「動画」 2018 大分トリニータ 開幕前イベント竹内・後藤・兼田・三平・刀根)

2018-02-18 20:13:01 | 動画 大分トリニータ

2018年2月17日にパークプレイス大分で行われた「大分トリニータ開幕前イベント」の動画です。
行きたくても行けなかったトリサポの皆さん雰囲気だけでもどうぞ!



「動画」 2018 大分トリニータ 開幕前イベント(竹内・後藤・兼田・三平・刀根)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018-2-4 香港・マカオに行ってきました(その2・・完結)

2018-02-15 21:51:14 | 
2018年2月6日(火)3日目 天気は晴れ 気温は8度。
10度を下回ることがないという香港にしては珍しく寒い朝です。
遠くの方が少しもやっています。
ホテルの下に見えるのは「ゴールドコーストビーチ」
人工のビーチで砂浜の長さは 545mです。


午前7時30分 ホテルを出発。
これから朝食に向かいます。


午前8時 会場に到着。


この日は「ワンタン麺」
量が少なく感じましたが、食べ始めると意外と多くてこれだけで満腹になりました。



「香港からマカオへ」
同じ中国圏ですが、パスポートは必要です。
ただし「マカオに入る、出る」の入・出国カードは要りません。


ただ、香港からの出国カードは必要ですし、香港に入る入国カードも必要ですのでここを勘違いしないように。
私たちはここを完全に間違っていて、どちらも必要ないって思っていました(笑)


香港からマカオへは高速船で約1時間です。
値段が面白いんです。
香港からマカオへの値段は171HK$(約2565円)です。
が、マカオから香港の値段は160HK$(約2430円)と11HK$(約165円)安いんです。


高速フェリー(カタマラン)には「ターボジェット」と「コタイジェット」の2種類あります。
「ターボジェット」は赤が基調で、設備は古め。
「コタイジェット」は青が基調で全体的に綺麗(シートは革)だそうです。


私たちは「ターボジェット」でした。
残念、青(トリニータブルー)が良かったのですが(笑)


この船は本当に早かったのですが、少し揺れるので船に酔う人は薬が必要かもしれません。


船内にはドリンクやポテトなどを売っていました。



トイレの数も多かったので混雑することはありませんでした。
ただし男性も女性も同じトイレです。


席はすべて指定席です。
これは入るときにチケットを見せるのですが、この時に一人一人見せるのではなく、
4人なら4枚まとめて見せると席がバラバラにならないように近くにしてくれます。
知っておくと便利です。


私たちの席は窓際でした。


ただし窓は海水で汚れてよく見えません。
隣にトリニータブルーの「コタイジェット」のかっこいい船体が見えただけに残念でした(笑)


船外には出れませんので「外の景色をゆっくり見て船旅を」、などと思っているとがっかりしてしまいます(笑)


「マカオ」



この橋の下を通るとマカオの港に到着です。
初のマカオにワクワクします。






イミグレーション(入国審査)もめちゃくちゃスムーズで、ほとんど待つことなく通れたのはラッキーでした。




エスカレーターを上がるとこの日お世話になるバスが待っていました。



綺麗なバスです。
半日ですが宜しくお願いします。




ガイドさんの日本語があまりに上手いので驚いていると日本人でした(笑)
やはり聞きやすいですね。


この日もいつも通り席は一番後ろに陣取ります(笑)
面白いのは一度席が決まると、みなさん最初の日から帰る日までずっと一緒なんですね。
これも日本人の気質なんでしょうかね(笑)


マカオの建物はヨーロッパの雰囲気がありオシャレです。
香港の鉛筆のように細い建物とはまるで違うのが分かります。
高層住宅はあまり見かけません。




さてマカオといって最初に思い浮かべるのは何でしょう?
そうです世界遺産とカジノですね。


そのカジノですが現在はラスベガスを抜いて世界一の売り上げを誇るのがこのマカオだそうです。


「カジノ」
はい、ここがそうです。
ただしこの周りには「質屋」さんがたくさんあります。
なぜか?  理由は分かりますね?
勝つ人はごくわずか、圧倒的に負ける人が多いわけですから質屋は絶対に必要なんです(笑)
ただしギャンブルをする人は、自分はその「数少ない勝ち組」だと信じて疑いません(笑)
だからカジノはすたらないんですね。
・・・と若いころ、嫌ってほど痛い目にあった本人(私)が言うのですから間違いはありません(笑)


