ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

江戸時代、高砂の商業活動(22) 高砂の綿作(8)・干鰯(ほしか)

2017-07-16 06:41:03 | 江戸時代、高砂の商業活動

 

    干鰯(ほしか)

 写真の高砂神社の玉垣(写真)をご覧ください。

 数多くの玉垣に、「干鰯仲」と刻まれています。

 その下に、欠落していますが、仲間の「間」か、仲買仲間の「買仲間」の文字が入るのでしょう。

 ともかく、干鰯を商っていた商人が神社に献金をし、玉垣にその名を残しています。

 干鰯は、字のごとく鰯を干して、小さく砕いた肥料です。

 干鰯は、特に綿作の肥料として優れており、油粕と共に広く使われました。

 とりわけ、加古川・高砂地方にとって、干鰯は重要な意味を持っていました。

 なぜなら、この地方は和泉・河内などとともに木綿の生産地であり、木綿づくりには肥料として多量の干鰯を必要としました。

 そのため、干鰯屋は、大いに繁盛しました。

 明和5年(1768)、高砂の干鰯問屋は、藩に願い出て運上金(税金)を納めることと引き換えに、高砂での干鰯販売の独占権を認められています。

 当時、高砂には干鰯問屋が9軒、仲間19軒もあったといいます。

 伊保崎村・荒井村から別府村・池田村一帯は木綿づくりが盛んで、文政期(1818~29)から幕末の頃の状況をみると、高砂の綿の作付率は、畑で95.2%、全田畑面積に対しても40.1%でした。(no3652)

 *写真:高砂神社の玉垣:「干鰯仲(間)」と刻まれている。

 ◇きのう(7/15)の散歩( 12.703歩)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江戸時代、高砂の商業活動(... | トップ | 江戸時代、高砂の商業活動(... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。