健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

便秘 - リスクのある便秘解消法 -

2008-10-11 01:39:32 | 便秘に関するメモ
今まで、いろいろな便秘解消法をお話ししてきましたが、今日は、一般に便秘に効くといわれているけれど、リスクがある便秘解消法についてお話し致します

 1)タバコで腸を刺激する
   空腹時にタバコを一服すると下痢をすることがあり
  ます。これを利用して便秘解消を行う?と思っている
  人も少なくありません。人によっては、タバコも一つ
  のリラックスさせる一つのものと言えますから。
   タバコに含まれているニコチンは、腸を刺激して便
  を軟らかくする働きがあります。しかし過剰摂取する
  ことにより、末梢においては、中枢神経からの間接的
  な作用と、末梢の nAChR に作用することで毛細血管
  を収縮させ下痢をひきおこすといわれています。
   逆に、タバコは心臓病や肺がん、高血圧などといっ
  た様々な病気の原因にもなっています。タバコを吸う
  ことで、体内にあるビタミンCやカロテンを破壊し、
  逆に活性酸素を体内中で発生させ細胞や遺伝子の
  DNAなどを破壊します。

 2)アルコールを多量に飲む
   アルコールを飲んで下痢をしたことがある人は多い
  でしょう。確かに適量のアルコールは内臓全体を刺激
  するために起こった症状の一つなのです。
   また、この下痢は腸の刺激によって水分が腸から吸
  収されないために起こる症状なのです。従って、あま
  り良い便秘解消法とは言えないのです。
   しかし、人によってはアルコールを飲むことにより
  気分転換やストレス解消になることもあると思います。
   従って、多量のアルコールを飲むのではなく、適度
  な量を飲むということであればいくらか便秘解消には
  なるかもしれませんが、基本的な便秘解消法でないの
  で注意して下さい。
   尚、ビールはその成分である炭酸が腸の蠕動運動を
  促すことで下痢をすることから、ビールを適量飲むこ
  とでいくらか便秘を解消する事はできると考えてよい
  かもしれません。

 3)炭酸飲料を多量に飲む
   炭酸飲料もその成分炭酸が腸を刺激して、胃・大腸
  反射を促し下痢をする作用があります。
   また、水分の補給とともに冷たくした炭酸水は腸の
  刺激もするため便秘解消の効果にはプラスになるもの
  であると言えます。
   しかしながら、炭酸飲料に含まれている、その他の
  成分が問題となります。商品によって異なりますが、
  ①糖分が多い、②お腹が張る、③添加物が含まれてい
  る、など摂取することにより肥満や添加物による種々
  の影響などが考えられます。
   従って、アルコールと同様ほどほどの量を摂るので
  あれば、便秘解消を助ける一つであると言えるでしょ
  う。

 4)空腹時のコーヒー
   空腹時のコーヒーを便秘解消に使っている人は多い
  といわれています。コーヒーに含まれるカフェインに
  より胃が刺激されて便秘を解消するといわれています。
  しかし、このカフェインという成分は摂りすぎるとカ
  フェイン中毒になりやすい性質を持っており、筋肉の
  痙攣や不眠、胃腸障害、不整脈などの症状を引き起こ
  します。
   ただし、カフェインには運動する前に服用すると脂
  肪がエネルギーとして燃えやすいという性質を持って
  います。
   従って、過剰摂取ではなくほどほどの摂取により便
  秘解消を助けることができると言えます。


以上、4つのものおいてお話し致しましたが、4つとも便秘解消を助ける一つとして摂取する事は問題はないですが、過剰摂取などによるその他の症状誘発の原因にもなる『リスク』があるということは忘れないで下さい。何事も適度ということが大切であり、根本を改善しているのではないことは理解して下さい。
ストレス解消やリラックス、気分転換するためにチョット飲むといった摂り方が一番いい方法かもしれません。。。。。

試してみたいと思っているあなた!
くれぐれも適度な量ですよ。。。。。


次回からは、便秘薬についてお話し致します

でわ、また。。。。。

参考:便秘を治す45の方法 / 講談社

ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便秘 - 腸内環境を整える④ - | トップ | 便秘 - 便秘薬の種類 - »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

便秘に関するメモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。