健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

植物性自然毒 -毒きのこ ③-

2008-08-12 22:06:50 | 食中毒に関するメモ
みなさん、こん○○わ!

さて今日は、毒きのこの3回目です

今日は、神経や知覚の障害を起こす毒きのこについてです

【神経障害や知覚異常を起こすもの】
 ①副交感神経刺激型(ムスカリン様症状)
  オオキヌハダトマヤタケ、シロトマヤタケ、アセタケ属
  <鑑別法>
   ヒダに10%水酸化カリウム溶液を付けるとオオキヌ
  ハダトマヤタケ、シロトマヤタケは褐色になる。
  <中毒症状> 
   10~30分後に著しい発汗、唾液などの分泌亢進、
  縮瞳、徐脈、血圧低下、重症では呼吸困難、意識消失。
  <中毒成分>
   ムスカリン、ムスカリジン、アセチルコリン
             (副交感神経節前繊維作用)
  <治療法>
   ムスカリン様症状が発現したら硫酸アトロピンを静注。

 ②副交感神経麻痺型(アトロピン様症状)
  テングタケ、ベニテングタケ、ハエトリシメジ
  <鑑別法>
   テングタケのヒダに10%水酸化カリウム溶液を付け
  ると黄橙色、濃硫酸又は濃塩酸で茶褐色になります。
   ベニテングタケは、傘に白いイボがありますが、類脂
  食用きのこのタマゴタケにはありません。
  <中毒症状>
   30分~1時間後に流涎、視力障害(散瞳)、錯乱状
  態から筋線維性痙攣、昏睡。
  <中毒成分>
   イボテン酸、ムッシュモール、トリコロミン酸
    (神経伝達物質GABAレセプターに結合子抑制)
  <治療法>
   アトロピン様症状には、ネオスチグミンを投与する。
    
 ③中枢神経麻痺型(幻覚剤様症状)
  シビレタケ、ヒカゲシビレタケ、センボンサイギョウガ
  サ、ワライタケ
  <鑑別法>
   胞子の色がPsilocybe属は紫黒色、Pannaeolus属は黒色。
  <中毒症状>
   30分~1時間後に幻覚、知覚麻痺、言語障害、酩酊
  状態から重症では精神錯乱、筋弛緩が起こり意識不明。
  <中毒成分>
   シロシビン、シロシン
    (中枢神経伝達物質のセロトニン拮抗作用)

 ④末梢血管運動神経刺激型(肢端紅痛症)
  ドクササコ
  <鑑別法>
   ドクササコの傘と殻の色は茶色、ヒダは白色。類似食
  用きのこカヤタケの傘は肌色~淡赤褐色、胞子は楕円形
  でカヤタケの方が大きい。
  <中毒症状>
   数時間以上後に不快感、吐き気、しびれ感、全身倦怠
  感。
   さらに1~数日後に手足末端が赤く腫れ、灼熱感と激
  痛。疼痛は数日的に増強され1ヶ月以上続くことがある。
  <中毒成分>
   アクロメリンA、アクロメリンB
  <治療法>
   毒性分の除去には血液浄化法、激痛には局所麻酔薬に
  よる硬膜外神経ブロックが有効である。

 ⑤ジスルフィラム(アンタビュース)型
  ホテイシメジ、ヒトヨタケ、スギタケ
  <鑑別法>
   ホテイシメジの傘は漏斗状で灰褐色、柄は下方に向か
  って膨らむ。
  <中毒症状>
   アルコールとの食べ合わせにより中毒症状を起こしま
  す。飲酒後30~1時間に顔面、頸部、胸部の紅潮、激
  しい頭痛、めまい、動悸、血圧低下から呼吸困難、意識
  不明。
  <中毒成分>
   ・ホテイシメジ:ジエノン類
   ・ヒトヨタケ:コプリン
     (アルコール分解酵素であるアルデヒドデヒドロ
      ゲナーゼの活性阻害による血中アルデヒド濃度
      上昇に伴う中毒)
  <治療法>
   ビタミンB群を加えた輸液療法。


以上、今日は神経障害や知覚異常を起こすものこについてお話しいたしました。ただ、今回ここに記載した鑑別法は一般的な方法です。自分で山できのこ狩りをしてきた場合必ずきちんとした鑑定(もしチョットでも確信を持てない場合は専門家などに見てもらう)を行ってから食べるようにしましょう。

では、また。。。


参考:食中毒予防必携 第二版(日本食品衛生協会) より一部抜粋   
ジャンル:
食と健康・美容
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植物性自然毒 -毒きのこ ②- | トップ | 植物性自然毒 -毒きのこ ④- »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きのこ毒 (山部)
2011-10-03 21:42:52
試薬による同定法で訪れました。
たすかります。

コメントを投稿

食中毒に関するメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。