真夏の夜の・・・・・・

2010-07-29 09:39:01 | 大分トリニータ

毎年7月になると思いだす事がある。
若い頃、仕事が5時で終わり、一旦家に帰り夜のチヌ釣りに毎晩
出かけていた。
一人で行く事が多く、夕方出かけ、夜10時には、
帰って来るという毎日だった。

このチヌという魚は警戒心が強く、話し声や物音や光を嫌う。
そのため、真っ暗な海で一人静かに淡い電気ウキの小さな光を
見つめる、というおよそ私にふさわしくない光景になってしまう。

釣り仲間からある耳よりな情報が入って来た。
ある場所でチヌがばんばん釣れるという。

でも、何かが出るらしいので、一人では絶対に行ってはいけないという。

こういう事を聞くと、天の邪鬼な性格が黙ってはいない。

「一人では絶対に行ってはいけない?」・・ふ~ん。

じゃあ一人で行こうじゃないの・・(奥様に言わせると「負けん気」が
強いらしいのだが、本人はごく普通と思っている。)

土曜日の夜に決定。
日曜日の朝、帰宅予定。

奥様には3人で行くと報告。
(うそも方便というもので・・)

現地着は夜の9時。
なるべく道具は軽めにする。

そこから岩場を10メートル降りる。
さらに横に100メートル程岩場を歩く。
慎重に歩かないと、こけてしまう。

頭に付けたライトで周りを照らす。
直径10メートル位の平たい岩場だ。

夜10時に釣り開始。
潮は右から左にゆっくり流れている。
淡い電気ウキの光が沖の方に流れて行く。

曇っているため月も星も出ていない。
ライトを消すと真っ暗だ。

風も波も無い。
昼間のセミの声がうそのように静かな時が流れていく。

釣り初めて何時間たったのだろう。
私の目の前を何かが横切った。

え?
目の前は真っ暗な海なのに?

突然後ろから何か声が・・・・。

振り向いた。

誰もいない。

ライトで周りを照らす。

いるわけがない。

空耳か。

又、ウキを見つめる。

その時だ。

背中に人の気配が。

いや、人ではない、何かの気配が・・・。

背筋が凍りつく。
あぶら汗が出てくる。
振り向けない。

そして、恐れていた事が・・・。

「・・・・釣れますか?」

冷たい声だ。

それは人の声だが人ではない。
動けない。
心臓はさっきから早鐘のように鳴りっぱなしだ。

やばい。
どうする、どうする。
頭は完全にパニックだ。

もし振り向いたら・・・。

「振り向け」・・「いいから振り向け」
別な私が命令する。
負けず嫌いな天の邪鬼が命令する。

振り向く・・・・・。

・・・・・・誰もいない。

周りを照らす。
私以外この岩場には誰もいない。

冷や汗が噴き出る。

真っ暗な海に目を向けた途端、
今度は頭の上から声が聞こえた。


ぅわ~~~~~~~~~~~~~。

ぉおおおおおおおお~~~~~~。


叫んだ。
とにかく叫んだ。
声を出さないとおかしくなりそうだった。

声を出し続けた。
まるで気がふれたかのように声を出し続けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・去った。
何か解らないが去った。

周りの空気が軽くなった。

帰り仕度を始めた。
竿を仕舞いかけた。

その時、もう一人の私が話しかけてきた。
「帰るのか?」
(当たり前だろ)

「朝まで釣るんじゃないのか」
(無理だろう)

「負け犬か」
(・・・・・)

「しっぽを巻いた負け犬か」
(・・・うるせえ)

「お前のとりえは負けん気が強いところじゃないのか」
(・・・・・・)

・・・・・再び、朝まで釣る事になった。

もう、魚なんかどうでもよかった。
大声で歌った。
朝まで歌い続けた。
夜が明けるまでが長かった。

・・・・空が明るくなった。

助かった。

魚はすべて海に返した。

なんだったんだろう?

この日を境に一人の夜釣りは止めた。

まぁ、人がするなという事はしない方が良いという
いい事例と反省している。

この事を話すと、奥様は心配し、二度と釣りは行けないだろうからと
内緒にしてきたが・・・・もう良いかな?

