音楽修行日記 ブログ編

自分の為の日記ですが、皆さんのご参考になれば嬉しいです。
専門用語など分からない事などは遠慮なく聞いて下さいね。

たまには告知など

2017-05-31 22:52:49 | 演奏
間際のお知らせですみませんが、6/3(土)に入場無料の公開録音があります。

僕の出番はリハが15:20~15:40、本番が18時から19時の組の4番目です。
リハも本番も入場可能ですがどちらも録音しておりますので、ホール内にお越し頂く際は演奏していないタイミングでの入場をお願いいたします。

クラシックだけでなく色々な曲を皆さん書かれているようです。
僕のはなんでしょうね?映画音楽風?聞きやすいものではあると思います。
全員奏者と初顔合わせからのスタートなので、本番よりも限られたリハ時間が重要になりますね。

************************************************
「川崎絵都夫門下生 弦楽四重奏公開録音会」

作曲家川崎絵都夫先生の門下生14名の作品を中心とした、弦楽四重奏の公開演奏会を行います。
初めて弦楽四重奏を書いた人から、音楽活動をしている人まで、様々な人たちが門下生として日々研鑽を積んでいます。
リハーサルから公開しておりますので、興味のある方はぜひお越しください。
(各作曲家の演奏予定時間については、個別にお問い合わせください)

日時:2017年6月3日(土)
時間:本番は17:00から19:00(10時からリハーサルをしており、そちらも見学自由)
会場:けやきホール(JASRAC隣り、古賀政男音楽博物館1F。 代々木上原駅南口から徒歩3分 )
入場料:無料
演奏:
1st Vn.鈴木慶子
2nd Vn.本多麻琴
Vla 小倉萌子
Vc. 西村絵里子
Facebookのイベントページ
https://www.facebook.com/events/781380685376543/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

驚きの白さに!~キーボードホワイトニング計画~

2016-04-21 15:06:14 | 日常
随分昔の機種ですが、RolandのXP-30というシンセを外用に持っています。
これ、何気に名機だと思います。
運びやすさと鍵盤の出来のバランスが良く、ちょっと1台だけ持って行きたいという時に便利なのです。
(もっとも必要なら別途今風の音源ラックも持っていったりしますが笑)

今で言うなら、Nord Electroも運搬性のコンセプトを大事にしていますね。
ちなみにXP-50以上になるとフロッピーディスクドライブがついてしまい、すこし重くなってしまいます。

余談ですがこのXPシリーズや多くのシンセはおもり入りの「セミウェイト鍵盤」ですが、入門機のような安価な、またはプロユースであってもコンパクト鍵盤はバネのみの「ライトウェイト鍵盤」なので、弾いたとき時鍵盤がストンと落ちる感覚がありません。あれは弾いていて気持ちの良いものではありませんね。

昔お世話になっていた氏家さんなどは、デモンストレーションでどんな鍵盤でも見事に弾きこなし、ミニ鍵盤の弾き方のDVDも出されていたりしますが、もうあれは職人芸といってよいと思います(^^;)

*

さてさて前置きが長くなりましたが、そのXP-30を久々に出してみたら、随分と鍵盤が黄ばんでいたのです!



他の鍵盤を下に並べて比べるとさらに良く分かりますね。
でもこれ、日光が当たっているのでまだマシに見えています。実際は結構キツい感じでした。

何とかならないもんかと色々調べていると、同じキーボードでも、PCのキーボードをハイターで見事に白くしている報告を発見!
でもこの鍵盤、経年劣化で変色していそうだし無理なんじゃ…。と思いながらもダメ元で試してみることに。

※以下、もしお試しになる場合は自己責任での作業をお願いいたします。

まずこの商品を用意するとのこと。


イトーヨーカドーで300円しないくらいでした。

ここで、
・白鍵盤を取り外して漬け置き
・分解せずに鍵盤に塗る

という選択で悩みましたが、結局分解せずに塗っていく方法を選びました。

筆で白鍵盤にハイターを塗っていきます。内部にハイターが垂れてはいけないので慎重に…。
ここでは、黄ばんだエアコンの前面フタを白くすることに成功されていた方のページを参考に
「少量の片栗粉を溶く」「乾燥防止にサランラップを使う」という知恵を拝借。片栗粉は粘性を持たせて垂れにくくする訳ですね。

