ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

石の宝殿と生石神社の話(3)   石の宝殿、『播磨国風土記』 に登場

2016-10-31 09:07:48 | 石の宝殿と生石神社の...

        『播磨国風土記』 

 「石の宝殿と生石神社の話(1)」の写真の大きな石の正体は何者なのでしょうか。それにしても、不思議な石塊です。

 謎解きに出かけましょう。さっそく、本丸へ切り込みます。

 この石塊に関して記録があります。 

 『(播磨国)風土記』です。

 風土記は、日本で最も古い書物の一つで、今から1300年ほど前の713年に大和朝廷から各国の①郡や里の名のいわれ、②産物、③地力、④山や川の地名、⑤伝承を書いて報告するように、と命令が出ました。

 その報告書が『風土記』となりました。

 その風土記ですが現在残っているものは『常陸国風土記』『播磨国風土記』『出雲国風土記』『豊後国風土記』『肥前国風土記』だけです。

 そのうちでも、『播磨国風土記』は、早い時期に提出されたと考えられています。したといわれています。

      『風土記』に「大石」として登場

 さっそく、『播磨国風土記』で、石塊(大石)についての個所を、読み下し文で詠んでみます。

  〈大石〉

 ・・・原の南に作り石があります。形は家のようです。

 長さは二丈(約6㍍)、広さは一丈5尺、高さもそれぐらいです。

 名は大石といいます。

 伝えられていることは、聖徳太子の時代に弓削大連(ゆげのおおむらじ・物部の守屋)作らせた石です。・・・・

 今回は、大石(石の宝殿のこと)が『播磨国風土記』に登場登場することだけを確認しておきます。(no3379

 *図:石の宝殿(西谷真治氏測量)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石の宝殿と生石神社の話(2... | トップ | 石の宝殿と生石神社の話(4... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。