王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

クロマグロ禁輸案否決

2010-03-19 09:29:02 | 環境
クロマグロ禁輸案否決=日本の「反対」実る−ワシントン条約会議委員会(時事通信) - goo ニュース

カタールで開かれているワシントン条約国会議の第1委員会で採決されたモナコ提案の「クロマグロの禁輸案」が賛成20反対68危険30票の大差で否決されました。
まだ来週の本会議での採決が残りますがモナコは再提案をしない意向だそうで「クロマグロ禁輸」は向こう2年間は先送りになりました。

国際会議での根回し(ロビー活動)や自国の主張を大声で通すなんて事が苦手な日本にしては良くやりました。
しかし大西洋地区で捕獲或いは蓄養するクロマグロの半分を消費する(捕獲と輸入)する(世界のマグロ全部では3分の2になるとも)日本の異常と言えるマグロ飽食の習慣が改まらないと早晩禁輸の話は持ち上がるでしょうね。
今回も捕獲の数量管理をしっかりやる事になりましたが同様の事は「クロマグロを輸出する国も数量管理をしっかり行っているか輸入の際に本物の輸入証明証を義務つける」等輸入に関する手続きをしり抜けにしてはいけません。

何度も書いているが爺が子どもの頃は握り寿司など高級品で年に一度も口には入らなかった。だからマグロが輸入できなくなってマグロ寿司が食えなくても少しも困らないが飽食と資源保護の狭間で気持ちは微妙である。
ついでに書けばうな丼なんかも贅沢の極みであったが国産品を食べつくし中国産をはじめ輸入と産地偽装が未だに無くならない。
とても微妙な気持ちになる。


時事通信:
【ドーハ時事】絶滅の恐れがある野生動植物の輸出入を規制するワシントン条約の第15回締約国会議の第1委員会は18日(日本時間同日夜)、大西洋・地中海産クロマグロ(本マグロ)の国際取引禁止案を、反対多数で否決した。すしネタや刺身用の高級魚であるクロマグロの国内消費のほぼ半分を同地域に依存する日本は、禁輸反対を各国に働き掛けて劣勢をはね除け、否決に持ち込んだ。

 モナコが提案した禁輸案に対する投票結果は、賛成20、反対68、棄権が30だった。本会議に当たる24〜25日の全体会合で、モナコが再投票を求める可能性は残るが、禁輸は回避される方向となりそうだ。

