チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

作曲家アンドレ・ジョリヴェ初来日(1959年)

2016-10-16 21:38:25 | 来日した作曲家

パチンコにはまったことで有名なフランスの作曲家、アンドレ・ジョリヴェ(André Jolivet, 1905-1974)が初来日したときの様子です。レコード音楽雑誌『ディスク』1960年1月号より。



↑ NHK交響楽団を指揮して自作を演奏。

 



↑ ピアノ協奏曲「赤道」の演奏。ピアノは北川正。1959年11月28日(土)都市センターホール(東京都千代田区平河町)。おそらく日本初演。

このピアノ協奏曲をあらためてNMLで聴いてみましたけど、正直、自分の耳には馴染まないなーって感想でした。作曲当時はかっこええ斬新な響き(特にリズム)だったのかもしれませんが、いま聞くとそれが裏目に出てちょっと古臭いような?この曲のなかで唯一気に入ったのは中間楽章Andante con moto 9分間のうちの、さらにド真ん中の、唐突にめっちゃ美しい、たったの3分弱。静かで穏やかな雪の夜のようでアルファ波出まくり。別世界連行パワー強し。対比がナイスなのかもしれないけど、全曲この調子でやってくれてたらよかったのに。。

 



↑ まだパチンコを知らないジョリヴェ。1周回っていつかジョリヴェ・ブームが再び来るかも!?

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1960年代・クラシックベスト... | トップ | 10歳のヴァイオリニスト、佐... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。