着色を取るためには、塗るだけでなく「紫外線に当てる」ことが必要らしいです。
なにやら化学式が書かれて解説されている方もいましたが、僕では理解できないのでそのまま従います。

分解したPCのキーボードやエアコンのフタの場合屋外で日干しされていましたが、シンセを野ざらしにすることには抵抗があったのでガラス越しに日光浴。液晶パネルやボタンなどは日が当たらないようにガードしました。

換気はしたほうが良いのかもしれませんが、夜は閉め切って隣で寝ていました(笑)。においはそこまで気になりません。

薬剤をどのくらいの濃度で使うかですが、最初は恐る恐る半分くらいに薄めて使っていました。しかし数日おきくらいに塗り足す際は原液で行行うことに。
というのも最初の数日間、全く効果が分からなかったためです。

多分それなりに少しずつ色は抜けていたと思うのですが、少~しずつ抜けていくので、昨日からどのくらい白くなったか分からないのです。丁度昔流行った、少しずつ画面の一部が変わっていく「アハ体験」みたいに。

それでも初めて「あれ、色が薄くなってきたかな?」と感じたのは5日目くらいでしょうか。ガラス越しでなければもう少し早かったのかもしれませんが。

この後約12日間経過したものがこちら。


ややくもりの日が続いたこともあったのですが、ここまで白くすることが出来ました。

当初のこれと比べると大成功ですね。


色ムラなどは全くなく、綺麗に落ちてくれました。

この後は薬剤をふき取るだけなのですが。これが結構ひと苦労でした。
これなら鍵盤外したほうがよかったかなと思ったくらい(^^;)
何度拭いてもまだ薬剤が残っていたり、拭き方に気をつけないと片栗粉を少し溶かしたため、鍵盤の隙間に入っていってしまいます。

というわけで、キーボード(シンセ)でも同様にプラスチック鍵盤の変色を白くすることができました。
そういえばピアニカも結構黄ばんできたと思うので、今度やってみようかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨガレッスン

2016-03-27 23:43:18 | 太極拳・ヨガ
大変ご無沙汰しておりました。
今年に入ってから今更ながらFacebookを始めてみて、近況をそちらに書いていたら、さらにブログを書かなくなってしまいました(汗)。

特に印象に残った事は追っていろいろ書いていこうと思いますが、とりあえず今日はヨガレッスンの日でしたのでそのことを。
レッスンが始まる前に少し自習していました。上手い事自撮りできた(笑)。

バカ・アーサナ(鶴のポーズ)

本当は顔は前を向き、もう少し背中を丸めた方が良いので、あまり参考にしないでください(笑)。
尾骨ももうちょい上に持ち上げられるといいんですが。撮影すると勉強になりますね(^^;)
コアマッスルの1つ腸腰筋を鍛えるとともに、バランス系のポーズは雑念が浮かぶ暇がないので集中力の訓練になります。
一見すごく腕の力を使ってそうですが、実はこれバランスをとって腕に乗っかってるだけなので、腕立て伏せよりも全然腕力は使いません。

パワーヨガはコアの筋肉を鍛えるのはもちろん、ストレッチ系のポーズでは柔軟や内臓の活性化などに効果があり(身体ひねっているうちに、ギュルギュル鳴って反応してきたりすることも)、身体を逆さまにする逆転系は血流に作用します。一例として最近しばしば耳にする、下肢静脈瘤の予防など。

そして何より一般的な筋トレでは得られない、心と身体、呼吸をつなげて鍛えている感覚が魅力です。
レッスンの最後にはヨガのお約束としてジャバ・アーサナ(亡骸のポーズ。仰向けで目を閉じて無心でリラックス)をするのですが、その時の全身疲れ切った爽快感がたまらないのです。

昭和の漫画には、河原で決闘した2人がボロボロになって寝転び、「もう動けねえ…お前のパンチ効いたぜ」みたいなシーンがちょいちょいありましたが、こういう感じなんだろうなと(笑)

