健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

便秘 - 腸内環境を整える② -

2008-10-07 23:30:02 | 便秘に関するメモ
腸内環境を整える方法として、整腸作用がある食物があります

今日はその中で、ニンニクとリンゴについてお話致します。

1)ニンニク
  ニンニクは、ネギ科の多年草植物で基本的に球根を香
 辛料として使用していますが、葉や茎も中華料理では使
 用にも使用されています。
  ニンニクにはいろいろな栄養成分が含まれています。
 その代表は「アリシン」で、ニンニクを切ったりつぶした
 りすることによって「アリイナーゼ」という分解酵素が
 「アリイン」という成分に作用して、アリシンという強
 烈な臭いのある物質に変化させます。
  アリシンはニンニクを傷つけると生じる成分なので、
 すりつぶすほどに成分が増えます。
  ニンニクの臭いの秘密はアリシンで臭いの素ですが、
 さまざまな効力の源なのです。
  アリシンは体内でビタミンB1につくとアリチアミンに
 なり、B1の吸収を促しエネルギーを効率よく消費し、新
 陳代謝を高めて疲労物質をすみやかに体外に排出するの
 で疲労回復に効果をもたらします。
  また、アリシンには強力な殺菌力や抗酸化力があり、
 天然の抗生物質ともいわれています。
  しかし、アリシンは非常に不安定で、体内に入ると他
 の物質に変化したりするので、最近ではニンニクに含ま
 れる成分が総合的に働いていると考えられるようになり
 ました。
  このアリシンという成分が、腸の蠕動運動を高めるこ
 とにより便秘を改善する働きがあるといわれています。
  また、強力な殺菌力や抗酸化作用により腸内の善玉菌
 であるビフィズス菌を増やす働きもあるといわれていま
 す。

2)リンゴ
  リンゴの木は落葉高木でその栄養素は、他の果物に比
 べると、食物繊維、カリウム、有機酸、ビタミンCが多
 く含まれていて、健康増進に役立ちます。
  特に皮と実の間に多く含まれる繊維とその成分の1つ
 であるペクチンは、下痢、便秘、腹痛などに効く整腸作
 用と、コレステロールの異常を抑える効果があります。
 これは、りんごでジャムを作ると、何も加えなくても自
 然にゼリー状に固まる、あのペクチンの性質が働くから
 です。
  また、繊維は大腸ガンの抑制効果も認められています。
 塩分をとり過ぎると、ナトリウムが多くなり、高血圧や
 心臓病の原因となりますが、カリウムは血圧を下げる作
 用があり、体内のナトリウムが増加すると排出する働き
 もあります。
  更に、疲労を感じたときに摂取すると、酸味により食
 欲をそそり、有機酸の中和作用が疲れをとる助けをして
 くれます。その他、有機酸には胃腸内を殺菌したり、鉄
 分の吸収を高める作用もあります。
  リンゴに含まれているビタミンCは、切っても、加熱
 しても損なうことはありません。


にんにくとリンゴは、腸の運動整える作用を有していることがおわかりになったと思います

便秘気味のあなた、是非一度試してみてはいかがですか?
疲れもとれて一石二鳥かも。。。

でわ、また。。。。。
ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便秘 - 腸内環境を整える① - | トップ | 便秘 - 腸内環境を整える③ - »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

便秘に関するメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。