・・・・・・・・・・・・・・

話は変わるが、中断明けの甲府戦。
チームが変わったかのように思えたが、
この間の水戸戦は、バラバラで何も変わってはいなかった。

明後日の千葉戦は変わった新生トリニータをぜひ見せて欲しい。

大化けしたトリニータを期待する。



追記

お盆前の商戦で私の休みもいよいよなくなりつつあります。
夜は寝るだけの毎日になります。
千葉戦、富山戦とスカパーはおろか録画も見れません。
盆明けまでブログの更新は致しません。
でも、仕事をしながらトリニータの応援だけは、しっかり
したいと思います。
参戦される皆さま方、選手への応援よろしく
お願いいたします。
「G裏町内会」の皆さま、富山戦は行けませんが、
心は大銀にあります。
「大分よりの使者」をぜひ一緒に歌いましょう。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大分トリニータ 第18節 7月18日 対甲府 0-1 負け

2010-07-21 12:51:45 | 大分トリニータ


久しぶりのホーム大銀。
勝ちを忘れたトリニータ。

関東よりトリニータに喝(勝つ)を入れにやって来たN子さん親子。

お会いした時からテンションは最高潮。
大分では関東から大型台風が飛行機でやって来るなんて不埒な噂が流れていて、
そのためかどうかドームは早々に閉じていました。笑


普段でもうるさい「G裏町内会」・・・今日はどうなる事やら・・・。

という心配もさることながら、これです。
これこれ。




そうです、新しいスポンサー様です。
ありがたい事です。



本当にありがとうございます。
末永く、お願いします。
何よりも、大分トリニータというクラブがなくなれば、私達も無くなります。
スポンサー様よろしくお願いします。



まる○さんの息子さんの背中に奥様手製のカメのリュック?



