王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

赤崎・天野・中村 3氏がノーベル物理学賞 !!

2014-10-08 08:43:37 | 科学
ノーベル物理学賞に赤崎、中村、天野の3氏 青色LED基礎技術開発(産経新聞) - goo ニュース

昨日7日夕刻スウェーデン王立アカデミーは2014年のノーベル物理学賞を青色発行ダイオード(LED)を開発した赤崎、天野、中村三氏に授与する事を発表したそうです。日本の3氏による独占と有りますが中村氏は米国籍を取得されていますから日系米国人という事になり日本人が独占と大書するには一寸悩ましい所ですがおめでとうございます。

二個いちという言葉が有りますが今回は三個いちで三人の教方の時系列でも連続する研究と実用化が実り20世紀では実用化困難と言われていたものを実用化し普及させた点が評価されたようです。
信号機の青色とかLED電球と言われる製品がその普及品で低電力で省エネにも貢献しています。
三氏が受賞の喜びを語るのとそれぞれの働きがノーベル賞につながったとお互いを称えていました。

追加の報道で知りましたが中村教授は嘗て「発明は企業の物か?」という事で裁判を起こし一審で200億円の対価を認められましたが控訴審で8億円で和解した方でした。
やはり200億円級の開発だったようですね。

もう一度おめでとうございます。
何だか聞いているだけで嬉しくなるニュースでした。


写真:中村教授

産経新聞:
スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授(60)の3氏に授与すると発表した。低消費電力で長寿命などの利点があるLEDの実用化に貢献し、次世代の光源として普及させた功績が評価された。
 日本人のノーベル賞は12年の山中伸弥氏(医学・生理学賞)に続く受賞で、米国籍の南部陽一郎氏を含め計22人に。物理学賞は部氏、小林誠氏、益川敏英氏の08年に続く日本の3人による独占となった。

 LEDは電気を通すことで効率よく発光する半導体素子。赤色、緑色の高輝度LEDは早い段階で作られていたが、波長がより短い青色LEDは、実用に耐える技術の開発は「20世紀中は困難」といわれていた。

 赤崎氏は松下電器産業(現パナソニック)に在籍していた昭和48(1973)年、青色LEDの開発に必要な窒化ガリウムの研究を始めた。名古屋大教授だった60年にサファイアを基板に使う手法を考案し、困難とされていた高品質の結晶を得ることに成功。平成元年に窒化ガリウムの半導体の要素技術であるPN接合にも成功し、青色LEDの技術基盤を確立した。天野氏は名古屋大で赤崎氏に師事し、高品質結晶を作製する実験に成功した。

 一方、日亜化学工業(徳島県阿南市)の研究者だった中村氏は、基板の上から窒素ガスを、横からはガリウムと窒素、水素を含む原料ガスを流す独自の「ツーフロー」と呼ばれる結晶育成法を開発。5年に実用化レベルの高輝度青色LEDを初めて製品化した。

 青色の開発でLEDは赤、緑、青の「光の三原色」がそろいフルカラー化が可能に。光ディスクや信号機、照明器具など利用分野は飛躍的に拡大し、電子産業や情報技術(IT)の発展に大きな影響を与えた。授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)を3氏で等しく分ける。
(引用終わり)
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネット株取引で相場操作の疑い? | トップ | イスラム国の徴兵に応募?! 北... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
赤崎、天野、中村氏にノーベル賞=青色LED開発―物理学、日本人6年ぶり (ぼけ〜〜〜っと人生充電記!)
 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)に授与すると発表した。青色の登場でLEDは...
ノーベル物理学賞、青色LED開発の赤崎勇・天野浩・中村修二氏 (ネット社会、その光と影を追うー)
スウェーデン王立科学アカデミーは7日、省エネで環境に優しい青
[ノーベル物理学賞]手放しでは喜べない? (BBRの雑記帳)
受賞の理由となった青色LEDの発明、量産化技術の開発、これはもう本当に今我々がど
★あれこれ・・・ノーベル賞やら、100周年宝塚運動会の優勝やら (スナフキン・レポート♪)
ノーベル物理学賞に日本人の研究者が3名が受賞・・・<2014年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)に授与すると発表した。・・....
ノーベル賞に日本人3人選ばれる (りゅうちゃん別館)
今年のノーベル賞は、物理学賞で日本人3人が選ばれた。 受賞が決まったのは中村修二氏、天野浩氏、赤崎勇氏だ。   ノーベル賞:中村氏 研究の原動力は「怒り」(毎日新聞) 賞金は約1億2千万円。 今回のように共同研究の場合は3人で分けることになる。 青色発光...
◆赤崎、天野、中村氏にノーベル賞=青色LED開発―物理学、日本人6年ぶり ( 癒(IYASHI))
青色の登場でLEDは赤、緑とともに光の三原色がそろい用途が拡大。消費電力が少なく、耐久性が高い特長が注目され、白熱電球や蛍光灯に代わる白色照明のほか、携帯電話などのディスプレー、交通信号などに広く利用されている
青色発光ダイオードで日本人三人(赤崎・天野・中村氏)がノーベル物理学賞 (つらつら日暮らし)
びっくりしました。
ノ─ベル賞と小保方さん (落ちこぼれのつぶやき)
小保方氏「早大の判断に従う」 博士号取り消しでコメント(産経新聞) - goo ニュース 博士号取り消しなら小保方さん研究者としては本当に厳しくなりますね。自分のよってたつものがなくなりますからね。 あの件がなくて研究を続けることができていればあるいは...。 但し....
ノーベル物理学賞に日本人受賞 (FREE TIME)
ノーベル物理学賞に日本人研究者3人が受賞。 久しぶりに日本に明るい話題が飛び込んできました。
我が母校である名城大学の赤崎勇教授がついにノーベル物理学賞に決定 (名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳)
ついにノーベル物理学賞。 次か次かと受賞の期待がかかっていた、我が母校である名城大学の赤崎勇教授がついにノーベル賞に決定。それも物理学賞とはすご過ぎる。高校、大学、大学院と名城にお世話になった管理人。
ノーベル物理学賞〜「日本人の誇り」への違和感〜 (虎哲徒然日記)
 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、今年のノーベル物理学賞を、赤崎勇・名城大教授(85)と天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ ...
今年のノーベル物理学賞に赤?勇、天野浩、中村修二の3博士(日本人2名+米国人)が選出 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
3博士の受賞はGaN(窒化ガリウム)結晶化による青色LED(高輝度青色発光ダイオード)の開発が認められてのことだそうです。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/blog/ict-science/2014-10-07_the-nobel-prize-in-physics...
◆赤崎、天野、中村氏にノーベル賞=青色LED開発―物理学、日本人6年ぶり ( 癒(IYASHI))
青色の登場でLEDは赤、緑とともに光の三原色がそろい用途が拡大。消費電力が少なく、耐久性が高い特長が注目され、白熱電球や蛍光灯に代わる白色照明のほか、携帯電話などのディスプレー、交通信号などに広く利用されている