それにマシントレーニングをしている時は部分部分の筋肉を鍛えている感じがしますが、ヨガの場合はそれぞれの筋肉がつながって鍛えられているような感じがします。

ちなみにうちのレッスンには良くできる方もいらっしゃるので、上のバカ・アーサナのもう3レベル上ぐらいまでの、びっくり人間のようなポーズも上級者向けに教えてくださいます。
でも大体その辺は充分な柔軟性がないとできないものが多いので、僕は地道に可動域を増やしていくしかありません。
お孫さんがいる年齢の方々が180度開脚されていたり、本当に頭が下がります。

もっとも、どなたにでもすぐできる動きでも充分に効果があるので、興味を持たれた方は体験などに行かれてはいかがでしょうか。(とはいえレベルの高い技は、やはり集中力が高まる気がしますが。)

先生のご意見なのですが、ホットヨガをされるより、通常のヨガやパワーヨガの方が良いと思います。
というのも、ホットヨガは汗をかくこと優先で部屋を温めるため、そういった辛い環境ではより良い効果があるキツめのポーズをプログラムに取り入れられないそうなのです。またインストラクターの方にも負担が大きいらしく、長くホットヨガを続けられる先生は少ないそうです。

僕もジムで何人もの先生に教わって来ましたが、先生によって全然印象が違うので、始められる方は良い先生に出会えますように。

ちなみにうちのレッスン仲間には、ヨガで元気になったところ、(若い頃はそんな経験なかったのに)記憶が飛ぶまでお酒を飲んでしまって、逆にえらい目に会う人が複数出てしまっています。

僕がジム通いした理由は、僕より年下の同業者達が身体を壊していくのを見たためですが、ヨガ仲間の悪い例を見ると、健康になったとしてそのあとが大事だなぁということがよく分かります^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝が苦手な方へ

2016-01-30 18:48:24 | 日常
今週は朝に割と遠くでの打ち合わせや用事が入っていて、起きる時間がまちまちで結構大変です。
ですがあるiPhoneアプリのおかげで結構助かっているのでご紹介します。

いくつか似たような機能のアプリはあるようですが、僕は無料のSleep Meisterにお世話になっています。
このアプリは設定した時間から30分前の間で、最も眠りが浅いと思われるタイミングでアラームを鳴らしてくれるのです。
それがどうしたと思いそうですが、これが驚くほど自然に起きられるんです。
睡眠時間が短くなっても割とすんなり起きられて。

アラームが小さい音からフェードインして段々大きくなるところも、無理やり起こされる感がなくてとても良いです。
突然目覚まし時計が鳴り響くのとは雲泥の違いです。



こんな感じで、睡眠をグラフにもしてくれます。
きれいな90分サイクルの繰り返しの時もあれば、ほとんど深い眠りが連続している日もあったり。

また僕はすぐに眠れる方なのですが、これらの記録を見るとセットしてから10分以内には寝てしまう時も多く(あくまでアプリの判定ですが)こんなに早く寝れていたのかとびっくりです。

実は昔、これと似たような機能を持った商品が紹介されている記事を読んだことがあるんです。
それは腕時計型で、興味は持ったものの確か何万円もしたので、ちょっとなぁ・・・と記憶があります。
(でも今なら、スマフォのなかった時代ならそれくらいの価値はあるんじゃないかなという気もしてきました。)
それが今では無料アプリでできてしまうんだから嬉しい限りです。

ちなみにいびきや寝言を録音してくれる機能もついていますが、僕はそれは以前他のソフトで試して経験済みなので使っていません。
確かギリギリまで仕事して電池が切れるように寝た日は、いくつかいびきがはいっていることがあり愕然とした覚えが(笑)。

設定さえすれば他のアプリを使っても裏で動いてくれますが、欠点としてはやや電池を消費するので、僕はコンセントに刺しつつ使っています。
起きてこれから出かけるというのに、50%以下とかだったら不安ですもんね(笑)

是非是非おためしあれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

力作完成!

