困った時の神頼み(御朱印集め)

訪れた神社の紹介と御朱印をまとめてみました。関東圏、宮城、京都、大阪、福岡の神社を紹介しています。

鵠沼皇大神宮(平成28年9月19日)

2016年09月19日 | 神奈川県の神社
神奈川県藤沢市にある皇大神宮に行ってきました。
「お神明さま」、「烏森のお宮」とも呼ばれている。

<神社>
皇大神宮
〒251-0021 神奈川県藤沢市鵠沼神明2ー11ー5
(HP)http://www.koudaijinguu.com/

<御由緒>
第五十三代淳和天皇の御代天長九年(八三二年)、御社殿造立の記録があり、勧請の時期は更にどれほどさかのぼるべきか詳らかではないが、創建の極めて古いことは明らかである。
天喜三年(一〇五五年)、元亨二年(一三二二年)、天正十三年(一五八五年)、昭和六十年(一九八五年)と造営を重ねられている。

御祭神は天照皇大神、相殿に天手力男命、天太玉命、天児屋根命、天宇受売命、石凝刀売命を奉斎している。

第六十代醍醐天皇の御代、延喜式が選進されたころに、奈良時代以来現在の藤沢市の内、藤沢、西富、大鋸、鵠沼、辻堂などの各地を合わせてとなえられていた相模国土甘郷(とかみごう)の総社に列せられ、この時以来、相模国土甘郷総社神明宮と称し、あまねく人士の尊崇を集めることとなった。

また、長治元年(一一〇四年)に到って鎌倉権五郎景政が所領の大庭荘(おおばのしょう)を伊勢神宮に御厨(みくりや)として寄進したので大庭荘が大庭御厨と呼ばれるようになってからは、その領内、即ち東は俣野河(現在の境川)から、西は寒川郷に到る区域、また北は大牧崎(現在の藤沢市最北端)から、南は海(現在の片瀬の一部、鵠沼、辻堂、茅ケ崎の海辺の諸村)に至る区域、いわゆる境川と小出川とにはさまれた広大な伊勢神領大庭御厨総鎮守と定められ更にあつく崇敬されることとなった。

これより先、天喜年間、八幡太郎義家、奥州鎮撫の途次祈願奉幣あり。
また、寿永三年(一一八四年)、那須与一宗高は屋島にて扇の的を射た弓一張と残りの矢を奉納、併せて所領の那須野百石を寄進し、その他代々の領主崇敬奉斎も鄭重で、伊勢神領大庭御厨総鎮守相模国土甘郷総社神明宮の社名いよいよ高く、中古以来相模鎌倉の鶴岡八幡宮、武蔵府中の六所宮と並び称せられた旧社であるが延享年間の盗難により惜しくも伝承の古記録等を失った。
その後に至り明和二年(一七六五年)六月十七日、領主布施孫兵衛尉頼路、参篭し祈願奉幣あり。且つ天照皇大神宮と謹書した白絹御戸張を奉納、明治維新まで例年奉幣を怠りなく続けられた。

明治元年九月、征東大総督一品中務卿有栖川宮殿下東下の際、神明宮の御染筆を賜る。
また、例祭は八月十七日。当日九基の盛装した人形山車の参進は特筆すべき盛観で、神奈川の民族芸能として県の指定があり、更に例祭そのものが「神奈川のおまつり五十選」に選定されている。尚、昭和六十三年に藤沢市重要有形民俗文化財に指定された。
なお、当皇大神宮には、第五十一代平城天皇の御代、大同三年(八〇八年)、御創建の延喜式内相模国十三社、式内石楯尾神社が相殿八幡大神、春日大神とともに御同座である。式内石楯尾神社は当宮の御鎮座以前に、現在の当宮境内地に勧請された旧社で国史に所見の神階叙位、官社に列せられた名社である。
(出典:神奈川県神社庁のホームページより)

<御祭神>
天照皇大神 ( あまてらすすめおおみかみ )
天児屋根命 ( あめのこやねのみこと )
天手力男命 ( あめのたじからおのみこと )
天太玉命 ( あめのふとたまのみこと )
天宇受売命 ( あめのうずめのみこと )
石凝刀売命 ( いしこりどめのみこと )
石楯尾大神 ( いしだておのおおかみ )
八幡大神 ( はちまんのおおかみ )
春日大神 ( かすがのおおかみ )


拝殿


鳥居


御朱印


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鵠沼伏見稲荷神社(平成28年9... | トップ | 白旗神社(平成28年9月19日) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL