チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

1953年のオペラの花形(砂原美智子、長門美保、大谷洌子)

2017-07-14 23:10:15 | 日本の音楽家

「主婦と生活」1953年1月号に「オペラの花形」として3人の画像が載っていました。

1.砂原美智子(1923-1987)の蝶々夫人

パリのオペラ=コミック座に日本人として戦後初めて出演したときの姿だそうです。戦前に出演した日本人は藤原義江だけでしょうか?


2.長門美保(1911-1994)のカルメン

 


3.大谷洌子(1919-2012)のヴィオレッタ



。。。これらの画像は解像度が低く半分絵みたいですけど、カラーというのは珍しいかも?

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋葉原の石丸電気は「日の丸... | トップ | ラフマニノフに会った山田耕... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。