goo

2016 11/23の拝観報告2(南禅院)


写真は、庭園の紅葉

岡崎別院を出て、自転車で白川通を下ります。
途中で永観堂へ行く人がチラホラと。
これを見ながらさらに南へ。
野村碧雲荘の前を通って、南禅寺へ。

8:25分頃に南禅院に到着。
開門は8:40。
2番目で待ちます。

開門と同時に池のある庭園へ。
紅葉はピークを過ぎていましたが、まだ見頃でしょうか。

なんとかいい写真が撮れました。
しかしすぐに人でいっぱいに。

8:45にこちらを出ました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/23の拝観報告1(岡崎別院)


写真は、庭園の紅葉

日曜日です。
この日は本来拝観日ではないですが、既に紅葉がピークに・・・。
妻にはなんとかご理解頂き、午前中だけ時間を貰いました。

今回は1つ1つが結構遠いところを効率よく回るため、交通手段は最終兵器です(笑)。
自転車を車に積んで、8:00に出発します。

丸太町通を東へ進み、岡崎神社前のコインパーキングに駐車します。
自転車を降ろし、最初にやって来たというよりは、寄り道したのが岡崎別院です。
8:15に到着。

正直ここは本来の目的ではなく、次の時間まで裏の庭園がどれぐらいになっているか偵察に来ました。
こちらは既にピーク過ぎでしたね。

今回はここだけではなく、どこも滞在時間は5分程度。
もう紅葉だけです(笑)。

8:20にこちらを出ました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/20の拝観報告4 最終(延寿寺 まいまい京都)


写真は、本堂内陣 本尊は三尊仏(釈迦如来(左)、大日如来(中央)、阿弥陀如来(右))

13:00頃に自転車で無鄰菴を出て、神宮道→三条通→川端通→五条通→河原町通と進みます。
川端通や河原町通の北行は渋滞していました。

ちょっと早かったので渉成園にも行きましたが、紅葉は・・・。

そして13:45頃にやって来たのが、延寿寺です。
延寿寺と言ってもピンとこないと思うので、場所の解説を。
浄土宗特別大公開でお馴染みの本塩竃町の1番南にある長講堂のすぐ裏手(というか、裏道の裏なので河原町通沿い)にあります。
この日は14:00~16:30まで、まいまい京都の「マイ御朱印帳を作ろう」がこちらでありました。

参加者は19名。
僕はまいまい京都初参加!
参加費は5000円でした。

最初14:00~14:30まではご住職から境内の案内。
普段非公開の寺院ですので貴重です。
後白河法皇の還暦の際に、さらなる長寿を記念して創建されたそうです。
本尊は三尊仏(釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来)です。
墓地には初代 尾上菊五郎のお墓もありました。

そしてその後は書院で御朱印帳作りでした。

最初は御朱印帳の表紙の柄を選ぶところから。
くじ順で選んでいきます。

次は御朱印帳の中の紙を貼り繋げていきます。
糊が少ないと後で剝がれるし、多いとヨレるので、糊の分量が大事そうです。
もちろん2つ折りの紙の張り順を間違えると・・・ちゃんと蛇腹のように開きませんので要注意です(笑)。

それが出来ると、今度は表紙づくり。
厚紙に先程選んだ表紙の布を、しっかり引っ張りながら貼ります。

最後に蛇腹のような中の紙と表紙を貼り合わせます。

出来上がるとちゃんとした御朱印帳になりましたね!

自分で作った御朱印帳ですので、この僕ですら結構愛着が湧きました(笑)。

出来上がった御朱印帳はご住職に本堂で御祈祷頂き、最初のページにこちらの御朱印を頂きました。

なんだかんだで17:00前になり、辺りは暗くなっていましたが、いい経験が出来て楽しかったです。

今回作成した御朱印帳です!



