入れ替え第1戦(対町田 敗戦)次節ホームで絶対勝利だ!負けてたまるか!!

2015-11-29 20:08:52 | 大分トリニータ
入れ替え第1戦(アウェー町田)のパブリックビューイングを見に大銀ドームに行きました。

G裏のイスしか知らない青葉はメインのイスに座るのが嫌そうでした(笑)


試合が始まるまで別府じぃじに抱っこされていました(笑)



次のホーム戦でニータンが着るという布にサポの気持ちを書き込みました。



やはり「残留」という言葉が多く書かれていました。


大銀ドームに集まったトリサポ約1500人。
相手は9試合負けがないという勢いのあるチームです。
厳しいだろうなとは思っていましたが攻め込まれる時間が続きます。
しかしCKからダニエルがヘディングで先制します。
このときが一番盛り上がりました。
後半はまったくといっていいほど手も足も出せずに負けました。



次の試合は「若狭」も「鈴木」も出れませんし「兵さん」もいません。
「さんぺー」ちゃんは微妙だしとなるとますます厳しくなりそうですが、逆に考えると今まで使わなかった選手や若手を使えます。
町田の知らないフォーメーションで戦えます。
今日も一番若い姫野が手を叩いて先輩選手を鼓舞している姿に涙が出そうになりました。


これだけ良いところ無く負けたならば、あとは開き直るだけです。
「為」のガチガチに緊張した顔も、土岐田選手の試合前の笑顔も次は逆になるかもしれません。
ホームという利もありますし、アウェーで1ゴール決めたというのも大きいですし、引き分けならば勝ちという「町田有利」は悪魔のささやきに変わるかも知れません。


これが今季の本当の最終戦です。
落ち込んでいる時間はありません。
すぐに試合はやってきます。
ドームをトリサポで埋め尽くして町田を迎え撃ちましょう。
このままでは絶対に終われません。
勝ちましょう!
勝って残留して選手とみんなで大銀ドームで嬉し泣きをしましょう。
12月6日。
ドームに集まりましょう。
残留の瞬間を共に迎えましょう!!
残り1試合、悔いのない応援をするぞ!!
                        
がんばろう トリニータ!!
最終戦 絶対に勝利だ!!





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポパへ (町田戦 絶対勝利へ)

2015-11-27 21:03:21 | 大分トリニータ
スポパに行ってきました。
選手のケガの状態も心配だし外国人枠2名は誰なのかも知りたいし町田戦の先発の選手も気になります。
朝から風が吹いて寒いとは思っていましたがこれほど寒いとは思ってもいませんでした。
かなり厚着をしましたがそれでもここスポパは寒いです。


青葉も着すぎてまん丸になっています(笑)


昌也、元気でした。


為は外に出てくるなり寒そうにしていました。


しかしそれも練習が始まるまでのこと。


練習が始まると選手の顔が一変しました。


それもそのはずです。
あと2日後に生き残りをかけた試合が待っています。


どの選手の顔にも闘志が感じられます。





                             
「勝てば天国、負ければ地獄」 

ミスタートリニータ「高松」のコメントです。


                                                
「自分がボールを持っているときに自信を持ってしっかり決めることが一番大事だ」  

パウリーニョ コメント


                                            
「最後は個のところになる」


「おちついて思いっきり良くゴールをねらっていければ良い」
  為 コメント


入れ替え戦に賭ける想いはトリ選手全員同じです。
「さんぺー」の表情を見てもらえればその強い気持ちが伝わってくると思います。





「さんぺー」と「為」
何としてもゴールを決めてくれ!!


トリ選手の意地とプライドを見せてくれ!!
町田で勝って「大銀ドーム」に繋げてくれ!!


一緒に戦おう!!
勝とう!!
勝って笑顔で泣こう!!


現地に行かれるみなさん!
関東組のみなさん!
トリニータを応援してくれる全てのみなさん!
大分より爆念を送ります。
絶対勝利をお願いします。

                         
がんばろう トリニータ!!
がんばろう 全国のトリサポのみんな!!



