王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

ゴルフ 松山秀樹選手 初の世界選手権シリーズ制覇!!

2016-10-31 08:12:51 | スポーツ
松山英樹、歴史的快挙!日本勢初の世界選手権シリーズ制覇!2位と7差独走23アンダー

30日プロゴルファーの松山秀樹選手(24)が上海のコースで行われた男子ゴルフ世界選手権シリーズ・HSBCチャンピオンズで見事優勝を飾りました。
月中には日本オープンゴルフ選手権で優勝したばかりでした。
米ツアーでの優勝は丸山茂樹選手に並ぶ通算三勝目を24歳で達成しました。

そしてなお松山選手の目標は米ツアー優勝だそうですから楽しみですね。
頑張ってください。


写真:お決まりのポーズ

スポニチ:
男子ゴルフの世界選手権シリーズ・HSBCチャンピオンズ最終日が30日、中国・上海余山国際GCで行われ、単独首位から出た松山英樹(24=LEXUS)はスコアを伸ばして66の通算23アンダー。2位と7打差の独走優勝で、日本勢初の世界選手権シリーズ制覇を達成した。丸山茂樹に並ぶ米ツアー通算3勝目。

 2位につけた昨年覇者ラッセル・ノックスと3打差でスタートした最終日。松山は1番パー4でバーディーを奪い好スタートを切った。4番パー3ではティーショットがグリーン奥のラフへ。第2打でグリーンに乗せるもカップまでは距離が残ってしまったが、驚異の集中力でパットをねじ込みパーでしのいだ。

 5番パー4で再びバーディー。7番パー4でもバーディーと前半を終えてパー4ホールで3バーディーとスコアを伸ばした。

 2位と5差で折り返した後半、10番から3連続パーと安定したプレーでリズムをつかんだ松山は13番パー4、14番パー5、15番パー4では3連続バーディーを奪った。16、17番をパー、最終18番は第2打を池に落とすトラブルがあったが、見事にパーでしのいでノーボギーでフィニッシュした。

 初日は66の3位タイでスタート。2日目で65とスコアを伸ばし単独首位に浮上すると、3日目は68、最終日も66で首位を守った。

 これまでの世界選手権シリーズの日本勢の最高位は14年HSBCチャンピオンズの岩田寛で3位だった。
(引用終わり)
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朴大統領 重要情報漏えい ?! | トップ | ミャンマー 国家顧問 アウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。