2016-01-15 01:42:36 | 曲作り
友人のフルート奏者に頼まれていたアレンジがとりあえず出来上がりました。
彼の好みに合わせ微調整はするかもしれませんが。

僕はなぜだか、演奏者の知り合いではポピュラー系のリズムセクションを除けば
フルーティストが突出して多いのですが(逆に弦の知り合いは少ないのでもっと欲しい!)、
彼はその中でも美智子さまの御前でも演奏したことがある凄腕奏者。
かつてキーボードで九州での学校公演や愛・地球博でも共演しましたが
今回は初めて2人での共作となります。

というのは、これは彼の作曲なのです。付き合いは長いけれど彼の作品は初めて聴きました。

当初「いつでもいいよ」とのことでしたが、僕は締め切りのないものは
なかなか完成できない性質で(^^;仕事の合間でちょいちょい作っていました。

それが彼の都合と、僕も来週から某企業のイベントのお話を頂いているので
今週完成させないといけなくなったのです。

そのため結果的に集中して作れて、良いものになったのではと思います。


画像のように友人の吹くフルートのボリュームをオケに合わせるため微調整
(曲調的にコンプは使いたくなかったこともあり完全手動で)している時に
ふと思ったのですが、WavesのVocal Riderって周波数帯の近い楽器にも使えないかな?と。

Intro to Waves Vocal Rider

2:35からは上で僕が行ったようなボリュームの処理を自動で書き出してくれています。

でもRider系は結局、当然自分の好みの調整と完全に一致するわけはないので
結局使わなくなったという意見も聞きますね。
それでもざっくりとやってくれて、気になるところだけ自分で修正というのもありかも。
どちらにしてもこの曲では、ダイナミクス幅が大きいことと、
あまり安易にプラグインに頼って作りたくないため使わなかったと思いますが。

来月近県で、この曲に子供たちが詩をつけてくれての合唱が行われるそうなので
仕事と重ならなければ聞きに行きたいと思っています。
(僕のアレンジとは別に、別のところで同じ曲の合唱アレンジが作られているということです。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成人の日

2016-01-11 21:25:25 | 日常
新成人の方々おめでとうございます。

TVで晴れ着のシーンを見て思い出したのですが、
年末年始の金沢出張で、地元をイメージした
素敵なブライダル衣装のお店を発見しました。




すごく素敵!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2016-01-10 16:39:45 | 日常
今年もよろしくお願いいたします。

さて、さきほど今年のパワーヨガの初レッスンがありました。
去年、通っていたジムが潰れてしまってからはレッスンを受けている
運動はこれだけなので、今年は家でのトレーニングをしっかり習慣化するか
仕方なく別のジムに入るかをしないといけないなぁと思っています。

さて、今日のレッスンの中で初めて「クルマアーサナ」(亀のポーズ)
というのをやったのです。


これです


・・・・できるわけないじゃん!!びっくり人間か!
と思いきや柔軟性のある女性の方2人は初めてでも
あと一歩で完成形というくらいまでできていました。どちらも僕より年上。
うーむ結局柔軟性なのか。

若い頃は「体が柔らかいに越したことはないだろうけど、だから何?」
くらいに思っていましたが、人間はぐにゃぐにゃ柔らかく産まれて
歳を重ねるごとにカチコチになってリンパやら何やら滞って死んで行くという
流れを考えると、バカにできないなぁと。


今日のレッスンは丁度先生が指導しに回ってきて下さったので
ちょっとヘッドスタンド(頭立ち)を頑張りすぎてしまいました。
明日、明後日くらいに頭痛が来ないと良いのですが。

首に筋肉痛?が来ると、同時にごく軽い頭痛が起きてしまい
その度に「あ~次回はヘッドスタンド少なめにやろう」
と後悔するのです(^^;)

皆様も今年1年健康でありますように。
何をするにも健康あってです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス!