さてここから重要なんですが、最初に香港の通貨は「香港ドル」、マカオの通貨は「パタカ」ですよと書きました。
このマカオでは香港ドルもパタカも使えますが、香港では「パタカ」は使えません。
もちろん日本でも両替はしてくれません。
つまり「パタカ」はこのマカオのみでしか使えないんです。


1HK$=1パタカ=約15円 になります。
日本円をパタカに換えれますが、パタカを日本円にはできません。
ということでお釣りをパタカで貰った場合は必ずマカオで使い切りましょう。


「マカオの人口密度」
マカオの1平方キロメートルあたりの人口密度が約2万3000人です。
世界で最も人口密度の高い地域として知られています。
シンガポールの約2.6倍、香港の約3.1倍、東京都の約3.4倍です。
香港よりもさらにぎゅうぎゅうにした感じですね。


「マカオ 世界遺産」
マカオの世界遺産の数は全部で30ヶ所です。
そのすべてがマカオ半島内にあり、その面積はわずか9.3平方kmととても狭いんです。
時間さえあれば全部を歩いて回れそうです(私は無理ですが)


「聖ポール天主堂跡」
まずはその代表格「聖ポール天主堂跡」です。
後ろから。


横からになります。


正面から。
火災で壁だけが残っています。




天主堂の建設には、日本人キリシタンも携わっていたと言われています。
ファサードに施された彫刻です。
聖母マリアが7つの頭を持つ龍を踏みつけたものがあります。
これは一説によると、龍はキリシタンに踏絵を強制した徳川家康ではないかと言われています。




もう一つ、これは日本で見かける「狛犬」に似ています。




「ナーチャ廟、旧城壁 」
ナーチャ廟は聖ポール天主堂跡のすぐ横にある小さなお寺(1888年創建)
ナーチャとは暴れん坊の男の子で、西遊記にも登場します。


その横には旧城壁があります。
この壁は17世紀初期にポルトガル人が外敵を防ぐために築いたものです。


つまり西洋、中国、ポルトガルの建造物をこの場所で見ることができるわけです。


ここから下に降りてみましょう。
香港はコンクリートでしたが、マカオはこのような石畳が多く見れました。


「バズ」を撮ろとしたら、その横の配線の裸状態が気になりました。
これで火災など、大丈夫なんでしょうか?
心配ですね。


ここの階段ではいろいろな国の人が聖ポール天主堂跡を背景にして撮っていました。


これはご存知「エッグタルト」
マカオの名物グルメです。
濃厚なクリームと外のサクサクとした食感が特徴です。
1個=10パタカ(150円)と安い。




さてここから「セナド広場」に移動します。
見ての通り、人であふれかえっています(笑)
実は女性のガイドさん、普通は持っている目印になる長い棒を持っていないために何人かのシニアさんが迷子になりかけました。
やはりこんなに混雑する場所では必要かもしれません。


ミルクティーなどおいしいそうなソフトドリンクを売っていましたが、買う時間がなかったので残念ながらスルーしました。


「聖ドミニコ教会」
16世紀後半のバロック様式の教会です。
色はレモンイエロー。
かつてはポルトガル領だったことを感じさせます。


よく見ると「A」と「M」の組み合わせですね。
これはアベ・マリア様からとった頭文字のようです。


「セナド広場」
白と黒のモザイク模様が美しい広場です。


マカオでも香港と同じく「春節」をお祝いするカウントダウンが始まっていました。










ここはマカオでもっとも有名な土産店「鉅記」です。


この建物に風車がありました。


マカオでは風車は「順風満帆」の意味を持ち縁起物とされています。


「バス」
香港のバスは2階建てのダブルデッカータイプが主流ですが、マカオは道路が狭いせいかバスは小型です。
2階建てはありませんでした。


さて移動して昼食の時間です。


「昼食 ポルトガル風料理 ビュッフェ」
ここからエレベーターで3階に上がりますが、


実は1階が「カジノ」なんです。
自由になる時間は40分間。
どうする? どうしよう? 行くか? やめるか?