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第42節最終戦 対磐田 1-2 負け

2015-11-24 17:48:03 | 大分トリニータ
去年の4月18日に広島からの帰りに山口観光をしました。
その時に泊まったホテルに「レノファ山口」のポスターが貼っていました。
ああ、いつの日かJ2に上がってきてうちと戦うことになるかもなぁ、と嫁と2人で話していたことを思い出しました。
「レノファ山口」さん、J2昇格おめでとうございます。        
来季、同じカテゴリーで戦えるように絶対に残留します。

「可愛い顔をしてみて」と言うと青葉は最近このポーズをします。
これってもしかしてオードリー春日の鬼瓦のポーズかも?
でも誰も教えていないんだけれどもね(笑)


久しぶりに会う「別府じぃじ」に抱っこされて喜ぶ青葉。
左手に持っている人形は?


青葉へのプレゼントにとトリサポのお姉さんからいただきました。


背中には「あおば」の文字があります。
ありがとうございました。


ところで昌也へのプレゼントは渡せたのでしょうか?


ニータンの首に巻いているタオマフは1枚では足りないので3枚つないで巻いているそうです。
で、この後、青葉の言葉でニータンが落ち込みます。

                                                  
「ニータン、なんでブタになってんの?」

ニータンは横を向いてしばらく固まっていました(笑)


青葉くん、笑っている場合じゃあないよ、ニータンは傷ついているんだからね(笑)


この後、ジャンボさんのところへ。
まだまだ肩車は無理なので抱っこまででがまんがまん。
手に持っている「鳩サブレー」はAさんからのお土産です。
ありがとうございました。


浜松からの兵さんサポさんからも青葉にいただきました。
岡山ではアンパンマンをいただいたのですが、青葉がドラえもんの「ジャイアン」が好きだと聞いて作ってきてくれました。
ありがとうございました。
青葉はとにかく強い人が好きなようです。
我が家では?
もちろん「ばぁば」が一番好きです(笑)


この車は「○さん」から青葉にいただきました。


その他たくさんの方からいただきました。
本当にありがとうございました。



開門のときに一度「名水美人もやし」を貰ったのですが「直人」が配っていたのでもう一度もらいました(笑)
おかげで我が家の料理は「もやし」攻めになりそうです。


「大分東明高校バトントワリング部」及び「大分東明高校バトンスクール」のみなさんの演技です。



「決起集会」です。


磐田の選手紹介に「藤田」選手と「森島」選手の名前があります。
またまた恩返し弾を受けるのではないかと名前を見たときからいや~な気持ちになっていました。


そんな磐田サポさん、1500人から2000人ほどでしょうか?
迫力ある声がドームに響きます。


このゲーフラ「勝」の横にある「願」の文字に気持ちが込められていますね。


試合前練習から引き上げる選手に出られない選手が激励の握手をしていました。


今日は最終戦とあって選手全員のコールをしました。
ベンチにスーツ姿で座っている選手が手を挙げ、お辞儀をしてコールに応えていました。
改めてトリニータ選手の礼儀正しさを感じました。


オーロラビジョンに突然仲間の顔が出てビックリです。


さて今季のリーグ戦最後の試合の開始です。
開始早々、相手ゴールに迫り何度か決定機を作りましたが決め切れませんでした。
そして後半、ミスからゴールを決められました。
このままズルズル負けるのかなと思われた90分。


パウリーニョの放ったスーパーゴールは圧巻でした。
震えが来るほどの素晴らしいゴールでした。



これで同点。
逆転するぞ、と思われたその直後にゴールを決められ負けました。


「ジュビロ磐田」のみなさん
「J1 昇格おめでとうございます」                              




「さんぺー」下を向かないでくれ。


悔しくても前を向こう。
切り替えよう。
あと2試合、完全勝利をして最後に一緒に笑おう。


ゴールを待っているよ!!


後半、「森島」選手が出て確かに磐田が変わりました。


「森島」選手 J1でゴールを決めてください。


もう一度書きます。
「ジュビロサポさん J1昇格おめでとうございます」  





「藤田」選手と「森島」選手がG裏に挨拶に来てくれました。
来にくかったと思います。
藤田選手は「諦めないで最後まで戦って」と言ってくれたそうです。
森島選手も励ましの言葉を言ってくれていたんだと思います。
両選手ともありがとうございました。
このとき磐田サポさんから「トリニータコール」がありました。
嬉しかったです。


ホーム最終戦セレモニーが始まりました。


青野社長は挨拶の中で「責任は私にある」と引責辞任を表明しました。
誰もが引き受けたくなかった10億円を超える借金まみれのチームを引き受けてくれたことへの恩は忘れません。


青野社長が言葉を詰まらせたときに起こった温かい拍手はトリサポの感謝の気持ちだと思います。
青野社長お疲れ様でした。
ありがとうございました。


今年くらい1勝が重いと感じたことはありませんでした。
勝つことの嬉しさ、難しさも改めて感じました。
ロスタイムにゴールを決められ負けたときの敗北感は半端ありませんでした。
それでも途中、最下位になってもすぐに連勝して笑い話にでもしてやろうと思っていました。
自身の甘さを痛感しています。
まさか、まさかでここまで来たように思います。


入れ替え戦の相手は「FC町田ゼルビア」です。
現在9試合負けなしのチームです。
「土岐田」選手「増田」選手がいます。
もちろん2試合とも勝てば勝ったほうがJ2です。
同じ場合2試合の得失点差となります。
その次にアウェーのゴール数で決まります。


とにかく第1戦の「町田」戦でいかに得点を多く取れるかに残留がかかっています。
大分トリニータの未来が変わるかもしれない大事な1戦です。
早くから「町田」のホテル、「山口」のホテルを予約していましたが、家族の体調がもう一つなので遠征は諦め今日全てキャンセルしました。
しかし「大銀ドーム」でのパブリックビューイング」には行くつもりです。

現地に行かれるみなさん
関東組のみなさん
応援をよろしくお願いします。
大分から念を送ります。

必ず勝ちましょう!!
応援の力で勝利を掴み取りましょう!!
                      
がんばろう トリニータ!!
がんばろう 全国のトリサポ!!


































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臼杵市 野津町 普賢寺ライトアップ

2015-11-22 20:58:52 | 臼杵
臼杵の秋を彩る風物詩といえば「白馬渓」と「普賢寺」です、。
その臼杵市野津町の「普現寺」の紅葉がライトアップされるということで行ってきました。
少し早めに現地に到着しました。
スタッフの人以外誰もいませんでした。
早すぎました(笑)
ライトアップまでブラブラと時間を潰します。
肝心の青葉は眠ったままです(笑)

竹ぼんぼりに灯りが灯りました。




少し色づきかけた紅葉が灯りに照らし出されています。
まだ少し早いようです。


境内では「甘酒」も用意されていました。





午後6時から配られた甘い焼き芋が寒くなった体を温めてくれました。


臼杵市 野津町の「普現寺」。
ぼちぼち見頃を迎えます。
一度行かれてみてはいかがでしょう。






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大分県 サルの山・高崎山無料デー

2015-11-21 20:10:53 | ドライブ
30数年振りにお猿の山「高崎山」に行ってきました。
毎年11月の第3土曜日に高崎山「無料の日」として無料開放しています。
また、この日は高崎山キャラクターの「たかもん」の誕生日でもあります。
青葉ママは用事があるのでじぃじとばぁばと青葉の3人です。
今日は甘えられるママがいないのでおそらく青葉は良い子にしていると思います(笑)


「高崎山」のマスコット・たかもんです。
2012年3月に高崎山の広報宣伝部長に任命された、高崎山の新キャラクターです。
身長は約2メートル、横幅160センチと大きいです(笑)



その横にあるお猿の銅像を横目に見て歩くこと3分・・・。



切符売り場に着きましたが今日は無料デーです。
普段は大人510円、幼稚園以下は無料です。


横にあるのが「さるっこレール」
往復100円。片道でも100円。


こんな感じでゆっくり上り下りします。


でも歩いても5分くらいだから歩きます。



約束はきちんと守りましょう。


ボス猿のいる真ん中はすでに大勢の人でいっぱいだったので少し端の方にいってみました。


青葉は猿が横に来ても全然恐がりません。


人間が猿から見られているような不思議な世界です。


が、係りの人がエサを持って来たとたん辺りは騒然とします。
エサの奪い合いが恐いくらいです。


思い思いの所に居た猿も一斉に集まってきました。



一瞬で地面に撒いたエサがなくなります(笑)


小猿が一匹取り残されました。
怯えています。


体の大きな猿が近づいてきました。


その時、お母さん猿がサッと小猿を抱えて安全なところに逃げていきました。
ふ~、やれやれ一安心です。


エサを食べた猿たちはゆっくり毛づくろいを始めました。


どんな顔をしているのか覗いてみました。
ふむふむ、気持ちよさそうです。
どうやら眠っているようです。


青葉も眠くなってきたようです(笑)


「お目目を開けて」と言ったら手で目を開けているようです(笑)


青葉が上を向いて何かに気づいたようです。


木の枝の細いところに登っています。


誰にも分けずに安全なところでエサを食べているようです。


この猿もそうでしょう。


青葉が嬉しそうに何かを見ています。


どうやら横になっていた猿と目が合ったようです。
なるべく目を合わさないほうが良いのですが。


もしかしたらこの親子猿は先ほどの小猿でしょうか?
全部一緒に見えます。
ここの係りの人は一匹一匹顔が違うと言っていましたが、私にはまったく区別がつきません。


11時過ぎ、猿たちが異様な声を上げはじめました.
何が起きるのでしょうか?
猿の交代です。
それまで「寄せ場」を独占していたC郡(815頭)とB郡(701頭)が一瞬にして交代しました。
その交代劇は見事なものです。


ちなみに平成14年6月を最後にA群は寄せ場に姿を出さなくなり、現在はB・C群の2つの群れが山から下りてきて、交代で寄せ場を利用しています。


ですから現在は1,516頭の猿が毎日寄せ場に顔を出す・・・ということです。


さて青葉もそろそろ退屈してきたようです。
帰ることにしました。


「この付近のおさるはいたずらをするので注意してください」との注意書きがありました。


なんと、眼の前の猿が何かを持っているではありませんか。


どうやら猿に盗られたのはこの人のようです。


猿ははるか上の木に逃げました。
見えますか?  画像の真ん中です。


ここです。
みなさんくれぐれも気をつけましょうね。


今日は天気も良くて楽しい時間を過ごすことができました。


高崎山のスタッフのみなさんありがとうございました。
みなさんも是非一度「高崎山」におさるを見に出かけてください。




























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポパへ(最終戦を前に)

2015-11-20 20:22:10 | 大分トリニータ
体操教室の日。
朝から雨。
「雨が降ってていやだな」とつぶやく青葉ママ。
それまで遊んでいた青葉が突然青葉ママに向って
「辛くても、もう運命の糸は変えられないんだよ」と可愛い声で言った。
その声と内容のギャップに思わずスマホを落としそうになった私(笑)

見えない誰かと戦っている青葉・・(笑)


今日、スポパに行ってきました。
監督なのかコーチなのか「元気に行きましょ!」の掛け声で始まりました。


「兵さん」が気になります。
公式で8週間のケガと出ていましたが、どんな具合なのかが心配です。
残念ながらここでは姿を見る事はできませんでした。


その他にも名前は出せませんが何人か気になります。




昌也も元気でした。














元気な「さんぺー」ちゃんの笑顔4連発(1)

(2)


(3)


(4)


「ふっくん」のプレーも見たいけどねぇ。





「伊佐」の顔が変わったように感じました。


なんだろう?うまく説明ができなくてもどかしいのですが・・・・・


なにか吹っ切れた顔・・・という言い方が当たっているのかどうか・・


その伊佐とレイの2人がクールダウンで眼の前を走ってきました。


「レイチェルがんばれ~」の青葉の声に笑顔で応える2人。
トリニータの選手はやさしいのです。


こちらはダニとパウの2人。


あら、ダニちゃんと目が合った青葉。


「ダニエルがんばれ~」の声に手を振ってくれた2人。
本当にやさしいんです。


ぐっさんも走ってきました。


なにかを催促するぐっさんの目(笑)


「がんばれ~」の声に手を挙げるぐっさん。
でも何か不満そう。


そこに「やまぐち がんばれ~」と青葉の声。
元気に「おー!」と手を挙げるぐっさん。
本当に、本当にトリ選手はやさしいのです。


そんな青葉は「つち遊び」をして手がドロだらけになっています。
ちゃんと手を洗ってから選手に声をかけましょう(笑)


最終戦のマッチプログラムは「ダニエル」です。


そのマッチデープログラムにはいつもネットワンシステムズ株式会社」様から勇気をもらう言葉が書かれています。
最終節はこの言葉です。


目頭が熱くなりました。
ありがとうございます。

さて最終節、きまぐれな勝負の神様も少しはトリサポに悪いと思ったのか、この1週間で今までの胃の痛みが少しは和らいできました。
自動降格にいる栃木とは勝ち点3差、得失点13差とかなり有利な状況です。
ただ勝負事に絶対はないのでまだまだ油断はできません。
が、ただ最優先すべきは入れ替え戦に勝ち「J2に残留する」ということです。
そのことを前提に最終戦、勝利を目指して共に闘いたいと思っています。

「磐田」は選手全員遠征で大分に乗り込んでくるそうです。
さすがのお金持ちと言いたいところですが
なんのなんのトリサポは全国から遠征で「大分銀行ドーム」に集結してきますよ。

最終節、勝ちましょう!
勝って大分の力を見せましょう!
                 
がんばろう トリニータ!!
がんばろう 全国のトリサポ!!

 

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿蘇 天空の道(ラピュタロード)

2015-11-16 18:10:43 | 
朝、牛乳が無かったので私の飲んでる豆乳を青葉にやったところ、一口飲んで、顔をしかめ固まってしまいました。
笑いをこらえて「どんな味がする?」と聞くと、
「・・・・なんかモミの木の味がする」と青葉。
思わず飲んでたコーヒーを吹き出しそうになりました。
味がモミの木?
逆にモミの木がどんな味なのか教えて欲しい(笑)

青葉ママの希望で今年から庭の木にクリスマスの飾りつけをしました。
その時に誰かが会話の中で「もみの木」って言ったのを覚えていたのでしょうか(笑)
おかげで毎日退屈しなくて楽しい(笑)



熊本県阿蘇にある「天空の道」に行ってきました。
別府市内から少し紅く染まりかけた山を下ったところに「狭霧台」があります。


ここから「由布院」が一望できます。



場所によっては紅葉が真っ赤になっています。


やまなみハイウェイを阿蘇に向かって走ると左右をススキが迎えてくれます。
目指す「天空の道」は大観峰の先にあります。


ナビには出ないので地元のおばちゃんに聞いてみましたが「天空の道? ええ? ラピュタの道? 聞いた事がないねぇ」との返事。
ここまで来て引き返すわけにもいかず、とにかくそれらしき場所を探しました。
大観峰方面から来ると、かぶと岩展望所を過ぎてしばらく進むとラピュタの道への分岐点が現れ、左手にお地蔵さんが見えてきます。
このお地蔵さんが目印です。
このすぐそばに車を4~5台停められるスペースがあります。