関東より喝を入れに来た、息子さんとニータン





この串本当にうまかった。1串=500円は絶対安い。




さすが大分豊後牛=おいしい・・でしたよ。




カメを作ったりゲーフラ作ったりと・・・オツカメ様。




細かい処まで気を使ってきれいに仕上げてます。さすが・・です。




この「G裏町内会」はいろんな方が見えてくれます。○uN○uNさんです。




今度は○の○ずさんです。階段は気をつけてくださいね。





別○人さんのゲーフラ「嫁に行く 今日は勝て」 選手の皆さんにはこの想い
届くのでしょうか・・・・




周りの皆さんを巻きこんで(台風だけに)大騒ぎです。
みなさんすいません。



久しぶりのコールに感激です。




私の大好きなビッグフラッグの中です。




この中はすべての人が笑顔になる




すべての人が心躍る




そんな楽しい、楽しい空間だと思います。




そして、待ちに待った試合が始まります。



結果は0-1で負け。

前半は確かにパスも良く回り、今日はいけるかも・・・と思ったのだが
前半が終わった所で0-0。

この時点でいやな予感が・・・。
後半30分、セットプレーからゴールを決められ
後は無抵抗のまま終了。

まだ試合が終わってもいないのに、途中でゾロゾロ帰るサポーター。

1万4千人を越えるサポーターの内、何人の人が満足し
何人の人が又ドームに来たいと、思ったのだろう。

名前は書かないが86分、1点負けている状態でキムが
ゴール前に絶妙のセンタリング。

やったと思った瞬間、自分の前に来たボールにビックリしたように
何もせずスルー。

ビックリしたのは、我々サポーターの方。
FWがボールに対して何も反応しないなんて・・・・。

選手がG裏に来た時も
私はイスに座り込んだままだった。
誰かが私に話しかけたような気がしたが
聞きとれなかった。

負ける事に・・・
勝たない事に慣れっこになってしまいそうな弱い自分が
そこにいたからだ。

そんな弱い自分と闘っていたからだ。
以前のように負けて悔しくて悔しくて仕方がないという
感情が薄れてきている・・・
そんな自分がいやだったからだ。


ボールに対して。
ゴールに対して。

集中心を持って貪欲にプレイして貰いたい。
特にFWのあなた・・・。

勝たないと観客は減る。
危機感をもっともっと持って貰いたい。


・・・・・・・・・・・。


本日の「G裏町内会」の面々。と言いたいがMちゃんがいない。
N子さん、Kしゅん君、関東からの参戦、オツカメ様でした。
次節、水戸戦頼んだけんね。



でも、一緒に「大分よりの使者」歌いたかったね。


















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大分トリニータ G裏町内会

2010-07-15 07:47:17 | 大分トリニータ

もともと、私達夫婦2人で、ホームのG裏の目立たない所でひっそりと
おそるおそる(笑)座っていたのだが、あるご夫婦の誘いでコアサポの近くで一緒に観戦することに。

そこに、いろんな場所で見ていた友人、知人が集まって、
いつの間にか、20人を越える大所帯に。

名前とか何もなかったのだが、メンバーの中のブログに
まるで「G裏町内会」みたい、と書いた事により、
その日からなんとなく「G裏町内会」になった。

全員が揃う事はなかなか無い。
関東だったり、外国人だったり、その日仕事だったり、用事があったり、
転勤していたりで、誰かがいない。

でも、私にとって、この「G裏町内会」のメンバーに会う事が
なにより楽しい。

お互いの顔を見て、元気な事を確認し、近況報告し、最近行った所の
おみやげを交換し、写真を撮り、ご飯を食べ、おかしをほおばる。
その後やって来た人と時間差でいろんな人がいろんな事を好きかってに
あちこちでしゃべっている。 笑

話題はつきないのである。

いいなぁ、といつも思う。

何の事もない時間。
他愛もない会話。

でも、その空間はどこかの待合室ではない。

大分トリニータが好きで好きでたまらない人達の
楽しい空間なんだ。

その空間に自分がいられる事がうれしくてたまらない。
自分の中の大事なものを共有しあえる事がうれしい。

福岡以来約一カ月ぶりの再会だ。

一緒に片手を突き上げよう。
一緒に両手を広げよう。

笑って泣いて怒って叫ぶ、あの興奮が大好きな人々と又
味わえる。

大分トリニータをこよなく愛する「G裏町内会」の
人々に又会える。

トリサポで良かったと思える時間が又やって来る。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だから・・ぼけてないって・・・

2010-07-08 22:14:11 | 大分トリニータ


ごくごく最近あった出来事なんだけど・・。
時は夕方、大分から臼杵へ向かう高速道路。
突然甲高い警告音が車のナビ付近から「ピピピピピ・・・・。」

「なになに?」・・パニックになる2人。
「警告音だ」と私。

「何の警告?」と奥様
「おそらく車の故障かなんかだと思う」

「え~どうするの?」と奥様。

片側一車線のため、車を横に止める所が無い。
バックミラーを見ると後ろの車が迫ってくる。
スピードはかなり出ている。

どうする?

その時突然警告音が止んだ。

早く高速から降りよう。

一般道に降りると、またまた警告音が鳴る。

落ち着いて聞く。

ナビの上に置いていた携帯からだ。

「は?携帯?」

何の事はない。

携帯のアラームだ。

そういえば前日18時にアラームをセットしたっけ。

そっか、そっか携帯かぁ。

「大体、ナビが警告音を出すわけないやん。」と奥様。
「・・・・そりゃあそうだけど」
(自分だってパニくってたくせに)は心の声。

「最近仕事忙しいよね?」
「・・・・まあね」

「夜、ぐっすり寝れる?」
「・・・・まぁね」

「物忘れが激しくない?」
「・・・・うん?・・いやそんなには・・」

「会社から家に間違わずに帰れる?」
「まぁナビがあるから・・・え?何が言いたいの?」

「ぼ○の始まりかなぁ」
「ぼ○?」(だれがじゃ)・・当然心の中。

「次、連休だし、温泉でも行ってゆっくりしようよ」
「う~んどうするかなぁ・・・」

「予約しとくよ」
「え?どこに?」

「気にしない、気にしない」
「・・・・・・・・」


という事で(何がという事かわからないが)
奥様と母の3人で杉の井ホテルへ。

到着。

何は無くともまずは棚湯温泉へ。
普通の日なのになんでこんなに人が多いの?
っていうくらい多いんだけど。



部屋の中から見た夜景。
昼はなんでもないごく普通の風景だけど、
部屋の灯りが夕方になって少しずつ点いていくと
その灯りの数だけ人生があるんだなって、何とも言えない
気持ちになってしまう。

