健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水虫 - 手白癬 -

2008-09-01 22:44:11 | 水虫に関するメモ
今日は、水虫の中の『手白癬』についてです

手白癬は、足と違って指の間がよく広がるため、足白癬の趾間型に当てはまるものはありません。しかしながら、角化型白癬と小水疱型白癬は足同様存在します。

1)小水疱型
  足同様、手の場合は掌側のできる水虫です。症状は全く
 足と同様で、手の付け根に近い部分などに周りが赤くなっ
 た水疱ができます。痒みを伴うものもあり、例えばずっと
 付けたままの指輪の下にできるケースもあります。

2)角化型(角質増殖型)
  手白癬はこの型が多く、ほとんどが足の水虫からうつっ
 たものです。角化型は、掌の指の付け根かあたりから始ま
 り、掌全体、指へと広がります。足と同じように手の皮が
 厚くて硬くなり、ガサガサしてひび割れるようになります。
  手の場合は、足よりも水虫であることがわかりにくく、
 ほとんどの人が手荒れや湿疹と間違えるほどです。両手に
 できることは少なく、基本的には片手にできます。通常は
 足同様痒みはありません。


手白癬は、基本的に掌指の付け根にできるのがほとんどで、痒みもないことから手白癬を見落としがちです。手に水虫ができている人のほとんどは、足にも水虫があるので気をつけてください

では、また。。。
ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水虫 - 足白癬 - | トップ | 水虫 - 爪白癬 - »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水虫に関するメモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事