困った時の神頼み(御朱印集め)

訪れた神社の紹介と御朱印をまとめてみました。関東圏、宮城、京都、大阪、福岡の神社を紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神明神社(平成28年9月15日)

2016年09月18日 | 京都府の神社
出張先の京都府にある神明神社に行ってきました。

<神社>
神明神社
京都府京都市下京区綾小路通高倉西入ル神明町

<御由緒>
当地は平安時代末期、近衛天皇がしばしば皇居としたと伝わる藤原忠通の屋敷跡で、「四条内裏」または「四条東洞院内裡」と呼ばれた、この邸内にあった鎮守の社が神明神社である。

天照大神を祭神としている。
創建年代は明らかではないが、藤原時代から今日まで人々の崇敬の社になっている。

社伝によると、近衛天皇の時代、頭は猿、尾は蛇、手足は虎の「鵺(ぬえ)」という怪鳥が毎夜、空に現れ都を騒がせた。弓の名手であったという源頼政は退治の命を受け、当社に祈願をこめた後、見事に鵺を退治した。
この時使われた弓矢の「やじり」2本が宝物として伝わっており、今でも祭礼の時に飾られる。厄除け・火除けの神と呼ばれるゆえんである。

その後、天台宗の護国山立願寺円光院という寺によって管理されていたが、明治初期の神仏分離令によって神社だけが残され、それ以来、神明町が管理を行っている。榎の大木があったので「榎神明」とも呼ばれた。

また、当社には豊園(ほうえん)小学校内(現在の洛央小学校)に祀られている文子天満宮の祭神が戦後、合祀されている。

<御祭神>
天照大神、菅原道真

<御利益>
厄除け・火除け、学問・学業成就


拝殿


鳥居


御朱印

※書置きがありました。日付は入っていませんでした。

由緒


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九重神社(平成28年9月7日) | トップ | 京都大神宮(平成28年9月15日) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都府の神社」カテゴリの最新記事