以前はここから下に降りて行けたようですがこの日は車や、バイクは通行禁止になっていました。
ここから脇道を上に4~5分歩きます。


道は別れていますがどちらも先で繋がっています。
ベビーカーで行こうとしましたが道が悪く無理でした。


展望スペースにたどり着きました。
眼の前には阿蘇五岳が見え眼下にはラピュタロードが天に向かって伸びているようでした。



ここは、朝晩の寒暖差の激しい風の無い日に雲海が見られることでも知られています。
この日は見る事ができませんでしたが運が良ければ雲海に浮かぶ「天空の道」を見られるかもしれません。(画像はWebより)


また時間によってはこんな景色も(画像はWebより)



これほどの素晴らしい絶景スポットが身近にあるとは知りませんでした。
次回は雲海を何としても見たいと思います。
みなさんもぜひ一度行ってみてください。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015 うすき竹宵(動画)

2015-11-10 18:54:26 | うすき竹宵
うすき竹宵の動画です。
行きたかったけれど行けなかったみなさんへ。


「2015 うすき竹宵(動画)」






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015 うすき竹宵

2015-11-09 15:25:08 | 臼杵
 「うすき竹宵」        
うすき竹宵の季節がやってきました。
少し小雨が気になるところではありますが、青葉を抱っこした青葉ママとばぁばと私の4人で自宅から歩いて行きました。
迎えてくれた「うすき竹宵」の文字が嬉しいですね。


ちょうど竹ぼんぼりに灯りを灯すところに出くわしました(午後5時から)
お願いしたら「良いよ」と快く点けさせてくれました。


この灯りが癒してくれますねぇ。


以前も書きましたが目指すのは「旧真光寺」です。
他の所はいつでも見ることができます。
でもここは午後5時を過ぎると観光客が増え続けて30分待ち1時間待ちとなります。
ここの竹ぼんぼりを見ないで竹宵は語れません。



臼杵が初めてと言う人は「仁王座 歴史の道」と聞けば教えてくれますよ。


「法音寺」
「旧真光寺」の横にありますのでここを見てからでも大丈夫です。


「旧真光寺」 
ここは必ず見てください。
幻想的な世界に引き込まれますよ。







「旧片切家石段」 
「旧真光寺」を出ると目の前にあるのが「旧片切家石段」です。




一方通行を道なりに下ってくると「畳屋町の八幡神社」に突き当たります。
ここから右に行くと臼杵のメイン道路である「中央町」になります。



途中には臼杵市のキャラクター「ほっとさん」



「久家本店」
「中央町」から「浜町」に移動すると見えてきたのが「久家の大蔵」です。
1860年創業の造り酒屋、一の井手久家本店がかつて貯蔵庫として使用していた酒蔵です



蔵の外壁や内部に施されたポルトガルと臼杵の交流を表した装飾タイル壁画アズレージョの壁画は一見の価値が有ります。


「ウスキボウル」の試飲です。
麦焼酎 常蔵(つねぞう)とかぼすのコラボが旨いです。


常蔵(つねぞう)・・旨すぎです、イケメンお兄さんごちそうさん。


雨というのに大勢の人が行き交っています。


雨が降っているので部屋の中に展示していました。




店もたくさん出店しています。



テントがあって雨が降っても大丈夫です。


「多福寺」
多福寺は我が家のお寺さんです。
ご住職はばぁばの同級生です。
下から見た竹ぼんぼりです。
ポスターなどではここの竹ぼんぼりがよく使われています。


階段に沿って龍を模した竹ぼんぼりが続いています。


そして登りきった所にあるのが「龍の玉」になっています。



階段の上り口の横にも見ごたえのある竹ぼんぼりがあります。


「臼杵城址」
ライトアップされています。


石垣にある「うすき竹宵」の文字がきれいです。


ここから「八坂神社」の方に行くと「大分銀行」と「労働金庫」の間にも綺麗な竹ぼんぼりがあります。




「稲葉家下屋敷」
道を挟んだところにあるのが「稲葉家下屋敷」です。


下が暗いので気をつけましょう。




ここまでが7日(土)までの写真です。
雨が降ったのでこの日は「般若姫行列」はありませんでした。
そこで次の日8日(日)にこの「般若姫行列」だけ見に行きました(笑)

