困った時の神頼み(御朱印集め)

訪れた神社の紹介と御朱印をまとめてみました

大曽根八幡神社(平成28年10月16日)

2016年10月16日 | 旅行
埼玉県八潮市にある大曽根八幡神社へ行ってきました。

<神社>
大曽根八幡神社
〒340-0834 埼玉県八潮市大曽根18

<御由緒>
当社は、文亀二年(一五〇二)に勧請されたが、一説には後三年役に源義光が兄源義家援軍のため寛治元年(一〇八七)に花俣郷から綾瀬川を渡河し大曽根の地を経て東国に赴いた頃より、八幡神を奉斎されたとも伝える。
誉田別命を御祭神とし境内社に稲荷神社・天神社。古峯神社を祭祀する。
寛文十年(一六七〇)十一月十五日に大曽根村の領主旗本森川摂津守重房公より三石の黒印状が発給され、森川家の氏神社となる。
延宝二年(一六七四)に重房公は荒廃した御社殿を再興し、以来森川領六十石の総鎮守とされ元禄十五年(一七〇二)新たに二石が加増され、都合五反歩の社領を有した。
森川家の毎年の正五九の御神礼は八幡神社から届けられ、祭礼の折りには森川家から代参者が遣わされ祭典が執り行われた。
御社前の第二の鳥居は、宝暦十一年(一七六一)に浅田政臣が奉納、天保十五年(一八四四)に森川俊朝が第一の鳥居を奉納、文化六年(一八〇九)に総氏子らが第三の鳥居を奉納した。
これらの鳥居は、安政二年(一八五五)の地震の時に倒壊し、安政五年に再建された。
明治四年(一八七一)に大曽根村の村社に指定され、同二十二年(一八八九)に八幡村の村社となり、同二十八年(一八九五)に本殿・拝殿を改築し現在に至る。

<御祭神>
誉田別命


拝殿


鳥居


由緒


御朱印


宮司様が不在のため、書置きでした。
鈴の御守護を頂きました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伏見神宝神社(平成28年10月8... | トップ | 芳川神社(平成28年10月16日) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。