ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

地域(加印)の風を読む(47)  もう一つの日岡神社

2017-03-21 09:22:31 | 地域の風を読む

            もう一つの日岡神社

 福留の集落を流れる曇川に架かる福留橋のすぐ北に、なんと日岡神社(写真)が鎮座します。

 「日岡神社」というと、すぐ日岡山(大野)にある日岡神社が思い浮かべます。

 日岡神社の支社かと想像してみますが、関係は、今のところはっきりしません。

 大野の日岡神社の支社でもありません。

 が、祭神は、大野の日岡神社の祭神一柱の豊玉姫(トヨタマヒメ)です。

  福留の日岡神社の堀の水は、底は若狭からきていて北条(郷)まで続いていると伝えています。

 奈良のお水取りの話が混入しています。

 ここに言う北条(郷)とは、今の地名で言えば大野・中津・溝口・河原・平野・寺家町・篠原を含む地域です。

 北条に通じているという言い伝えは、北条郷大野の元宮へもお供る習わしが、この地にあったのであろうとも考えられます。

 地元では、「大野の日岡神社より古い神社である」と言う人もおられるようですが、やはり古さにおいては大野の「式内社・日岡神社」に軍杯があがります。

 また、郷土史家の石見完次さんは、ある長老の話を採集されています。

 「・・・昔、この川から御幣が流れてきてこの地に留まったので、この地に社を建て祀った・・・」と。

 この地の人々は曇川と生活を共にしてきました。曇川(くもりがわ)の流れは、恵の川でした。が、洪水を引き起こす怖れの川でもあったのです。

 福留の日岡神社は、おそらく水神の宮であったのでしょう。(no3516)

 *『古地名新解-加古川おもしろ誌』(石見完次)参照。

 *写真:福留(加古川市神野町)の日岡神社

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域(加印)の風を読む(4... | トップ | 【歴史発見】志方の城山界隈... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。