健康回覧板 ~よむクスリ~

◆病気・健康などテーマごとに綴ったブログ◆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染者の現状

2013-07-10 20:49:00 | インフルエンザに関するメモ
管理人のホーランドロップです。


 3月末に、中国で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染者が初めて確認されてから約3ヶ月が経過しましたが、中国国家衛生計画出産委員会は10日、6月30日時点の鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染者数と死亡者数を発表いたしました。
 感染者数は5月末から1人増え133人となり、そのうち死亡者数は4人増え43人となりました。
 未だ感染者および死亡者が非常に僅かではありますが、まだ確認されておりますので、中国方面への渡航などには引き続き十分に注意するようにしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥インフルエンザ(H7N9型)感染後の治療指針について。。。

2013-05-13 23:13:43 | インフルエンザに関するメモ
こんにちは。


管理人のホーランドロップです!



 さて、日本感染症学会は、中国で広がっている鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が国内でも発生する場合の治療指針をまとめ、近く「提言」という形で公表するとのことです。

 指針では、治療薬として原則、内服薬のタミフル(一般名:オセルタミビル)と点滴薬のラピアクタ(一般名:ペラミビル水和物)を使い治療することとした。

 吸入薬のリレンザ(一般名:ザナビル)やイナビル(一般名:ラニナミビルオクタン酸エステル)の吸入薬は、今回の鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)を感染・発症した患者の治療では、重い肺炎を発症するケースも多く、肺の状態が悪化している患者に対して、これらの粉末の薬を吸引しても患部に行き届かず、効果が十分に得られない危険性があるた、指針からは外されている。

 また、H7N9型感染者の患者中には、発症直後にタミフルの治療を始めたものの、効果が乏しく重症化して急性肺障害となった症例も報告されているため、抗ウイルス薬の投与量や投与期間をそれぞれ通常の2倍に増やし、初期から強力な治療を行うとした。成人の場合、タミフルの投与期間は10日間、原則1回だったラピアクタは状況を見て反復使用も考慮することとした。


 この治療指針をみても、今回の鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)は、通常の季節性インフルエンザと比較して重症化を引き起こすウイルスであることが確認され、また、特に肺炎等を重症化しやすいく、治療が遅れると死亡する可能性が高くなることがわかります。
 いずれにせよ、早期のワクチン開発とウイルスに対する予防等などの知識・理解が重要と思われます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染者129人に!

2013-05-05 23:15:37 | インフルエンザに関するメモ
こんばんは。


管理人のホーランドロップです。



 中国福建省政府は4日夜、福州市の男性(69)が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)に感染していることを確認したと発表しました。同省ではこれで4人目となります。
 これにより中国本土の感染者は、上海、北京の2市と8省で129人(うち死者27人)となりました。

 また、台湾でも新たに感染者1人が確認されているとのことです。

 中国国内の感染者もだいぶん減ってきており、大流行になる前に沈静化してきた感じです。しかしながら、今一度気を緩めず監視していく必要がありそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染者 4月27日現在

2013-04-29 02:54:39 | インフルエンザに関するメモ
こんばんは。


管理人のホーランドロップです。


 さて、中国での鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)ですが、各地行政の衛生部門は所管地域において感染者発生が確認されるたびに患者の居住地や性別、年齢、病状と治療状況を発表しているようですが、国の統括機関である中央政府の発表がないため、全国における感染拡大のようすは分かりにくくなっているのが現状とのことである。また、仕事などの関係で省をまたいで活動している人が感染する場合があることも、省別の発表では全国における感染者の発生数を分かりにくくする一因となっているらしい。

 相変わらず、どんぶり的な感覚できちんとした対応を取っていないようだが、各地域まできちんとした組織体制になっていないため現状では無理なところなのか。。。。。

 現在確認されているものとして、中国新聞社のまとめによると、27日までに中国大陸部で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)への感染が確認された人は120人で、台湾では1人の感染が確認、死者はすべて大陸部住人の23人である。省別の感染者発生状況は以下の通りである

    北京市…発症 1人、死亡 0人
    上海市…発症33人、死亡12人
    江蘇省…発症27人、死亡 4人
    浙江省…発症45人、死亡 6人
    安徽省…発症 4人、死亡 1人
    山東省…発症 1人、死亡 0人
    河南省…発症 4人、死亡 0人
    江西省…発症 2人、死亡 0人
    湖南省…発症 1人、死亡 0人
    福建省…発症 1人、死亡 0人
   -------------------------------
    台 湾…発症 1人、死亡 0人

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)、中国江西省で感染の疑い!

2013-04-25 13:52:40 | インフルエンザに関するメモ
こんにちは。


管理人のホーランドロップです。



 中国で拡大する鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染で、江西省政府は25日、南昌市の病院に入院中の69歳男性に感染の疑いがあると発表しました。
 まだ、確定はしていませんが、この地域に渡航するヒトは十分気をついけてください。

 中国本土での感染者は現在110人で、このうち死者は23人となっています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加