困った時の神頼み(御朱印集め)

訪れた神社の紹介と御朱印をまとめてみました。関東圏、宮城、京都、大阪、福岡の神社を紹介しています。

金王八幡宮(平成29年3月19日)

2017年05月14日 | 東京都の神社
東京都渋谷区になる金王八幡宮に行ってきました。

<神社>
金王八幡宮
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-12
(HP)http://www.geocities.jp/ynycr674/

<御由緒>
当八幡宮は、第73代堀河天皇の御代、寛治6年正月15日(1092)鎮座いたしました。

桓武天皇の曽孫である高望王の後裔で秩父別当平武基は源頼信による平忠常の乱平定において功を立て、軍用八旒の旗を賜り、その内の日月二旒を秩父の妙見山(武甲山では?)に納め八幡宮と崇め奉りました。

武基の子武綱は、嫡子重家と共に後三年の役の源義家の軍に300騎余を従え1番で参向し、仙北金沢の柵を攻略しました。
その大功により名を河崎土佐守基家と賜り武蔵谷盛庄を賜りました。
義家は、この勝利は基家の信奉する八幡神の加護なりと、基家が拝持する妙見山の月旗を乞い求め、この地に八幡宮を勧請しました。

重家の代となり禁裏の賊を退治したことにより堀河天皇より渋谷の姓を賜り、当八幡宮を中心に館を構え居城としました。
渋谷氏は代々当八幡宮を氏族の鎮守と崇めました。
これが渋谷の発祥ともいわれ、現在も境内に渋谷城砦の石が保存されています。

渋谷氏が武蔵谷盛庄七郷(渋谷、代々木、赤坂、飯倉、麻布、一ツ木、今井など)を領していたので、当八幡宮は八幡通り(旧鎌倉街道)、青山通り 宮益坂 道玄坂(旧大山街道)を中心とする、渋谷、青山の總鎮守として崇められています。

当八幡宮は、古くは単に八幡宮又は渋谷八幡宮と称しておりましたが、渋谷金王丸の名声により、金王八幡宮と称されるようになりました。
(出典:金王八幡宮のホームページより)

<御祭神>
応神天皇(おうじんてんのう)

<御利益>
交通安全、子授け、出世



拝殿


鳥居


由緒


御朱印


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渋谷氷川神社(平成29年3月19... | トップ | 豐榮稲荷神社<豊栄稲荷神社>... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL