王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

イスラエル対ヒズボラ

2006-07-17 08:22:41 | 海外
ヒズボラ ロケット弾攻撃激化 ハイファに20発、8人死亡 (産経新聞) - goo ニュース

日本の報道が国連安保理の対北制裁案に集中している時、中東ではイスラエルとパレスチナを支援するイスラム教シーア派武装組織ヒズボラの戦闘が拡大して宣戦布告なき戦争になりかけている

以下は産経の抜粋:レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラは16日、イスラエル北部の港湾都市ハイファを多数のロケット弾で攻撃、イスラエル人8人が死亡した。レバノンのシニオラ首相は15日、ヒズボラの攻撃拠点のレバノン南部一帯を政府の管理下に置くよう努力すると述べ、イスラエルに即時停戦を呼びかけたが、イスラエルのオルメルト首相はこれを拒否。報復攻撃の強化を宣言した。双方の対立は深まる一方で、事態が長期化する恐れが出てきた。

一方、シリアのベラール情報相は16日、シリアが何らかの形でイスラエルの攻撃を受けた場合、反撃を行うとの声明を発表した。シリアが今回の事件で、公式的な反応を表明したのは初めて 引用終わり

当然この様なイスラエルの行動に各国の非難の声がでているがブッシュ大統領は自衛権の行使であると容認する構え

イスラエルとパレスチナの抗争の歴史など爺には深すぎて判らぬが7月に入ってからは:
12日 ガザ地区で起きたヒズボラによるイスラエル兵の拉致
13日 イスラエルのヒズボラに対する反撃 ヒズボラの本拠地とされる隣国レバノンの首都ベイルート空港の爆撃他同国内の道路・施設・橋の爆撃
14日 ヒズボラによるロケット弾の反撃 イスラエルの艦船と施設に被害 後にイラン製である事 シリアが供給しているらしい事がわかってきた
15日以降 イスラエルの空爆強化 ヒズボラのロケット弾による反撃と紛争は拡大の一途である

これを受け不需要期であるにも関わらず原油価格は又しても高値更新 産油国と石油メジャーはうはうはでよだれが止まらない

恐らくサンクトペテロブルクでの主要議題はイスラエル問題である 表面的には他の何かで合意声明が出るのであろう 北のミサイル発射はその事が問題であるより
ミサイル製造技術と製品の拡散が問題であろう 
本来は北の管理は中ロの問題であった 諸般の事情で泳がせ過ぎたので目下の情勢でミサイル再発射などやれば中ロにキツイお灸を据えられる事になろう でもそう考えるか否かは「金将軍の決める事」である
米国はもう北に関わっている余裕は無かろう 日本は日本で北に対しミサイル発射はいやとの意思表示を強化しないといけない 北の脅威は地勢学上「日本」であってイスラエルでも欧州の脅威ではないのだから
当面イスラエルとヒズボラの血みどろの戦闘が続くのであろう

写真はガザ地区の戦闘

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安保理 対北朝鮮決議案 採択 | トップ | G8議長総括と小泉総理 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (gacha)
2006-07-17 17:21:31
TBありがとうございました。

石油利権だけではない。怨嗟の連鎖が気になります。
日本人にはとても (浜の偏屈爺)
2006-07-17 18:30:48
gacha 様 お立ち寄りとコメント有難う御座います 2500年前からの因縁といいますが第二次世界大戦後イギリスが今の場所にイスラエルに建国を認めた所に騒動の元がありそうです あれほど強いイスラエルの存在を認めないアラブ原理主義者と存亡を掛けるイスラエルとの怨念、しがらみ いつもどちらかが参った言う迄止まらないのですよ 地域の住民は迷惑この上ない話です

TBありがとうございました。 (旅限無)
2006-07-17 19:17:50
闇の武器市場を討議しなければ間に合わなくなるタイミングのサミットでしたが、闇商売で儲けている胴元みたいな国の首脳が議長やら主要参加国だったりするので、奥歯に物が挟まったような空証文同然の文書しか作れませんね。次のサミット開催までにスーツケース原爆が核分裂を始めないことを祈るばかりです。
代理戦争 (浜の偏屈爺)
2006-07-18 09:14:34
旅限無様 お立ち寄りとコメント有り難う御座いました 核兵器を使わない限定戦争ですよね イスラエルのスポンサーはアメリカ ヒズボラの後ろにはイラン(ミサイルはソ連或いは中国物のコピーのようです)ですね イランの核問題まで含めて考えないと停戦の調停は難しそうですね しっかり見つめてゆきましょう 又お寄りください

TBありがとうございました。 (pirikara710)
2006-07-18 14:29:49
このままレバノン、イスラエルの戦火が拡大すれば、おっしゃるように原油価格は高騰し、金融全般にも影響が出るかもしれないですね。

