ひろかずのブログ

加古川市・高砂市・播磨町・稲美町地域の歴史探訪。
かつて、「加印地域」と呼ばれ、一つの文化圏・経済圏であった。

【歴史発見】志方の城山界隈ハイキング ~山頂でお花見~

2017-03-21 14:17:38 | 中道子山城(志方の城山)


「魅力いっぱい」の春の東志方城界隈を歩きにいきませんか?
https://www.facebook.com/sikatasiroyama/

 

おひとり様での参加、午前のみ、午後のみの参加も可能です。

道子城跡の遺構を、世の歴史を専門に研究されている先生とめぐります。
約30年前に発掘調査が行われただけですので、新たな発見があるかもしれません。
世の城郭、赤松氏や播磨の歴史に興味を持たれている方、ぜひ多数のご参加をお待ちしております。


■みどころいっぱい!春の東志方
は標高271mの比較的低いで、歩きやすく初心者向けの登道です。
緑が芽吹き始めた早春の城に登り、頂でお花見をします。
は、東播磨でも屈指の素晴らしい眺望を誇ります。
上から播磨灘を望み、遠くは明石海峡大橋まで見えるときもあります。

■城界隈の歴史触れよう!
そもそも、城は昔ここにお城があったため、古くから地元に愛され「城」と地名が残っています。
加古川にお城があったとご存知でない方も多いかもしれませんが、
約600年ほど前に、この地に竹田城にも劣らない規模の城が築かれていました。

そのお城がどんなものだったのか、だれが建てたのか、何があったのか、今何が残ってどうなっているのか・・・など、
地元加古川人なら興味がわいてきませんか?
そこで!今回は主に世史を研究されている兵庫大学の金子 哲教授を特別講師に迎え、
現地を回りながらお城の歴史や城跡の遺構についてお話しいただきます。
こんな機会はめったにありません!


■花の寺円照寺で
もちろん、歴史に興味がないな~と言う方も、うららかな早春の風に当たりながらお花見ハイキングを楽しみ、
後は、「花の寺」で有名な円照寺さんで、敷地いっぱいに咲き誇る花を愛でに行きます。
この季節は、「花のトンネル」ユキヤナギやミモザが見ごろで、
様々な種類のクリスマスローズや珍しいツバキも花盛りです。
円照寺さんで、休憩がてらお茶菓子とお茶をご用意いたします。
ここでは、地域史研究家の飯沼博一先生に、城界隈の歴史や言い伝えなどについてお話しいただきます。



■親子でのご参加歓迎です!春休みの思い出に♪
■加古川武将隊の方が、甲冑を着てハイキングに参加してくれます!城跡で一緒に記念撮影いかがですか?
■日時:4/1(土)10:00~15:00を予定※花の寺円照寺は午後から
■参加費:大人500円 子供200円
■荒天止、小雨決行(レインコート持参)
■持ち物:お弁当、お茶、おやつ、レジャーシート
■服装:登山ですので、運動のしやすい服装、運動靴で。
■集合場所は、円照寺を予定しております。参加人数により
 変動しますので、改めてご連絡いたします。


お問い合わせ、お申し込みは、メールにて。
→ chudoushisan@gmail.com 
(代表者のお名前、連絡先、参加人数をお知らせください)


その他、ご不明な点がありましたら、こちらよりお問合せ下さい。
たくさんの方のご参加お待ちしております!


-----------------------

中道子山城跡を守る会では、無線塔建設反対の署名活動を行っています。是非ご協力をお願いいたします。
(ご記名と郵便番号、メールアドレスの入力のみです)
https://www.change.org/p/%E5%8A%A0%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%B8%AD%E4%B8%96%E5%9F%8E%E9%83%AD%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%81%AA%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4-%E4%B8%AD%E9%81%93%E5%AD%90%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E8%B7%A1-%E3%81%AB%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%81%AA%E7%84%A1%E7%B7%9A%E5%A1%94%E3%82%92%E5%BB%BA%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84?recruiter=335076827&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink


(no3517)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域(加印)の風を読む(4... | トップ | 東播磨の中世石塔と文観(1... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。