健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

便秘 - 便秘薬 整腸剤 -

2008-10-14 01:53:27 | 便秘に関するメモ
今日からは、前回お話ししました便秘薬についてそれぞれ細かくお話しいたします

本日は、整腸剤についてです

整腸剤は、腸内細菌の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてバランスを整えることで、腸内の環境を改善する薬のことです。成分はビフィズス菌、乳酸菌などの善玉の腸内細菌です。

 1)処方せん薬
  ①ビフィズス菌
    ビフィズス菌が増殖することにより、腸内の優性
   菌叢を増やし、寵愛菌叢の正常化を促すとともに、
   ビフィズス菌により産生される酸により腸内pHを
   低下させ、有害細菌が増殖しにくい環境をつくりま
   す。
    ビオスミン散、ビオフェルミン錠、ビフィスゲン散、
    ビフィダー散、ラックビー微粒、ラックビー微粒N、
    ラックビー散、ミルフリーズ、レベニンS

  ②カゼイン菌
    腸管内で増殖することにより、異常菌叢を正常化
   し乳酸等各種の代謝物を産生し、これら産生された
   有機酸は腸内pHを低下させ、起因菌、外来病原菌
   の抑制、ウレアーゼ活性の抑制、腸管からのNH3
   吸収の抑制、腸管蠕動運動亢進による腸管内有害物
   質、有害菌の排出等の作用をします。
    ビオラクチス散
  ③酪酸菌
    コレラ菌、赤痢菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ菌、
   腸管病原性大腸菌、腸管出血性大腸菌等の各種腸管
   病原菌の発育を抑制、ビフィズス菌の発育促進等に
   よる腸内細菌に対する作用、化学療法剤投与時にお
   ける整腸作用等を有します。
    ミヤBM錠、ミヤBM細粒、ビオスリー
  ④ラクトミン
    腸内で増殖することにより、乳酸等を産生して腸
   内細菌叢の正常化を図り、整腸作用を促します。
    強力アタバニン末、ビオフェルミン末、ラクトミン、
    ビフラミン、ビオジアスミンF-2、ビオラクト

  ⑤耐性乳酸菌
    多剤耐性ラクトパチルス・アシドフィルス菌は、
   抗生物質投与時においても腸管内でよく繁殖し、腸
   内細菌叢の乱れを防ぎ、菌交替現象および下痢・鼓
   動等の胃腸障害を改善します。また、病原性細菌に
   対する拮抗作用も有しています。
    アンチビオフィルス細粒、エンテロノンR散、
    エントモール散、ビオフェルミンR錠、
    ビオフェルミンR散、レベニンカプセル、
    レベニン散、ラックビーR、ラクスパン、コレポリ-R


 2)市販薬
   市販薬の整腸剤は、基本的にいろいろな成分が含ま
  れた配合薬で、整腸(便通を整える)、腹部膨満感、
  軟便、便秘を改善する薬として販売されています。
   市販薬は様々なメーカーからたくさん販売しており、
  また、商品名も変わることがあるため現段階での代表
  薬を以下に示します。
   尚、購入に当たっては必ず薬剤師に相談して購入す
  るようにして下さい。
   イストロン整腸錠、宇津こども整腸薬、
   太田胃散整腸薬、ガスピタンa、強ミヤリサン錠、
   新ビオフェルミンS細粒・錠剤、新ラクトーンA、
   テスミンBLサット、ビオスリーH、ミヤリサン錠、
   ビフィーナ整腸薬、ヤクルトBL整腸薬、
   ラッパ整腸薬BF、わかもと整腸薬 など



以上が、便秘の解消に整腸剤として用いられる薬です。薬を処方または市販を購入した場合は、必ず何を目的とした薬なのかを十分確認・理解して服用するようにしましょう

次回は、緩下剤についてです

でわ、また。。。。。


    参考:治療薬マニュアル2008 / 医学書院、
       日本医薬品集一般薬 1009-10年版 / じほう

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便秘 - 便秘薬の種類 - | トップ | 便秘 - 便秘薬 緩下剤① - »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

便秘に関するメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。