 2016 11/20の... 2016 11/23の... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (なおすけ)
2016-12-07 23:03:18
大変よく出来ました!(笑)手先が器用ではないし、手元の細かい作業は眼鏡を外した方が楽になった私には難しいですね。

2013年のGW、神應寺で初朱印帳購入以来、先日の上洛で通算45&46冊目を購入してしまいました。来年は恐らく50冊目の大台にのるかも・・・。ま、全部埋まっていないものも多いですが(基本、片面使用なので)。洛陽、ついに三巡目に突入です(昨年再興10周年でしたが、それを機会に公式朱印帳の新作が出て、つい買ってしまいました)。

尚、来週末の16-17日に上洛して叔母と現地合流し、一泊二日の洛中デートの予定です。たぶん、遭遇することはないでしょうが・・・。まねき位は観に行こうかな・・・。
 
 
 
なおすけさま (amadeus)
2016-12-08 08:57:37
ご無沙汰しております。

今年の顔見世興行は先斗町歌舞練場ですので、1回の公演でのキャパは通常の半分のようです。
3回公演ですので、南座の時の1×2回=2と比較すると、
0.5×3=1.5なので、いつもの2/3ですね。

しかし今年の2部の売れ行きはすごいですね。
もう2部は全公演sold outだと思います。

僕の顔見世もそろそろ。
とても楽しみです!
 
 
 
Unknown (なおすけ)
2016-12-09 18:13:57
第一部だと、開場時に先斗町の舞妓さん達がお出迎えだそうですよ。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。