2017-8-8 スポパへ(町田戦の前に)行ってきました

2017-08-09 21:04:12 | 大分トリニータ
先日、津久見市の太田ぎょろっけ様に8月9月のポスターを貼りに行ってきました。



前日に奥様と連絡をとり約束した時間にお伺いしました。


「これを貰ってください」と言って奥様が持ってきたのは袖を通していない新しいユニでした。
背中に「KANAZAKI」とあるので「金崎 夢生」がトリニータにいた時に買ったものでしょう。
亡き社長は1度も大銀ドームに行ったことはないので、奥様がいつか2人で行こうと思って買っていたものなのでしょう。
「大事にしますから」と言っていただきました。


もう1枚は「太田ぎょろっけ」様のTシャツです。
これも新しいものです。
お盆にお参りに来ることを約束してご自宅を後にしました。

横浜戦の朝、「必勝祈願」に行った神社で「社長、一緒に戦ってください」とお願いしました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                          
常田 克人選手 ベガルタ仙台より期限付き移籍加入のお知らせ 

(ときだ まさと)選手です。


この度、ベガルタ仙台より常田克人選手が大分トリニータへ期限付き移籍加入することが決定いたしましたので、お知らせいたします。
尚、今回の移籍は育成型期限付き移籍となります。


【期限付き移籍期間】
2017年 8月 6日~2018年 1月 31日 ※育成型期限付き移籍
【ポジション】   DF
【背番号】     42
【出身地】     埼玉県
【生年月日】    1997年11月27日 (19歳)
【身長・体重】   187cm / 81kg


【特徴】     長身を活かしたヘディングや対人の強さ、左足から生み出される正確なフィード


【コメント】 
「ベガルタ仙台から育成型期限付移籍で加入することになりました、常田克人(ときだまさと)です。
勝利のために自分がすべきことを考え、実践してチームに貢献したいと思います。応援よろしくお願いします」


さて今日はあの劇的なアディショナルタイム弾で勝った勢いそのままに明るいスポパだろうと思いながらやってきました。
ところがどっこいチームは暗く・・・なーんてオチはなく、あのラインダンスの明るさそのままのさんぺーちゃんがいました。



しかしさすがに笑顔は最初だけで練習に入ると最後まで厳しい顔が崩れることはありませんでした。


そして伊佐。


横浜戦、相手は最後の方は引き分け狙いだったようですが、虎視眈々と狙っていたのがこの男。


見事に相手ゴールをこじ開け、勝ち点3をゲットしました。


こちらはTMでハットトリックの容平。


一瞬のスキを逃さずゴールに叩き込む。


そんな豪快なゴールを待ってるよ容平。
(本当はどんなゴールでもOK(笑))


川西、もちろんそのプレーの素晴らしさはみんなが認めるところではありますが・・・。
今日はそこではありません


今さらですが・・・なんだかブルマーっぽい(笑)


気にしなければ良いんだろうけれど、気にしだすと気になる(笑)


ところが、さらにさらに今更ですが山岸キャプテンも(笑)


たぶん暑がりなんだと思われる・・・が。


気にしなければね(笑)・・・良いんだけれど・・・気になっちゃうんだね(笑)


結婚を公表した後のレイチェル最初の試合はキレキレでしたね。


サイドチェンジからのドリブル、切込み、クロスととにかくボールを持つとワクワクが止まりませんでした。



そんなレイチェル大好き芸人(笑)の伊佐くん。
今日も背中から手を入れて、悪いことをしておりましたよ(笑)


なぜかずっと笑っていたごっちゃん。


ボールを持つと何かを期待してしまうシキ。


安定感バツグンの鈴木 義。



同じく鈴木 惇。


サポは待ってるよ「岩田とキヨ」




8月7日は大津の誕生日でした。
ただしその日の練習はオフ。


そこでいつもの水かけイベントは昨日(8月8日)決行。
(大津 そんなに油断していて良いの?)


まずは川西が軽くジャブ。
この時は、何とか逃げたものの・・・


コーチと昂洋に捕まりました(笑)


ただし・・・


1歳年下の昂洋はメッチャ遠慮しているのか、かけるのは大津の背中(笑)


頭か顔を狙え! とどこかで突っ込む声が聞こえてきました(笑)



やってくれたのは2歳年下の智輝(笑)
もろに顔に「バシャ!」


「そこまでするか?」と大津。


「ああはは 捕まえられるものなら、捕まえてみな」


「この野郎~! 待て~!」
「あははは 捕まえられるなら捕まえてごらん」・・・・(ってカップルか(笑))


そこにランニングから帰ってきた川西から右ストレート(笑)


大津、ダウン寸前。
でも・・・倒れる前に一矢報わねば(笑)


おお!  なんと大津反撃。 川西に強烈なパンチを浴びせました。
川西危うし! ダウンか?


というような奇跡は漫画の世界(笑)
すぐさま反撃をくらい・・・



ノックアウト寸前の大津。
もうフラフラ状態。


さぁ後はとどめの一撃をくらわすのみ(笑)
チャンピオン川西にはまだ秘策がありました。


果たしてその秘策とは・・。


おお! なにやら拳に握っています。
これは何でしょうか?