「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/20の拝観報告3(無鄰菴 もみじ茶会)


写真は、茶室の内部

南禅寺ぎんもんどを出て、向かったというか隣の無鄰菴へ。
11:40頃でした。

今回はこの日開催のもみじ茶会に申し込んでいました。
12:00~の会です。
10:00開始から15:00開始まで1時間ごとに6回。
各回定員は10名。
僕の会は8名でした。
参加費は入苑料410円+3000円です。

最初にお茶室に参ります。
手前の3畳間に入って受付と荷物を置き、茶室奥の3畳台目の小間へ。
こちらで汲出し(白湯)を頂きます。
月見台にも入れます。
結構ラフな感じで進みます。

12:20頃には茶室から主屋の2階へ向かいます。
2階でお薄を頂きます。
持参しなくても懐紙と菓子切りは用意されています。

お点前の後は、庭師の方からお話があります。
最後は自由に内部を見学して、ちょうど13:00頃に終わりました。

ちゃんとお点前されますが、比較的気楽に参加できると思います。
お茶室内部と主屋の2階にも上がれるので、おすすめですね。

13:00過ぎに次へと向かいました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2014 11/20の拝観報告2(南禅寺ぎんもんど)


写真は、南禅寺ぎんもんどの庭園

10:45頃に妻が子供を公園に迎えに来てくれたので、僕は自転車で拝観へ。
11:00前に東山三条のマクドで食事を済ませます。

そしてまずは天授庵へ(リンクの写真は以前のものです)。
こちらは昨日の雨でピークは明らかに過ぎていました。
ちょっとがっかり。

次に向かったのが、南禅寺ぎんもんどです。
こちらの庭園は駐車場のおじちゃんに「庭園をみせて下さい」とお願いすると、
「なんぼでも観ていってや」と言って下さいます(笑)。

こちらの紅葉も結構いい感じでした。

もうアマ会の方には告知しましたが、春の総会の会場はこちらです。

ご期待ください!

11:40には次へと参りました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/20の拝観報告1(妙覚寺)


写真は、開扉された華芳堂

日曜日。
午後から拝観の予定にしていたら、妻も午後から子供を連れて叔母と食事に行くと。
この日は晴れたので、それまでの間子供達を公園に連れて行って欲しいと妻に頼まれました。
9:00頃に公園に到着。
すぐさま子供と交渉。
「お父さんはちょっと行きたいところがあるから、1時間ぐらいしたら戻る。それまで2人で遊んでてくれるか」というと、小学4年生と1年生の長男次男は「いいよ」と。
また脱走です(笑)。

自転車で9:20に妙覚寺に到着。
妙覚寺は昨年までは紅葉時の拝観は事前に予約が必要だでした。
しかしどういう風の吹き回しか今年から拝観が予約不要になったばかりか、夜間のライトアップまで始められました。

前日に行ったアマ会員さんからの報告を聞いて、すっ飛んできました(笑)。
この日の紅葉は上々。
写真もですし、内容も新しいものに本編は変わっています。

さらに今回の公開では、本堂右手の庭にある華芳堂が開扉され、華芳宝塔と内部の石塔が遠いですが見えました。

さてこちらに着いた時、既に1人の男性が来ておられました。
2人だけでしたのでお話しすると、かなりのお寺好きの方のようでした。
話も弾んだので、こちらのブログをご紹介させて頂きました。

またよろしかったら、コメントくださいね!

9:50頃に脱走を終え、子供達の待つ公園へと舞い戻りました(笑)。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/19の拝観報告6 最終(龍谷ミュージアム 浄土真宗と本願寺の名宝Ⅰ)


写真は、龍谷ミュージアム 正面

桂の極楽寺を出て、八条通→春日通→裏道から西大路通→七条通と進み、堀川七条周辺のコインパーキングに駐車します。

15:05頃にやって来たのが、龍谷ミュージアムです。
9/24~11/27まで浄土真宗と本願寺の名宝Ⅰが開催されていました。
しかし5年ぶりに公開される国宝 鏡御影が11/18~11/25となれば、このタイミングで行くでしょう(笑)。

最初は歴代法主の御影です。
重文 浄土論註には親鸞上人の赤ペンが(笑)。
歎異抄は原本が現存していないので、今回の重文 蓮如上人筆の写本が最古とか。
重文 天文日記は証如上人の筆。戦国時代好きにはこの証如上人(光教)からはメジャーです(笑)。

3階の最奥に国宝 鏡御影が展示されていました。
筆でサラサラっと書いたような親鸞上人の画ですが、雰囲気などがよく出ているんでしょうね。
3回ぐらい観に戻ってきました。