で、4回も風呂に入った奥様。
絶対ふやけてるね。笑




次の朝、3人でパチリ。

車イスでエレベーターを移動して気付いた事なんだけど
ほとんどの人が「どうぞ、お先に」って言ってくれた。

子供が先にエレベーターに乗ろうとしたら、子供に「こっちに来なさい」と
怒った若いお父さんもいたし、テレビ等で悪い人ばかり放送していると、
世の中そんな人たちばかりかと、勘違いしてしまうけど、実際は
こんなやさしい人がほとんどなんだろうね。

体がリフレッシュしたところで、心のリフレッシュに、ハスの花を
見に行く。

臼杵石仏のすぐ横のハスを見に。(無料です)


心癒される田舎です。






























まだまだつぼみも多いので、ぜひ見に行ってください。
石仏はアジサイがきれいですよ。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

むすめへ

2010-07-06 22:30:42 | 大分トリニータ

29年前の今日、奥様から娘が生まれたよの知らせがあった。
記憶が確かなら奥様に「よく頑張った、ありがとう」と言ったようだが・・・。笑

娘の顔を見た。
嬉しくてたまらないはずなのに、なぜか喜びより、一人の親としての
責任の重さに負けそうになった思いがよみがえる。

これからこの子が大きくなるまで、ケガをせず、病気をせず、
倒れる事なく家族を守っていかなければならないという
男親としての思いの方が強かった気がする。

そして、その2年後、自分の命より大事な魂が又生まれた。

息子だ。

この二つの魂を守るために自分はがむしゃらに生きてきた気がする。

この息子が結婚前日、私達にDVDをくれた。

その中の言葉。

「僕はあなた達の子供で良かった」
「生んでくれてありがとう」

この言葉でしゃかりきに働いてきた肩の重さが、
軽くなった気がした。

そうなんだ、あなた達は自分の足でしっかり人生を歩いているんだ。
逆に守るべきものを見つけてるんだ。

面と向かって言えないから・・・。

「私も2人の親で良かった。」

「生まれてくれてありがとう。」

娘よ。
誕生日おめでとう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺は大丈夫・・・じゃあないからね。

2010-07-04 08:43:06 | 大分トリニータ

免許証の更新に行った。
そこで目にしたもの。















見てのとうり「酒を飲んだら運転するな」という意味のラベルが貼られている一升瓶。


なんか複雑な気持ちもしたが、実際そのとうり。
何年か前に私の友人A君が酒が原因で会社を辞めた。

A君は野球大会の運転手兼選手として大会に参加。
午前中に負けてしまい、午後からは応援のみ。

行きはA君、帰りは他の人が運転と決まっていたらしいのだが、昼の弁当にお茶代わりに出たビールを運転するはずだった人が飲んでしまった。

もちろん主催者は運転をする人はビールを飲まないように、お茶を飲むようにと言って
いたらしいのだが・・・・?。

A君は帰りは運転をしなくていいと思っていたため、A君もビールを飲んでしまった。

運転手がいない。

しかたなくA君が飲酒運転としりつつ、運転をした。
結果、飲酒検問に引っかかった。

酒気帯び運転。

その夜、泣きながら電話をしてきた。
「飲酒で捕まりました」・・絞りだすような声だ。

クビになってしまう。
会社のコンプライアンスに反するからだ。

一年に一回、SDカードを取ると何月何日にどんな違反をしたのか
解るようになっている。

つまり酒気帯び運転で捕まると、会社を解雇という事になってしまうわけだ。

A君には妻と子供が2人いる。
まだ小さい。
目の前が真っ暗だという。
「なぜ、解ってて運転したんだ」・・言う私もつらい。

A君は後悔した。
でも、だれにもどうする事もできない。
電話の向こうで泣くA君の言い分を黙って聞いてあげるしかなかった。

「酒を飲んだら運転はできない」

こんな事、幼稚園児でも知っている。

でも、現実は

「俺に限って大丈夫だ」
「俺に限って捕まらない」
じゃないだろうか。
私も含めて、家族や友人を悲しませる飲酒運転だけは、本当にやめて欲しい。

ただA君には、岡田監督の言った言葉。


「人間万事塞翁が馬」=「じんかんばんじさいおうがうま」



と言う言葉を私も贈りたい。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加