食の旅人

~ 食べることは生きること、生きることは旅すること、そうだ食べることは旅すること~
  野村洋文

栃木県さくら市マラソン大会3

2016-10-11 15:53:41 | 日記

       マラソンのスタートを見届けた後、僕はひとり日光へ ~ 東照宮陽明門は修復中でその雄姿は眺められませんでした。 さてと、歴史ミステリーを簡単に~ 写真は「天海」というお坊さんです。 101歳まで生きましたが、謎多き人物として知られております。 徳川家康の指南役で、東照宮をはじめとする徳川幕府の菩提寺の建立を指図しました。 この天海、実は明智光秀と同一人物ではないだろうか、という説をテレビで観たことがあります。 東照宮には徳川家の家紋である葵に混ざり、明智家の家紋であるキキョウが暗号的に存在している。 いろは坂の東照宮を見下ろす一角に、明智平、と名前のつく場所がある。その明智平と東照宮、江戸城を結ぶと3点が一直線上にある。 彼の前半生は全く不明で、豊臣秀吉が死んでから歴史の表舞台に登場する。など、その説を裏付ける根拠が幾つか存在します。 さあ、どうなのでしょうか~ 僕は残念ながら信じません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃木県さくら市マラソン大会2 | トップ | ドーピング »
最近の画像もっと見る

あわせて読む