健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

植物性自然毒 -植物毒 ②-

2008-08-16 22:23:33 | 食中毒に関するメモ
さて、前回から植物毒に関してお話を始めました。
今日からは、その毒の成分についてお話しします。

【強心配糖体】
  強心配糖体は、心筋に対して特異的に作用し、うっ血性
 心不全に対して顕著な効果を示すステロイド配糖体のこと
 です。キョウチクトウ科、キンポウゲ科、ユリ科などの植
 物に含まれています。

 1)主な有毒植物とその有毒成分
  ①ジギタリスおよびケジギタリス
    → ジギトキシン、ジゴキシン、ラナトシドC
  ②フクジュソウ
    → シマリン
  ③キョウチクトウ
    → オレアンドリン
  ④スズラン
    → コンバラトキシン
  ⑤クリスマスローズ
    → ヘレブリン
                        など
 2)中毒の症状
   悪心、嘔吐、頭痛、脱力感、めまい、心臓麻痺、不整
  脈、呼吸困難などが生じる。
 3)治療に関して
   基本的処置として、催吐、胃洗浄、下剤の投与による
  有毒成分の排泄。また、対症療法として抗不整脈薬の投
  与。
 4)予防対策
   山菜などを曖昧な判断で採取・摂食しないこと。スズ
  ランなどを生けた花瓶の水にも強心配糖体を含むことが
  あるので気をつけること。

強心配糖体は、冒頭でもお話ししたように医療医薬品としてもうっ血性心不全患者に使用されます。従って、これらの成分を摂取すると重度の中毒症状を発現する場合があるので、充分に気をつけるようにしましょう

でわ。。。また。。。


参考:食中毒予防必携 第二版(日本食品衛生協会) より一部抜粋
ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植物性自然毒 -植物毒 ①- | トップ | 植物性自然毒 -植物毒 ③- »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食中毒に関するメモ」カテゴリの最新記事