王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

ねむの木学園 詐欺に会う

2011-02-20 07:19:13 | 社会
宮城・ねむの木学園長覚知 残高1億円のはずが84万円(朝日新聞) - goo ニュース


掛川市の肢体不自由児の療養施設元女優の宮城まり子さんが長年に亘って手掛けこられた施設です。おそらく施設のオーナーでもあるのでしょう。残念ながらここ数年は体調不良と聞き及んでいました。
さて詐欺容疑ですが、長年経理担当の元職員近藤由美子(56)と何らかの形で学園に関わってきた音楽家広沢憲行(57)が逮捕されました。

表題は1億円ある筈の口座に84万円しかない事に宮城さんが気づいたのが発端とか。しかし詐欺の全体像は08年から10年の間に5億円も引き出されたそうです。
しかも金を引き出すたびに「まり子さんの引出し依頼状」を偽造して銀行に提出したいたとか。

つまり5億円もの金が「宮城まり子」名義の個人の口座に集まる様になっていたのとその引出しに「まり子さん」自身が銀行に行けない事情が有ったようです。

金は個人に集めるけどその管理を適切に出来なかったという個人商店の典型みたいな内容です。
資産45億円との報道がありますが5億円もの資金が流出していて良く学園の経営が成り立ったものです。
ひょっとしたら5億円は余剰資金だったりしてね。ではそれは誰が払っていたのでしょう。
結構ミステリアスですよね。
宮城まり子さんも堂々たる晩年を迎えて欲しいものです。
最後に「ねむの木学園」の経営が無難に過ぎて欲しいものです。


朝日新聞:
肢体不自由児の療護施設「ねむの木学園」(静岡県掛川市)園長で俳優の宮城まり子さん(83)の口座から現金が引き出された事件で、学園側の十数ある口座の一つの残高が本来1億数千万円あるべきところ、84万円しか残っていないことに宮城さんが気づき、不正の発覚につながったことが警視庁への取材でわかった。

 捜査2課によると、詐欺容疑で逮捕された音楽家広沢憲行(57)と学園関係法人元職員近藤由美子(56)の両容疑者は、2008年2月~10年6月、宮城さんの承諾がないまま、十数の口座から現金計約5億円を引き出し、広沢容疑者名義の口座に振り込むなどしたとされる。十数の口座の名義は、宮城さんや関係の法人などという。
(以下省略)



『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南極海調査捕鯨を中止 | トップ | 尾崎が優勝 横浜国際女子マ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB付けさせていただきました (tachinomiya)
2011-02-20 13:27:02
爺さま おはようございます。

 偶然にも同じネタを取り上げたので、TBを付けました。
 マスコミは残念ながら、福祉施設を聖域化しがちです。宮城マリ子さんについてはそれが余計に強い印象を受けます。犯罪は犯罪ですが、その前提におかしなことが多い事件だと思います。しかし、たぶん誰も突っ込まないでしょうね。
何だか変ですね (浜の偏屈爺)
2011-02-21 09:04:11
たいちゃん お早うございます。TBと貴重なコメント有難うございました。ご指摘の様に5億円もの大金が集まることとそれが宮城さんの懐から抜かれてしまう仕組みが分かりません。
良いことをやっているのだからという建前で真相は明らかにならないでしょうね。勿体無い話です。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ねむの木学園の詐取事件 (立ち呑み屋 たいちゃん亭)
 事件自体も問題なのは確かなのですが、一読したところ、違う問題もあるような気がし