チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ

人生の半分を過去に生きることがクラシック音楽好きのサダメなんでしょうか?

1960年代・クラシックベストセラーレコード(「レコード・マンスリー」より)

2016-10-16 00:11:12 | メモ

毎月の新譜レコードを紹介する「レコード・マンスリー」という横長の月刊誌が何冊か手許にあります。

そのうち、1960年代のクラシック・レコードの売れ行きランキングを年代順に4つ並べてみます。


↑ 1962年3月号。当初は「Music Monthly」という名前だったんですね。来日直前のヨッフムのシューマン/シューベルト交響曲第4番。

 



↑ 同じく1962年3月号より。運命、未完成、新世界などの超有名曲が並びます。この中では15位「オテロ」全曲が目立ちます(カラヤン/デル・モナコ?)。お金持ちか清水の舞台系のかたが買ったんでしょうね。

 

 

↑ 1965年6月号。カラヤン強し。それと「四季」が2枚ランク・インしていますね。自分としては石丸寛/コロムビア・プロムナード管による名曲集を聴いてみたいです。

 

 



↑ 1967年12月号。超有名曲ばかりが売れる時代を脱したのか、ニールセン「不滅」が3位。R.シュトラウス、マーラー、ブルックナーも入ってきています。

 

 



↑ 同号より解説。「各社が一様に直輸入版に力をいれてきた」んですね。納得。

 



最後に、1968年8月号です。表紙は海野義雄氏。ドイツグラモフォンからレコードを出していたとは知りませんでした。しかもイッセルシュテット指揮。これも聴いてみたい!

 



↑ ここでもイ・ムジチ「四季」が1位。トゥーランガリラ(小澤)が何気に8位に入っています。

 

 

↑ アンセルメの幻想交響曲が3位に入っているのは来日中だったからなんですね。



。。。この「レコード・マンスリー」、当時のクラシック音楽の動向を知る上で貴重。他の号も見たくなりました。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャック・ティボー初来日時... | トップ | 作曲家アンドレ・ジョリヴェ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。