 委員会では、モナコが禁輸の提案理由を説明した後、各国が意見を表明。カナダは禁輸案はうまく機能しないと指摘し、国際機関「大西洋まぐろ類保存国際委員会」(ICCAT)で行う資源回復の取り組みを支持する考えを表明。漁業国やアフリカの途上国などからも同様の声が相次ぎ、「クロマグロの資源回復はICCATでしか解決できない」という日本の主張が幅広い理解を得た形だ。  (引用終わり)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党 生方副幹事長を解任  | トップ | 普天間基地移設 県外は難しい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今度はドーハで勝利? クロマグロ禁輸案否決 (つらつら日暮らし)
サッカーワールドカップであれば、「ドーハの悲劇」でしたが、今度は「ドーハの勝利」なのでしょうか?とはいえ、容易に勝ち負けには付かなそうですが。
クロマグロ禁輸否決 予想上回る大差 (しっとう?岩田亜矢那)
まあ、良かった、良かった と言いたいところだが きっどさん、本当のホンマグロを食べた事なんて 人生において数えるくらい程。 ミナミマグロ(インドマグロ)も 神戸の卸売市場の近くの寿司屋で マグロがホンマグロの寿司セットよりもだいぶ安かったので頼んだくらい。 ...
クロマグロ禁輸否決 予想上回る大差 (こちら、きっどさん行政書士事務所です!)
まあ、良かった、良かった と言いたいところだが きっどさん、本当のホンマグロを食べた事なんて 人生において数えるくらい程。 ミナミマグロ(インドマグロ)も 神戸の卸売市場の近くの寿司屋で マグロがホンマグロの寿司セットよりもだいぶ安かったので頼んだくら...
クロマグロ禁輸否決 (あれこれ随想記 )
大西洋・地中海産クロマグロの国際商業取引を原則禁止するモナコ提案は、大差で否決されました。 クロマグロ禁輸否決 日本の巻き返し奏功 予想上回る大差(産経新聞) - goo ニュース 大西洋・地中海産クロマグロの国際商業取引を原則禁止するモナコ提案は圧倒的多数で否...
クロマグロ禁輸案、委員会で否決  (朝日) (JUNSKYblog2010)
2010年3月18日(木)  Asahi.com の速報によると、ワシントン条約の締約国会議の委員会で、欧米諸国が推進しようとするマグロ全面規制の提案は、日本の主張がアフリカ、アジアの途上国に受け容れられ、採決で否決されたと言う。 【モナコ提案とEUの修正案の本採決が...
クロマグロ禁輸案は見送りへ (独 言 工 房)
ワシントン条約締結国会議の委員会で、大西洋のクロマグロの取引を禁止しよう、というモナコとEUの提案は反対多数で否決されたそうです。この結果を受けて、本会議での採択も断念され、とりあえずクロマグロ取引禁止にはならないようです。 マグロに関わって生計を立...
クロマグロ禁輸否決 ワシントン条約締約国会議 (BORDERLINE)
クロマグロ禁輸否決 日本の巻き返し奏功 予想上回る大差 :産経新聞 【ロンドン=木村正人】大西洋・地中海産クロマグロの国際商業取引を原則禁止するモナコ提案は圧倒的多数で否決された。カタール・ドーハで開かれているワシントン条約締約国会議では、日本の懸命...
クロマグロ禁輸案を否決 (本質)
カタール・ドーハで行われているワシントン条約締約国会議で太平洋・地中海クロマグロ
クロマグロ禁輸が否決 (FREE TIME)
ワシントン条約締約国会議にて、大西洋のクロマグロ禁輸が否決。 大西洋クロマグロの最大消費国として否決を呼びかけていた日本の主張が通った形となりました。
クロマグロが食べられなくなることは文化の破壊か (田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳))
モナコが
[クロマグロ]何が効いたのだろうか (BBRの雑記帳)
結論はまさに言うまでもなく妥当なのでありますが、それ故かえって何だか腑に落ちない
クロマグロは本当はどうなのか? (とつぜんブログ)
 中東ドーハで開催されていた、ワシントン条約締結国会議において、モナコが提案していた大西洋、地中海産クロマグロの国際商業取引禁止案が反対多数で否決された。日本、韓国の主張に中国が同調、これをアフリカ諸国が支持したためとのこと。  日本の漁業水産関係者並...
大西洋・地中海産クロマグロ禁輸案を否決 (KINTYRE’SDIARY)
絶滅のおそれがある野生動物の国際取引を規制するワシントン条約の締約国会議はカタールのドーハで、第1委員会が開かれ、地中海を含む大西洋産クロマグロの国際取引を禁止するモナコの提案を賛成20、反対68、棄権30で否決した。禁輸実施まで1年間の猶予期間を設け...
マグロが消えた海。 (プールサイドの人魚姫)
海に生息する生物の種類はおよそ1000万種類にも及ぶ。 その中で、人間の胃袋を充たす生物はどの位の数に上るだろうか。 そんな事に興味を持つのは海洋学者くらいのものだろうが、地球環境の破壊が現実化している現在に於いては誰もが当事者であり、目を逸らすような
ワシントン条約 (へなちょこ自然保護)
 ワシントン条約(CITES)とは「絶滅のおそれのある動植物種の国際取引に関する条約」のこと.「サイティーズ」と読めば,いかにもその道の達人のように聞こえる,かもしれない.  いま話題になっているのは,大西洋産(地中海を含む)のクロマグロの捕殺を,この条約に...