とりあえず ご飯を食べて考えよう(笑)


まずはビール。


ビュッフェだから時間もかからないし、簡単に済ませて。
さぁどうしようか?


と迷っていると・・・。
嫁「近くにスーパーマーケットがあるから付き合ってね」
私「え? でもカジノがあるし・・」
嫁「カジノで何するの?」
私「スロットマシンがいいかな?」
嫁「スロットなら日本でもできるんじゃないの?」
私「それはそうだけど・・・」


ということで、これはカジノのコインではなく「パカオ」という硬貨です(笑)
つまりスーパーマーケットで買ったおつりです。
で結局カジノは入り口を見ただけで終わりました(笑)



マカオといえば世界遺産、カジノの他にすっかり有名になったマカオタワーに移動します。


「マカオタワー」


                 
バンジージャンプ

マカオタワーといえばバンジージャンプです。
233メートルの高さから自由落下時の時速200キロ。
世界一の高さとして、現在ギネス記録に認定されています。
中国語で「笨豬跳(バカな豚が飛ぶ)」と書きます(笑)

料金はHK$3,488(52320円)と値段も世界一かも(笑)


            
「スカイウォーク X 」 

さらにマカオタワーの展望台の外側(幅1.8メートル)を家族や友達と一緒に歩くスカイウォーク X。

料金はHK$788(11820円)

           
「スカイジャンプ」

バンジーはちょっと。。。という方に
自由降下ではなくハーネスで落ちるスピードを調節。
時速75キロメートルの速さで17秒間のジャンプを楽しめます。

料金はHK$2,588(38820)



                 
「タワークライム」

マカオタワーの61階(地上233mの高さ)から、338メートルまでをはしごを使って登るアトラクション。
1日2回のみ: 11:00am または3:00pm

料金はHK$2,288(34320円)


ちなみに私は「高所恐怖症」なので全てスルーです。
世の中で一番怖い乗り物は「観覧車」(これはホント)


さて時間がありません。
またまた移動です。


「媽閣廟(マコミュウ)」

媽閣廟の読み方はマコミュウ。
媽閣廟は航海の女神「阿媽(マー)」を祭ったマカオ最古の寺院です。


この「阿媽閣」の広東読みが「マカオ」の音でマカオの地名の由来になったと言われています。


「媽閣廟」は、後ろに山、前に海という風水上非常によい位置にあり、パワースポットといわれています。


これで香港のパワースポットとマカオのパワースポットを制覇しました(笑)
お店の前には「4m」ちかくある線香を売っていました(笑)
これで3日3晩 燃え続けるそうです。
逆にたったそれだけしか燃えないの?って思ってしまいますよね。
(人によっては1年燃え続けるという説もあり)
値段は45000円って安いのか? 高いのか?


「許願球」 
日本の絵馬のようなものです。
カップル、夫婦が長く一緒にいられるように願うとご利益があるそうですよ。
もちろん独身女性は良きパートナーを募集するのもありですから。


廟内には「百年夫婦樹」という木があります。
この木に結んでいる方もいました。
値段は40パタカ(約600円)です。  


バスに帰るのに道路を横断します。


しかし、信号がすぐに赤に変わるので真ん中で待っています。
1回の信号で渡るには走るしかないのかもしれません(笑)
もう一つ、マカオでは点滅が始まったら青信号でも渡れないそうです。


さてマカオの観光が終わりました。
これから再び 香港に帰ります。
マカオタワー、サヨウナラ。
もし今度来ることがあってもバンジーをすることは無いからね(笑)


カジノ サヨウナラ。
もし今度来ることがあってもカジノをすることは無い・・・ことも無いかも(笑)


さぁ「ターボジェット」で香港に帰ります。
約1時間の船旅です。
揺れなければ良いのですが(笑)