産油国であるロシアや南米が力をつけ、世界のパワーバランスも今と違ってきてしまう、ひいては資本主義の危機まで感じてしまうのは、考えすぎでしょうか。



何千年も前の予言を信じて、そこに住んでいる人を、無理やり追い出して建国してしまったイスラエルという国を見てると、宗教は、危険と隣り合わせだなあとつくづく思います。
宗教より (浜の偏屈爺)
2006-07-18 16:49:51
pirikara710 様 今日は お久しぶりのお立ち寄りとコメント有り難う御座いました

第二次世界大戦終了までユダヤ人は国を持ちませんでした 大戦中の対独戦協力に答えるため英国が建国を認めた地が今の(宗教ゆかりの)場所です

その時でも(当時英領であった)タンザニヤ高原に地を割く意見もあったのです 英国は中東の押さえとしてイスラエルをアラブの地に割り込ませたのが今日の騒動の種です

イスラエルは鬼子に育ち英米の言う事を聞きません そんなわけでユダヤ人対アラブ人の抗争は行く所まで行かないと止まらないでしょう 日本と100%違う自衛と言う考え方をトコトン知るには良い機会です 北とは違いますがそういう国もあるという事です

又お寄りください

不安な感じです (茶絽主)
2006-07-25 10:33:36
浜の偏屈爺様

 TB有難うございます。

 イスラエルが米国をイラン叩きに引きずり込もうとしているのか、米国がイスラエルを唆しているのか。どうも良く分りません。イスラエルがシリアに攻撃を開始すれば、大戦争ですね。石油は100ドル/バーレルまで上昇するでしょう。

 そんな事が起きると中共は北朝鮮へエネルギー供与をストップし、北朝鮮の崩壊が早まるように思います。世界中で大変な事態が生じるのでは?でも、日本は天下太平の雰囲気で、皆さんのんびりとしているようですね。
中東は大変です (浜の偏屈爺)
2006-07-25 13:49:33
茶絽主様 今日は お久しぶりです ご指摘の様にイスラエルは日本と違いアメリカのぱしりでは無くてもしかしたら鼻面を引き回しているかもしれません ヒズボラの発射したミサイルは1000発と書かれていますからもうゲリラなんて物でなくイラクの代理人ですよね レバノンを舞台にイスラエル対ヒズボラの米国対イランの代理戦争はどちらかが納得する線になる迄当分続くので無いのでしょうか?



それと比べると日本は本当に太平ですね 又お寄りください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イスラエル、レバノン全土を攻撃 (花・髪切と思考の浮游空間)
私たちが国連での北朝鮮ミサイル発射に対する各国の対応に目を奪われているときに、一方で、イスラエルのレバノン侵攻という国際的には無視できない「紛争」が起きた。今日までについては別のエントリーでのべたが、事は深刻さを増している。   『朝日新聞』に ...
国連事務総長と英首相、中東への部隊派遣で一致 (浮 世)
国連事務総長と英首相、中東への部隊派遣で一致ロシア・サンクトペテルブルク──アナン国連事務総長とブレア英首相は17日、主要国首脳会議(サミット)が開催されているロシア・サンクトペテルブルクで会談し、イスラエル軍とレバノンのイスラム教シーア派組織 ...
中東 (共通テーマ)
紛争が続くイラン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・ 中東の政治、経済、社会、文化について語ってください。
イスラエルの蛮行は許されるのか (ピリカラ納豆・甘納豆)
レバノン空爆続行―イスラエル軍 レバノンの首都ベイルート南方で、イスラエル軍の空爆によって炎上し、黒煙を上げるガソリンタンク。12日の攻撃開始以来、レバノン国内の死者は160人を超えた(16日) 【AFP=時事】 この写真は、イスラム教シーア派武装 ...
北朝鮮のこと (はじめの一歩)
軍事演習は日本もやっている.専守防衛が基本だから他国へ打ち込むためのミサイルの訓練はしていないだろう.でもミサイル防衛のためのミサイルは,実は他国に打ち込むのも簡単にできそうな気がする. 今回のミサイルの問題があった時に,どこが国際法に違反し ...
イスラエル軍のレバノン侵攻、理解困難な本格的軍事作戦 (日本の中心で、馬鹿を叫ぶ!)
イスラエル軍のレバノン侵攻について、22日ハウエルズ英外務担当閣外相は「局地的な攻撃ではなく、このような軍事作戦を理解することは非常に困難だ」と非難しました。全く同感です。G8主要国首脳会議はイスラエルに対して即時軍事行動停止の声明を出すべきで ...
イスラエルの異常な攻撃姿勢 (陸奥月旦抄)
 イスラエルが7月12日にレバノン空爆を開始して2週間経過した。CNNではメルカバ戦車の砲撃や道路を進行する姿、また空爆を受けたベイルート市民住居の壊滅的な姿を繰り返し映している。南レバノンの<ヒズボラ>拠点へ向けて、イスラエル地上軍数千名がレ ...