最後の方に国宝2連発。
本願寺本三十六人家集。
今回は忠見と敦忠。
そして類聚古集の3帖と12帖です。
僕も詳しいことは全然分かりませんが、字の流れが美しいですね。
水が流れるようとでも言いましょうか、見惚れてしまいます。

15:40頃にこちらを出て、帰宅しました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/19の拝観報告5(桂 極楽寺 NHKカルチャー)


写真は、書院の前庭

さて午後からの予定拝観です(笑)。
12:15頃に車で自宅を出ます。
堀川通→五条通→桂川街道と進み、中桂のコインパーキングに駐車します。

13:00に桂離宮の前に集合です。
NKHカルチャーの庭園講座の2回目でした。
1回目は10/8の西翁院でした。

今回は桂の極楽寺。
通常は公開されていない、市指定の名勝庭園です。
アマ会からはfrippertronicsさん、京loveさん、シヲさん、かんじろうんさん、Tさんと僕が参加しました。

最初に桂離宮の前で担当講師からまずはこの桂エリアの歴史的背景から極楽寺の沿革まで説明がありました。
その土地の歴史的背景を知っていると、他の建造物にも応用が効いて面白くなりますね。

13:30頃に極楽寺へ。
最初に本堂でご住職から極楽寺の説明があり、その後書院へ移動して庭園の鑑賞です。
担当講師と御住職は旧知の間ですので、庭園の手入れをする以前のお話など忌憚のないお話が聴けるのもこの講座の魅力です。
いろいろと話も盛り上がって、14:40頃に終了しました。

また詳細は今後の本編委掲載する予定です。

そしてこの後、アマ会の皆さんと最後の訪問予定場所に向かいました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/19の拝観報告4(京都御苑 拾翠亭)


写真は、広間から観た九条池の紅葉

栖賢寺を出て、367号線→白川通→北山通→下鴨本通(河原町通)→丸太町通と進み、烏丸丸太町周辺のコインパーキングに駐車しました。
10:25頃にやって来たのが、京都御苑の拾翠亭です。
以前紅葉がピークの際に来たのですが、それが日曜日。
こちらは通常は金土しか開いていなんですよね。

紅葉がきれいな土曜日なら、是非訪問したいところです。

今回はほぼピークでしょう。
広間からの景色もきれいですし、外に出て拾翠亭を観るのもきれい。
その写真は本編に。

人も少なかったので、ガッツリ撮らせて頂きました。
そこの後帰宅し、10:45。

子供達の「千と千尋の神隠し」も終わったところで、何事もなかったように昼食を作り、
11:30には頂きました。

この後は午後の予定になります。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/19の拝観報告3(栖賢寺)


写真は、金鳳閣(左)と鐘楼(右)

蓮華寺を出て、すぐ隣の栖賢寺へ。

9:40頃に参りました。
すると木戸のところに「特別参拝 檀家さんもいないお寺ですので、維持管理が大変です。1人500円ぐらいを目途に志納頂けると助かります」的な張り紙が!
長年無住だったお寺に何が・・・。

500円を竹筒に入れて中に入ると、いつもは閉まっている本堂が開いているではないですか。
中に人がおられたので伺うと、「今年の7月から新しいご住職が来られて毎朝6:00~坐禅会をしています。今は坐禅会の後のお茶休憩をして、帰るところです」と。
いい機会でしたので、本堂にもお参りさせて頂きました。

そして本堂の後はお庭へ。
今回は紅葉もピークでしょうか。
写真は本編に使用しています。
本編の内容も、刷新しています。

金鳳閣と観音堂にもお参りをして帰ろうとしたら、ちょうど本堂を閉めておられる新しい御住職に遭遇。
お若そうな方でした。
ご住職も「今は庫裏はから工事を始めており、これから順次整備していくので、是非お参りに来てください」とのことでした。

当初ガラガラだった白龍園がエライことになったように、こちらもいずれ蓮華寺と合わせて紅葉の名所になる日が来るのでしょうか。

10:00頃にこちらを出ました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/19の拝観報告2(蓮華寺)


写真は、庫裏までの参道

吟松寺を出て、北山通を東へ。
白川通から国道367号線へ。

9:15にやって来たのが、蓮華寺です。
駐車場が狭いので、もしかしたら駐車できないかもと心配しましたが、朝から雨模様でしたので比較的空いていました。
しかもこれ以降降雨はなかったので、本当にラッキーでした。

