王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

小池都知事 豊洲市場問題で18人を処分 !!

2016-11-26 07:11:14 | 政治
小池都知事 豊洲市場問題18人を処分 「けじめ」で自らの給与減額も

昨日25日の定例会見で小池党居都知事は豊洲市場の問題に絡み「当時の市場長4人」ら計18人に対する処分を発表しました。
現職職員は減給処分。退職者については処分対象にならないが減給処分相当分の自主返納を求めるとの事。
最も重い処分で減給1か月の5分の一を6か月ですから合計で1か月と5分の1か月の給料分です。高級幹部の年俸が1200万円程とすれば120万円程の自主返納ですかね? 元市場長たちはとの外郭団体のトップとして渡りをして高給を得てましたから返納したら生活困窮なんて事にはなりそうもありません。

浜爺が関心のあったのは「盛り土をしない」と都の技術関係の専門者会議で座長を務めた部長級?の男性の処分です。この人は「私がそんなことを決める立場でない」と小池都知事の決定に逆らっていました。どう抗弁するかと思っていたら既に「退職していました」。

依願退職で退職金を得る方を選んだようです。

都庁の様な官僚組織で「盛り土をしない」なんて脱線は「市場長をトップとする程度のレベルではできない」と元知事や都庁の高官を務めた方々の意見もあります。
当然「元都知事石原慎太郎氏」の名前が浮かぶわけですが、今回の処分で犯人探しはひとまず手打ちの様です。
そう豊洲に移転か否か? その間の市場関連業者の損失をどうするか??の方が都政として重要になってきました。
舛添氏と増田氏の都政だったらこの11月にめでたく移転開場になっていた所でした。
無責任は困るし正論は事態を紛糾させて都民としては微妙な問題になっています。
小池都知事の「外部の専門家」頼みも都の役人を信頼してない現れですからそろそろ内部の改革派も登用しないと総力戦になりませんよね。
うまく巨大組織を切り回しして見せてください。


The Page:
東京都の小池百合子知事は25日午後、都庁で開かれた定例会見で豊洲市場の問題に絡み、当時の市場長4人ら計18人に対する処分を発表した。現役職員には減給処分。退職者については懲戒処分の対象ではないが、減給処分相当分の自主返納を求めるという。元市場長の1人である中西充副知事も処分の対象。さらに、自らについても「けじめ」として給与の5分の1を3カ月にわたって減額するとした。

 小池知事によると、処分は都議会答弁などで事実と異なる説明をしたことなどに対するもの。「信用失墜行為に該当する。地方公務員法の懲戒処分の対象」などと説明した。

 処分対象者は12人が現役、6人が退職者だという。

 中西副知事の進退については「(以前から)責任を感じておられるが、やっていただきたいことも多々ある。これからも活動していただきたい」と述べた。

 会見で小池知事は「関係者、都民にご迷惑、ご心配をかけている。お詫び申し上げる」と陳謝。そのうえで、「厳正な処分の実施で区切りをつけたい。失った都民の信頼は大きい。信頼回復に向けて先頭に立って職員の皆さんとともに都政改革を進めたい」と語った。
[引用終わり)
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅白 出場者決まる アッコ... | トップ | 韓国 朴大統領の退陣求め ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。