王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

都知事選 舛添氏が秒殺!!

2014-02-10 08:05:22 | 政治
都知事選、舛添氏が圧勝=「原発ゼロ」宇都宮氏ら抑え―投票率46.14%の低水準(時事通信) - goo ニュース

昨日9日夜は8時前に来客が帰ったのでNHK TVで「黒田官兵衛」を見た後、都知事選の開票速報を見ようとスイッチを入れました。
何と既に「黒田官兵衛」をやっているではないですか?! 時間を間違えたかと二度ほど時計を見ましたが8時前です。
それから考えましたが「都知事選の開票特報」を流す為、「黒田官兵衛」を前倒しにしたのでしょうね。

さて開票特報ですが始まると同時に「舛添氏」当選確実を報じました!

開票が始まる前です。
出口調査とその他の情報の複合で舛添氏が宇都宮氏、細川氏を断然引き離していた様です。
確定票数を見ても舛添氏の211万票は宇都宮氏の98万票と細川氏の95万票を合わせても引き離しています。
東京都民は堅実な行政手腕を期待して舛添氏を選んだのでしょう。

反原発で候補の一本化が出来て、投票日が荒天に恵まれたら との思いが残りますが選挙戦後のくたびれきった細川氏76歳の顔を見ると精力的にみえる舛添氏で良かった気もします。
頑張って下さい。


写真:当選した舛添氏

時事通信:
猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が9日投開票され、無所属で新人の舛添要一元厚生労働相(65)が、前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産、社民推薦=、細川護熙元首相(76)、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)ら無所属や諸派の新人15人を退け、初当選を果たした。原発の是非を含むエネルギー政策や首都直下地震に備えた防災対策などが争点となった。

 舛添氏の得票数は211万2979票で、宇都宮氏(98万2594票)、細川氏(95万6063票)に大差をつけた。

 投票率は46.14%。2012年の前回(62.60%)を大幅に下回り、過去3番目の低水準となった。

 舛添氏は自民党都連、公明党都本部の推薦を受けた。選挙戦では、厚労相の実績を前面に押し出し、待機児童対策など社会保障の充実に取り組む考えを強調。都政の重要課題である20年東京五輪・パラリンピックの成功に向けた準備や、首都直下地震に備えた防災対策などに全力を挙げる姿勢もアピールした。安倍晋三首相をはじめ、政府・与党幹部も応援に入るなどして、組織的な選挙戦を繰り広げ、支持を固めた。
(引用終わり)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜でも大雪!! | トップ | スノボ ハーフパイプ 銀と銅!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★都知事に舛添氏初当選=宇都宮、細川氏ら抑える (スナフキン・レポート♪)
ただ今、東京ローカルMXテレビで中継してます。池上彰さんの嫌味ぽい質問も舛添さん余裕で答えてる感じ?始まって30秒位で当確がでました。MXの出口調査によると、↓ちなみにの候補が反原発・・・   舛添さんが47%   宇都宮さんが20%   細川さ...
東京都知事iに舛添要一氏、福祉・防災・経済・五輪に力点 (ネット社会、その光と影を追うー)
猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が9日投開票され、無所
東京都の新知事に舛添要一氏が当選 (つらつら日暮らし)
速攻、当確出たみたいです。
都知事選、舛添氏が当選 (りゅうちゃん別館)
9日投開票の東京都知事選挙。 舛添要一氏が当選した。各メディアの予想通りでつまらない。   都知事選:「本命」舛添氏、手堅く 都議会とも協調姿勢(毎日新聞) 投票率は34%ほどだったという。 これは、「どうせ舛添の当選に決まっている」という意識。 加えて雪...
都知事選:舛添氏が大差で初当選 次点は宇都宮氏に (ぼけ〜〜〜っと人生充電記!)
 猪瀬直樹氏(67)の辞職に伴う東京都知事選は9日に投開票され、元厚生労働相の舛添要一氏(65)が、元首相の細川護熙(もりひろ)氏(76)▽前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(67)▽元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)らを破り、初当選し...
都知事選 舛添氏が当選 (FREE TIME)
猪瀬知事の辞職に伴い行われた東京都知事選。 元厚生労働相の舛添要一氏が当選を果たしました。
[都知事選]都民も消去法できつい所だったかと (BBRの雑記帳)
正直なところ、もし自分が有権者でこの候補者の中から1人を選べと言われたら結構困っ
都知事選概観 (三四郎の日々)
45年ぶりの大雪の中で行われた都知事選は大方の予想どおり、舛添氏に決まった。「脱原発」を掲げた細川、宇都宮両候補は圧倒的な大差で敗れた。都民は「脱原発」は優先課題ではないという認識を示した。 そもそも自治体首長選挙にそぐわない国政レベルのテーマを掲げるこ...
東京都知事選舛添要一氏長い政治経験と厚生労働大臣経験で高齢者から多数の支持を得て都政は東京五輪と高齢化対応都市を目指す事にな... (オールマイティにコメンテート)
9日東京都知事選が投開票され、無所属の舛添要一元厚生労働相が他の候補を圧倒して当然を果たした。選挙戦は舛添要一氏以外に前日弁連会長の宇都宮健児氏、細川護熙元首相、田母 ...