こちらも紅葉時に何度もきれているのですが、ピークを観たことがなかったので気になっていました。

今回はほぼピークと言っていいのではないでしょうか。
しかも雨の影響で土曜日の割には人も少ない。

庭園の紅葉の写真は、本編に入れ替えました。
納得です。

9:35頃にこちらを出ました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/19の拝観報告1(吟松寺)


写真は、門前の紅葉

土曜日です。
妻は数年前から近所の開業医さんの外来のお手伝いに平日週2回ぐらい行っているのですが、今年からは土曜日も月に1~2回行くようになりました。
この日はそうでした。
なので8:30~12:00ぐらいまで妻はいません。
ですから予定ではこの日は午後から拝観でした。
午前中は僕が子供の番をしなくてはいけません。
しかし子供の番と言っても、もう小学4年生と1年生。
2人でも十分遊べます。

また一方で、今年は紅葉が早い。
例年より1週間ぐらい早いでしょうか。
僕も予定を読み違えました。

しかし紅葉にも行きたい。

ということで子供と共同戦線、いや取引をします(笑)。
僕は2時間ぐらい紅葉を観にいく。
この日は朝から雨だったので、子供達には僕の部屋のTVのHDにある「千と千尋の神隠し」を観せる。
妻にはお互いナイショということです(笑 うちの子供たちは普段は週に1時間ぐらいしかTVを観ていません)。

妻が出かけてしばらくした8:45に、HDの再生をして、僕は自宅を脱走します(笑)。

最初に車で向かったのが、鷹峯にある吟松寺。
こちらは昨年、一昨年と実は行っているのですが、他より紅葉が早いのでいつもピーク過ぎでした。
まあ優先順位が高くはなかったので、しょうがなかったですが。

今年こそはで行きましたが、今年はまずピークと言ってよかったと思います。
非公開寺院なので門前だけですが、紅葉はきれいです。

また紅葉時に鷹峯に行かれることがあれば、是非立ち寄ってみて下さい。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/13の拝観報告(京都競馬場 エリザベス女王杯)


写真は、京都競馬場 7Rのゴール前

昨日は朝から夕方まで拝観で留守にしていたので、この日は家族でお出かけ。
どこにしようかと思っていたところ、「そうだ、京都競馬場に行ったことがない!」ことに気づきました。
調べるとちょうどG1 エリザベス女王杯の開催日でもあるし、そもそも京都競馬場は子供が遊べる場所もあるらしい。
上記を妻に提案したところ、同意が得られました(笑)。

一応以降は競馬を全く知らない方基準で話を進めます。
そもそもさすがの京都競馬場も毎週末馬が走っているわけではないです。
週末の8日間(土日で4週)=1ヶ月を1サイクルとして、それが年に5サイクル=5か月は実際に馬が走っています。
そして1日にレースは12Rまであり、約30分ごとに出走します。
その12Rのうちの11Rがその日のメインレースで、大体15:30頃に出走になります。
またそのメインレースには格付けがあり、1番上がG1でいわゆる有名で注目されるレース(天皇賞や有馬記念など)になります。
ちなみに京都で毎年開催されるG1は、春の天皇賞、秋華賞、菊花賞、エリザベス女王杯とマイルチャンピオンシップの5つです。
当然ですが、このG1開催日は非常に来場者が多いです。

今回はメインレースがG1のエリザベス女王杯の日でした。
この日は16:30から子供の散髪が予約してあったので、来場者数次第ではメインレースを待たずに帰ることも想定し、京阪電車で10:00に京都競馬場に到着しました。京阪淀駅と競馬場は橋でつながっており、直接ゲートへと向かえます。
通常大人は入場料200円が必要ですが、この日は牝馬(ひんば:メス馬)戦のエリザベス女王杯でしたので、女性は入場無料でした。

10:00過ぎ、ゲートを入ると正面に建物があり、これを超えた向う側にスタンドとコースがあります。
しかし最初に目に入るのが左手のパドック。
レース前の馬が歩いているので、子供達が走って行ってしまいました(笑)。

しばらく馬を見た後はスタンドに出て、10:30出走の2Rを観戦。
しかしダート(砂のコース)なので、ちょっと遠い。
スタンドは皆さんしっかり場所取りされていますね。
スタンドは階段の上の方、そして左手のゴールに近い方から埋まっていくのがよくわかります。
明らかに見やすいですからね。