なんと!  氷の粒でした。
大津選手 これにはさすがに「参りました」
チャンピオン川西 見事にベルトを防衛しました(笑)


これで今日のイベントは終わりと大津の緊張が解けたとき。
高木が静かに近づいてきました。
大津、ここで何かの殺気を感じたのでしょう。


大慌てでクラブハウスに帰って行きました(笑)


さて、選手が出てくるまで時間があります。
今日ご一緒させていただいた皆さんです。
暑かったですが楽しかったです。


こちらは以前もここで会った3人の子供さん達。
4歳の双子ちゃんと6歳のお兄ちゃん。


どの選手が好き? 双子の妹ちゃんは「つばさくん」
他の子供たちは? 「今度 考えとく」と応えてくれました(笑)
可愛い3人です。 また会おうね。


今日も出待ちをしました。
岸さんに「伊佐くんのインスタで彬さんといつも仲良く肩組んで(イエー!)ってやってるの、居酒屋のようで楽しそうですね」って聞こうって言ってた嫁(笑)


すっかり忘れていました(笑)


でもソンスには「昨日のライブ楽しかったよ」と忘れなかった嫁(えらいよ)


ソンス、少し照れながら「フフフフフ」


「じゅんくん、オシャレ~」とおば様。
(最近知ったことですが、女性は選手がどんな私服を着ているのか興味があるらしいです)
(へーそうなんだ、驚くことが多いです)


「姫野」


「直人」



「翼」


「シキ」


シキちゃん、時計を見せてとお願いしたら見せてくれました。


これシキちゃんに似合ってる。
奥さんのプレゼントかなぁ。
通訳のアレさんがいなかったのでわかりませんでした。
(私は服より小物に興味津々です)


「岸田」


常田 克人(ときだ まさと)
なんて呼ぼうかとみんなで話しました。


「トッキー」は私の中では「土岐田洸平」だしなぁ、と言うと「じゃあトキは?」と聞かれたので「トキは(北斗の拳)やなぁ」と、ぼけたけれど「誰それ?」な雰囲気に(笑)
やっぱり「トッキー」かなぁ。


「フック」


「レイ」


「たっくん」


「ごっちゃん」


「國分」


「さんぺーちゃん、ゴールおめでとう!」とみんなで言うと「ありがとうっす」


「次もお願いね」に「うっす」といつものようににこやかに去って行きました(笑)


「伊佐くーん ゴールおめでとう」とみんなで拍手すると伊佐自身拍手をしながら歩いてきました(笑)


嫁が「昨日のライブにコメント書いたよー」と言うと「あはははは」と嬉しそうでした。


「またやってねー」


私が「またハートの(イイね)の連打をしまーす」と言うと振り向きながらピースサインをしてくれました。


本当にナイスガイですね。


4人出てきました。


大津におば様たちみんなで「ハッピーバースデー・ツーユー♬ ハッピーバースデー・ツーユー♬ 」と合唱。


大津、恥ずかしいのかおば様には目を合わさず私しか見ません(笑)


すかさず「なに恥ずかしがってんねん」とジャニちゃんから突っ込まれるも・・


大津、ひたすら照れまくり(笑)


さらに「だれとも目を合わせてへんやん」とさらに突っ込まれていました(笑)
(関西弁が違うかもしれませんが大体意味合いはこんな感じでした(笑))


ただね、そういうジャニちゃんもそうとうな照れ屋、ということを私は知っています(笑)

                  
大津選手 22歳 誕生日おめでとう!  




さて明後日はあの町田戦です。

2015年12月6日 14時26分 審判の長い笛が吹かれた瞬間の大銀ドームを昨日のことのように思い出します。


負けたんだ。
俺たち負けたんだ。
来年J3なんだ。
J3ってなんだろう?
プロじゃないってなんだろう?
ぼんやりとした感情の中で自分の気持ちを整理できずにG裏に来た選手を傲然と眺めていました。
松葉づえをついたさんぺー。
泣きじゃくるレイチェル。
そんな光景を悲しいとか悔しいとかいう感情無しにじっと見ていました。
考えることを否定した自分がいました。
「帰ろうか」という嫁の声で我に返りました。



もちろん町田さんに恨みつらみは毛頭ありません。


ただ「町田」と聞くだけであの時間を思い出すのは今季で終わりにしたい。
極論を言うならば他のチームと全て引き分けに終わっても、この町田だけには勝ちたい。
(もちろんこれは私だけの考えで同調してほしいとは思っていません)

絶対に勝ちたいし勝たなければいけない。
ホーム100勝!
今季初の3連勝!
そして町田にリベンジ!

舞台は全て整っています。
行きましょう。
ホーム大銀ドームに集まりましょう。
1人でも多くの声援が力になります。

           
勝て! 大分トリニータ!!
集まれ! 大分12番!
 


(今回も楽しい時間でした。みなさんありがとうございました)






















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (動画)2017-8-6 大分トリ... | トップ | 2017-8-11 第27節 町田戦 ... »
最近の画像もっと見る

大分トリニータ」カテゴリの最新記事