値段は来たときよりも11HK$(165円)安くて160HK$(2400円)です。
同じ船で同じ会社で値段が違うって面白いですね。

「香港に到着  ハプニング」    
いつもなら1回や2回はあるハプニングが今回はなくて良かったなぁ、なんて思ったのが間違いでした(笑)


やっぱり起こりました(笑)
バスのドアが開かないんんです(笑)


運転手さんがガイドさんになにか指示をします。
車の下に手をやってガチャガチャ動かしていますがドアは開きません。
5分、10分と時間が過ぎていきます。


そのうちツアーの男性も一緒になってガチャガチャやり始めました。
さらに5分後。
やっとドアが開きました。
このとき「1度あることは2度目もあるかも」といや~な予感がしてきました(笑)


 「女人街」  
バスで向かっているのは「女人街」です。
何やら怪しいネーミングですが一言でいうと衣類や雑貨などの「露店」が並ぶストリートのことです。


ここで孫たちのお土産を買うつもりでした。
しかし先程のハプニングで時間が少し短縮されてしまいました。


買う時間は「30分間」
まず1軒目に声をかけた店員さんは売る気が無いのか返事をしません。
続いて2軒目。
値段が書いていないが日本で300円から500円くらいと見当をつけて「いくら?」と聞くと「200HK$(3000円)」との返事。
「じゃあね」と去ろうとすると「いくらなら買う?」と聞いてきましたが時間がないのでさっさと次に行きます。


3件目。
やっと値段が書いているお店がありました(本当にこんな店は珍しい)
それも1個の値段、3個の値段、5個の値段、7個、10個と個数ごとに書いているのも嬉しい。
時間がないのでまとめ買い。
値引き交渉は一切しません。
それでも孫たちのお土産が買えただけ良かった。
こういう場所が面白い人もいるだろうけど、私は苦手で仕方がない(笑)


さてこれからバスで夕食会場に移動します。

ここからはガイドさんの話。
「香港の人を見て絶対に中国人とは呼ばないでください」
香港の人もマカオの人も中国人と呼ばれるのを嫌っているそうです。
「私は香港人ですから」とガイドさんは何度もおっしゃっていました。



さてここで問題です。
「酒家店」と「酒家」の違いが分かりますか?



「酒家店」=レストラン
「酒家」=ホテル  
逆な感じがしますね(笑)


「夕食 広東料理」


ここも春節の飾り付けをしていました。


2階にエスカレーターで上がります。


何は無くてもまずはビール(笑)


香港で食べる最後の食事になります。
明日は飛行機の中での朝食となります。


いつものように円卓の料理はすべて嫁に取ってもらいます(笑)


ここで香港の食事マナーです。
日本人は皿を持ち上げますが香港ではマナー違反となります。


今回のツアーでも最後に少し残った食べ物の皿を持ち上げて自分の皿にかきこんでいましたが、これはだめですね。






早目に食べたので外に出て写真を撮ることにしました。
道向こうに香港の「スタバ」が見えます。
値段を調べてみました(少し違うかもですが)

カフェラテ(tall)  香港33HK$(495円) 日本=370円
フラペチーノ(tall) 香港39HK$(585円) 日本=420円
香港の方が高いですね。


日本の居酒屋 焼き鳥 がありました。
値段は香港価格なんでしょうかねぇ、行きたかったなぁ(笑)


クロネコヤマトの宅急便の方がいました。
話しかけたかったのですが仕事中らしかったので遠慮しました。


お腹もいっぱいになり次に向かったのは「シンフォニーオブライツ」


「シンフォニーオブライツ」
「世界最大の光と音のショー」としてギネスに認定されています。


ショーは香港島と九龍半島の両方で行われます。
そのため、どちらからでも見られるようになっています。



午後8時から10分間。
どんな素晴らしい景色が見れるんだろうと期待しました。
始まりました。
でもなんか違う。
なんか期待していたのとは違ってしょぼい。
最初はたくさんいた見物客も始まって数分で帰り始めました。
それでも最後は盛り上がって空が光に包まれるかも、って期待していましたがいつのまにか終わっていました。
もうね、最初に見た夜景の感動だけで良かったんじゃないって思ってしまいました。