次の11:00までは館内の把握。
やはりきれいで広いですね。
しかし食事はお店の数は多いですが、似たようなものが多いです。
4階以上は有料席。
通常のレースでは先着順ですが、G1の際は事前申し込み抽選。
見事にハズレました(笑)。

11:00にスタンドに戻り、3Rを観戦。
こちらは芝でしたので、コースの最前列まで行ってみんなで観ました。
サラブレッドが走ってくるのは、壮観ですね。

その後6階のAMONで食事。
カレー、うどん、丼物や定食など。
内容的には動物園などと同じようなラインナップですが、やや割高か。

食後は建物を出て、イベントスペース、緑の広場へ。
こちらは広場になっており、子供の遊具もたくさんあります。

イベントスぺースでは髭男爵(ルネッサ~~ンス!のコンビ)が競馬予想の仕切りを(笑)。
子供達はここでひたすら遊んでいました。
他にも競馬目的じゃなく、広場目的の家族連れもおられたように思います。

そして僕は13:25に1人で7Rの観戦。
今度はスタンドの中段ぐらいから観てみました。
それが上の写真。
観ているだけでも面白いのですが、周りの方々がマジなのがちょっとコワい(笑)。
この7Rの段階で、スタンドには雲霞のごとく人が湧き出てきました。
「こんな状況ではエリザベス女王杯を観ていては、なかなか帰れない」と判断し、結局14:30頃にこちらを出ました。

もし今後G1に来るなら、大人だけで行こうと思います。

最終的に結果をみたら、エリザベス女王杯は3番人気のクイーンズリングが1着、2着は12番人気(全15頭)のシングウィズジョイが来たそうです。
昨年のエリザベス女王杯を制した1番人気マリアライトは結局6着。
やっぱりこんなことになるので、僕は馬券を買わないのです(笑)。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/12の拝観報告5 最終(信行寺)


写真は、公開時の本堂

本来は瑞雲庵で帰ろうかと思っていたのですが、あんとんさがポツリと「信行寺って何時まででした?」。
16:00までに入ればいいとのことでしたので、そのまま急行することにしました(笑)。

15:40頃に信行寺に到着。
入れ替え制なので20分ほど待ち、16:00~の最終回に入りました。
10/28の報道ステーションで中継されたりしましたが、混雑は予想ほどではなかったですね。

今回は本堂を横断するようにLEDが床から天井へ照らされていたので、非常に見やすかったです。
さらにご住職自らガッチリ説明して下さいました。

本堂に座って説明を受けた後は、LEDを中心に本堂内を歩いてみて回りました。

16:30頃にこちらを出て、帰宅しました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016 11/12の拝観報告4(瑞雲庵 展覧会「Ocean Currents」)


写真は、庭園から見た主屋

12:45に間人を出て、国道482号線→国道312号線と進み、京丹後大宮ICから高速に乗ります。
こちらは10/30の15:00に開通したばかりです。
しかし国道312号線からICまでが遠く、高速もほとんどがトンネル区間。
思った以上に感慨なし(笑)。

そしてひたすら京都縦貫道を沓掛ICまで戻ります。
沓掛ICからは国道9号線→葛野大路通→御池通→二条生協の裏道→千本通→竹屋町通を抜けて→堀川通と進み、14:50頃にやって来たのが上賀茂の伝統的建造物群保存地区にある瑞雲庵です。

以前にこちらのコメントでアノマロカリスさまから、展覧会のお知らせを頂きました。
その際は行けなかったのですが、以降もこちらを所有されている公益財団法人 西枝財団のHPをチェックしていました。
今回この日から展覧会「Ocean Currents」を開催されていたので、やってきました。

元は両替商の邸宅だそうで、京町屋のつくりとほぼ同じ感じです。
しかし主屋左側の通り庭の部分はリノベーションされて、きれいなカウンターキッチンなどになっています。
一方右側の店の部分から奥は、きれいにはされたのでしょうけれど、書院やお茶室などが残っており、庭園もきれいでした。

展覧会の内容自体は芸術オンチといっても過言ではない僕には難しいものでした(笑)。

15:10頃にこちらを出て、もう帰ろうかと思っていたのですが・・・。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