健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

便秘 - 漢方薬 -

2008-11-06 23:50:08 | 便秘に関するメモ
今日は、漢方による便秘薬についてお話致します

漢方薬は、普通の医薬品より安全と思っている人はいませんか?
漢方薬も使い方を誤ると、副作用の発現や症状の悪化もするんです

漢方薬も、診察を受けてから処方をしてもらい薬を服用することが基本です。
便秘と言っても、以前お話ししたように、原因が人様々であり、その症状の一部として便秘になっているものです。
従って、便秘にはこの漢方薬を服用すれば治ると一概に言うことはできません

漢方薬も、西洋医学と同様に基本的に症状を把握し、現在どのような体のバランス状態になっているのかを確認します。そして、そのバランスを戻すためにはどの生薬を配合された漢方がいいのかを選定して治療するのです。

便秘の場合を考えてみると、便の状態やその付随する症状、その全身的なな体の状態をチェックします。

従って、市販の漢方で便秘を治療したい人は、必ず薬局や薬店の薬剤師などに相談して薬を選んで服用することをおすすめ致します。

便秘症に使われる漢方薬は、代表的なもので以下の9品目です。

1.大黄牡丹皮湯
 【効能・効果】
   比較的体力があり、下腹部痛があって、便秘しが
  ちな次の諸症:
   月経不順、月経困難、便秘、痔疾
 【使用目標】
   比較的体力の充実した人で、下腹部が緊張し、抵
  抗・圧痛があり、便秘する人で瘀血を伴う場合。
   月経困難、過多月経などの月経異常のある場合。

2.潤腸湯
 【効能・効果】
   便秘
 【指標目標】
   体力中等度あるいはやや低下した人の弛緩性また
  は痙攣性便秘に用いる。老人あるいは胃腸機能の低
  下した人の便秘、皮膚枯燥、腹壁弛緩し糞塊が触知
  される場合。

3.桃核承気湯
 【効能・効果】
   比較的体力があり、のぼせて便秘しがちなものの
  次の諸症:
   月経不順、月経困難症、月経時や産後の精神不安、
  腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩
  こり)
 【使用目標】
   体格、体力の充実した人で、瘀血に伴い、左下腹
  部に抵抗・圧痛があり(小腹急結)、便秘し、のぼ
  せのある場合に用いる。
   頭痛、めまい、不眠、不安、手足の冷えなどの精
  神症状を伴う場合、月経不順、月経困難などのある
  婦人。

4.防風通聖散
 【効能・効果】
   腹部に皮下脂肪が多く、便秘しがちなものの次の
  諸症:
   高血圧症の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、
  肥満症、むくみ、便秘
 【使用目標】
   体力の充実したいわゆる卒中体質者で、便秘し、
  腹は臍を中心として力のある、いわゆる太鼓腹の場
  合に用いる。

5.調胃承気湯
 【効能・効果】
   便秘
 【使用目標】
   体力中等度の人の便秘に用いる。
   腹部膨満感が強く、腹痛し、便秘する場合。

6.大黄甘草湯
 【効能・効果】
   便秘症
 【使用目標】
   常習便秘に広く用いる。

7.通導散
 【効能・効果】
   比較的体力があり下腹部に圧痛があって便秘しが
  ちなものの次の諸症:
   月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打
  ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、
  肩こり)
 【使用目標】
   体格、体力ともに充実した人で、心窩部が著しく
  圧痛を訴え、瘀血があり、便秘する場合に用いる。
   精神症状が著しい場合、頭痛、のぼせ、不眠、不
  安などの精神症状を伴う場合、月経不順、月経困難
  などのある婦人。

8.三黄瀉心湯
 【効能・効果】
   比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、
  精神不安で、便秘の傾向のあるものの次の諸症:
   高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭
  重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障
  害、血の道症
 【使用目標】
   体格・体力ともに充実した人が、のぼせ気味で顔
  面紅潮し、便秘を訴える場合に用いる。
   気分がイライラして落ちつかず、精神不安や不眠
  を訴える場合や心窩部の膨満感を訴える場合、鼻出
  血、下血などのある場合。
   尚、出血が長引いて貧血の著しい場合には用いな
  い。

9.麻子仁丸
 【効能・効果】
   便秘
 【使用目標】
   体力中等度あるいはやや低下した人の習慣性便秘
  で、老人や病後の虚弱者に繁用される。
   大便は硬く、塊状を呈することが多い。


以上、便秘症に使われる漢方薬の代表例とその使用目標等について記載致しました。自分が服用している使用目標例と違う?と思っても、漢方薬は目標tれいいが胃にも経験値より様々な使い方をする場合があります。その際には処方下医師に確認することをおすすめ致します。
くれぐれも、自己の判断で服用しないようにして下さい。取り返しのつかないような症状の悪化等に陥ることがありますから。。。


でわ、また。。。。。


  参考:TSUMURA KANPO MEDICNE /
        FOR ETHICAL USE ツムラ医療用漢方製剤
ジャンル:
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便秘 - 特定保健用食品 - | トップ | 便秘 - 薬の連用による下剤... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

便秘に関するメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
漢方薬 不妊 (漢方薬 不妊)
こんにちは。この度、不妊情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。