食の旅人

~ 食べることは生きること、生きることは旅すること、そうだ食べることは旅すること~
  野村洋文

アルツハイマー型認知症

2017-07-12 08:26:48 | 日記

一度きりの人生、それがみなさんのお役に立つなら、恥ずかしいことも包み隠さずに露呈していこうと思いました。 父のアルツハイマー型認知症がここにきてぐっと進み、母と自分は、その介護で疲れております。 ご経験のおありになる方ならお分かりいただけますが、本当に大変なのです。 まず、怒るだけで自分らの言うことを全く聞いてくれません。 弟夫婦が呼んですぐ来てくれる場所に住んでいれば頼もしい限りなのですが、二人で対処するには少々限界を感じております。 昨日、ケアマネ―ジャーさんと、親戚の叔母二人に来ていただき、今後の方向性を大まかに決めました。 3年前は要介護1でしたが、 1年前によくなり、介護認定が取り消されました。 そしてここにきてこの状態。 具体的には申し上げませんが。 個人差はありますが突然、一気に進んだようです。 普段、自分たちの言うことは全く聞き入れないのに、他人が来ると、人が変わったような紳士的態度をとります。 認知症になると、自己防衛本能が強くなる、ということを身をもって知りました。 咀嚼力の低下など、歯科領域に重要なかかわりのある事項も多々出てきます。 今後、気づきましたらアップしていくつもりです。 認知症になると、その人のいままでの性格や、暮らしてきた歴史など、複雑に人間臭い部分も絡んできます。 それ以上は申し上げませんが、ご経験のあられる方なら納得されると感じます。 認知症患者をみんなで支え合っていこうとする地域包括ケアシステムの重要性に、あらためて気づかされました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The way we were | トップ | レオナルドダビンチ&ミケラ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む