「般若姫行列」
午後7時「うすき竹宵」の見所である「般若姫行列」が始まります。


国宝「臼杵石仏」は真名長者と呼ばれる人物によって造られたと伝えられています。



真名長者は名を小五郎といい、その妻は玉津姫と言いました。


また、二人のあいだに生まれた娘は般若姫と言いその美しさと気品は世間の評判となっていました。
「般若姫の娘 玉絵姫」


朝廷は、姫を妃として都へ差し出すように使者を遣わしますが、長者は一人娘という理由でこれを拒み、代わりに姫の姿を書き写した「玉絵箱」を献上しました。
「般若姫の母 玉津姫」


ところが、献上された玉絵箱を見て恋に落ちた若者がおりました。それは、後の用明天皇、当時は橘の豊日の皇子でした。
「般若姫」


皇子は姫に逢うため草深い臼杵に下り、牛飼いに身をやつして長者のもとに身を寄せ、やがて姫と結ばれました。


二人は幸せな時を過ごしますが、朝廷に呼び戻され懐妊していた姫を残して都へと帰っていきました。
しばらくして姫は玉絵姫というかわいい女の子を出産します。


そして、般若姫は生まれたばかりの玉絵姫を残し、皇子の待つ都を目指して臼杵の港から船出します。
ところが、途中嵐に遭い、般若姫は帰らぬ人となってしまいます。


ほのかな竹ぼんぼりのあかりが灯るなか、小五郎、玉津姫、玉絵姫、そして大勢の里人たちが待ち受ける中、臼杵の港に都から「玉絵箱」と般若姫の御霊を載せた船が到着いたします・・・。
     ---「般若姫伝説」より
                               
今年もうすきの町並みを竹ぼんぼりの優しい光が包みました。

来年は11月5日(土)、6日(日)に開催です。
是非、うすきにおいでください。
お待ちしています。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポパへ(横浜戦を前に)

2015-11-06 17:39:22 | 大分トリニータ
青葉ママが化粧をしている前に立ち『ブタの化け物め、ボクがやっつけてやる』と指差す青葉。
これはDVDドラえもんの中のセリフ。
セリフだとわかっていても落ち込む青葉ママ。
飲んでいたコーヒーを吹き出しそうになる私。
素知らぬ顔の青葉。
朝の光景でした(^_^)

そんな青葉とママと私の3人でスポパに行ってきました。
ばぁばは風邪が抜けきれずに今日は自宅待機です(笑)


10時を過ぎてもなかなか選手が出てきません。
明後日の横浜戦の勝敗しだいで来年のカテゴリーが決まるかもしれない大事な1戦ですから長いミーティングは当然のことでしょう。


練習場に現れた選手の顔に並々ならぬ決意が見えます。
「高松」


「さんぺー」も笑顔が笑顔になっていません。




「為」も





いつもは陽気な「兵」さんも




キャプテン「ダニエル」も



「山口」も


「姫野」も


ノリノリの「エヴァ」も


「昌也」も


「この男」も


いや、この男はポッキーがあと少しになったので食べようかどうしようか迷った顔・・でした(笑)


「ぐっさん」「若狭」「鈴木」も・・ぴりぴりした空気が伝わってきます。


「直人」も


「武田」が完封して



決めるべき人がゴールを決める!!





岐阜と水戸との勝ち点差は「4」
1回では届きません。
どうしても2勝が必要になります。
まずは明後日の「横浜戦」です。
絶対に勝利が必要です。
今まで何度も何度もこの試合が大事だ、この試合が大事だと書いてきましたが、この横浜戦こそが来季のカテゴリーを決める大事な大事な試合になります。

現地に行かれるみなさん。
関東組のみなさん。
スカパーを通じて応援するだけですが現地のみなさんと想いは同じです。

勝ちましょう!
絶対に勝ちましょう!!
                
がんばろう トリニータ!
がんばろう みんな!!
 
























コメント
この記事をはてなブックマークに追加