2015-12-25 23:58:33 | 日常
本日は僕のメドレーアレンジなどを演奏していただいた
新星'78の皆さんのクリスマスコンサートがありました。
毎年演奏していただいて有難うございます。

去年書いた曲はヴァイオリンとヴィオラさんに曲中で楽器をウクレレのように構え
ギターのストラミング(日本で言うカッティング)してもらう箇所があるのです。

それ自体は全然新しい奏法でもなんでもないのですが、
その後自分でヴァイオリンを買って弾いてみたのですが、あれものすごく指が痛いですね。
爪の付け根あたりが真っ赤になります。すみませんでした・・・。


さて最近は主演の方以外はSNSなどに投稿禁止というお仕事が続きましたが。
(中にはそれは気にしすぎでは?と思うようなものもありましたが^^;)
今は今年のラストの仕事として、オーケストラアンサンブル金沢さんの
カウントダウンコンサートのお手伝いをさせて頂いています。こんな年の瀬まで仕事できるなんて僕にとっては幸せです。


また、先日は恩師のひとり川崎絵都夫先生の門下会にも参加してきました。
去年から始まり、今年で第2回。音大受験の勉強をされている方、アマチュアで作曲を
勉強している方、また奏者としてプロの方が作編曲を学びに来ていたり様々です。
色んな方々が集まりました。ちなみに僕は学生時代からの長いお付き合いではありますが
マンツーマンの正式なレッスンは受けたことが無いので門下生ではないのですが(^^;)

スカイプレッスンもされているようで、九州にも生徒さんが何人かいるそうで。
なんと今回は大阪のレッスン生も駆けつけてくれました。

僕はこの席で、昔川崎先生が「劇伴をやるならこれを読んでおけ」といわれた本(絶版)があり
それはなんだったか伺おうとしたのですが、その場で検索して下さって、
幸いなことに安価で中古本がAmazonに1冊だけあったので購入できました!
その1冊以外は、1万円以上のプレミア価格をつけていて。
ちなみに本には定価180円と書かれています(^^;)
文庫本サイズの薄い本ですが、仕事がひと段落したら読んでみたいと思います。

川崎先生いわく、「(プロ作曲家として長年活動している)今読むとそれほど特別なことが書いてある
訳ではないけれど、今でもこの内容は(時代に流されることなく)通用することに驚きだよね。」
とのことなので、楽しみです。


なんだか久々に書いたので色々話題を詰め込んでしまいましたが。
皆様どうぞ良いお年を!
メリークリスマス…と言おうとしたら、もう日付が0時をまわる直前です(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1曲に2種類のパート譜

2015-12-10 18:36:55 | 日常
ひとつの曲に2種類のパート譜があるというのは初めてだなぁ。
などと思いながら作業をしていました。

僕は視覚障害の方に演奏して頂く機会があり、
その際は点字のパート譜を作ってもらっています。

なのですが「(とあるパートを)健常者の人が演奏することになったので
パート譜を作ってくれないか。」という連絡が。

譜面制作ソフトはSibeliusに移行中とはいえ、
昔作った曲はFinaleで譜面にしているので、久々に立ち上げ、パート譜を作りました。
操作してみて、9割方やはりSibeliusの方が早く作業できるなと思いましたが、
ページレイアウトだけはFinaleの方がまだ使いやすいかも。
まぁ10年どころじゃない付き合いですし(^^;)

Sibeliusのレイアウトは、かなり自動でやってくれるものの、
その設定を自分好みにカスタマイズしていくあたりを勉強中です。

Finaleはしょっちゅうバージョンを上げている割に、
肝心の機能が大して発展していかないんですね。

たとえば「コードを拍に合わせて入力できるようになる」
たったこれだけの改善に10年以上かかりました。
そりゃ後発ソフトに追い抜かれますわぁ。

もっとも、

Finale...細かな部分まで自分の思う通りのレイアウトの譜面にしたい
    (→浄書屋さん、現代作曲家向き)

Sibelius...短い時間で現場使用に耐える譜面を作りたい
     (→作・編曲家向き)

という住み分けはあるかと思いますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えびレース

2015-11-20 22:01:58 | 日常
かなりテンポの揺らぎのあるオケ(録音物)に合わせて奏者に演奏してもらう
ことを想定しているのですが、本番は恐らくクリックも指揮もなく
音源を聞きながら演奏しないといけないため、どうしようか悩んでいます。

アレンジの中にできる限りテンポの取れる音を入れたいのですが、
いかにもカウントだと分かるとかっこ悪いので難しいところです。




えびがなぜだか整列してて面白かったので思わず撮りました(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加