チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

1954~55年の日本の第一線バレリーナたち

2016-11-05 23:00:30 | バレエ

(2016年5月5日の記事に画像を追加しました。)

アサヒグラフ別冊『映画と演芸』1954年3月号および『主婦の友』1955年3月号において第一線バレリーナとして紹介された方々です。(アイウエオ順)

 

アベチエ (石井郁子の娘)

 


梅村レイ子

 


貝谷八百子

 


佐多達枝(小説家・佐多稲子の娘さん)

 ↑ 右より佐多達枝、松岡みどり、須郷文子、西田奈都子、西田三重子。服部・島田バレエ団を脱退したメンバーを中心として結成された青年バレエ・グループ「群舞(ぐんぶ)」。自分は佐多先生から直接「このときは寒かった」との証言を得ました。ちょっと自慢。

 

橘秋子(牧阿佐美さんのお母様)

 

 

太刀川瑠璃子(小牧正英の奥様)

 

 

谷桃子(小牧正英と一時結婚していた)

 

 

服部智恵子

 

 

日高惇 (小牧バレエを脱退、東京バレエ協会に参加)

 

 

広瀬佐紀子 (俳優・広瀬恒美の娘。小牧バレエを脱退、東京バレエ協会に参加)

 

 

牧阿佐美

 

 

松尾明美

 

 

松岡みどり (松岡映丘画伯の娘さん)

 

 

松山樹子

 

 

横山はるひ

 

。。。さすがにみなさんおきれいですなあ!画像が鮮明ならもっとよかったんですが。皆さん、現在の日本のバレエ界のルーツなんですね。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペキネル姉妹(Güher & Süher... | トップ | カラヤン世界初のサイン会(1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バレエ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。