そして最後に迎えたのが香港に来て最大の楽しみだった「オープントップバス」です。


このオープントップバスは観光目的のみに走っているもので、公共交通機関ではありません。
ですから香港の人は乗ったことがないというのが実状なのです。
バスツアーに参加した旅行客だけの特権ですね(笑)


「オープントップバス」 
1階のシートは、通常よりも少し大きく、クッションも効いています。
2階は座った時の腰や背中のカーブに合わせた背もたれで安全ベルトも付いています。
なお走行中は立ち上がってはいけません。
(立ち上がって良いときはガイドさんが教えてくれます)


さて出発です。
みなさん覚えていますか?
この日の朝の温度は今年一番寒い8度でした(笑)
夜になるとさらに温度は下がっています。
その中をオープンカーで走ろうとしているんです(笑)
ということで「しゅぱ~つ」


まずは香港人が冬に見たいと夢見る「雪」を近くに見ながら・・・


綺麗な夜景が目の前に迫ってきました。


これが思っていたよりスリルがあって楽しいんです。



まるでジェットコースターに乗っているような気分になります(笑)










「にこちゃんマーク」のような可愛い車体のオープントップバスを横目に見ながらバスは進みます。


びっしりと露店が並ぶマーケットを上から覗き込みながらバスは進みます。



巨大な看板が左右のビルから突き出しています。
少し手を伸ばせば届きそうです(笑)
(でもそんなことをしてはいけません)


「ハプニング 違法駐車の為 バスが曲がれない」
ここでハプニングです。
角に車が停まっているためにバスが曲がれません。
「あ~あ」
クラクションを鳴らしますが誰も出てきません。
後ろが詰まってきました。
バスは曲がることも後ろに下がることもできません。
そのうちに後ろの車のドライバーが切れたのでしょうかクラクションを鳴らし続けています。
ふと横にいる嫁を見るとニヤニヤ笑っています(え?なんで?)
そういえば先程のバスのドアが開かなかったときも嫁はニヤニヤ笑っていました。
ハプニングを楽しんでいるのかなぁ。
(いまだにその理由を聞けないでいます(笑))


10分後、後ろの車はしびれを切らして1台もいなくなりました。
バスはバックして迂回します。


左に「吉野家」が見えてきました。
香港の牛丼(並)の値段は37HK$(555円)
日本では牛丼(並)の値段は420円。
香港は高い(笑)


さらにこんなところも走ります(笑)


ギリギリのところまでせり出している赤い看板の下をオープントップバスは走り抜けます。


今回は少し寒かったですが世界屈指の香港の夜景を楽しみながら
スリルと爽快感が味わえる屋根無しのダブルデッカー(2階建て)のオープン トップバスは最高でした。
もう一度、今度は暖かい日に乗りたい(笑)



2月7日(火) 天気は晴 4日目 帰国する日
今日は観光はありません。
このまま「香港国際空港」へと向かいます。
お世話になったガイドさんにお礼を言って別れました。
とっても感じの良い人でした。
香港の「ビリー」さん。
マカオの「キバヤシ」さん。
ありがとうございました。


午前11時5分発 KAー0380便 キャセイドラゴン航空
早めに着いたので空港でゆっくり買い物でもと思ったのですが、ここで最後のハプニング(笑)
この空港、ほんとに大きいんです。


搭乗口の43ゲートまで15分ほどかかるんです。
実際に遠すぎて見えません(大げさでなく)
慌ててお土産を買いやっと着いてイスに座っていましたが、まだ数人しか集まってきません。
時間が来ているのにおかしいと嫁が首を傾けます。
ここで「ゲート変更がありましたよ」と空港スタッフさんが知らせに来てくれました。
慌てて22番ゲートまで引き返します。
が遠いんです(笑)
到着した時にはすでに搭乗が始まっていました。
(2度あることは3度あるもんですね)


帰りの機内食のデザートのハーゲンダッツは


「バナナ」でした(笑)


自宅に着いたら「疲れた~やっぱり家が一落ち着くなぁ」
と言っていたのに翌日には早くも次の行き先を探している嫁でした(笑)



2月6日深夜に台湾を襲ったマグニチュード6を超える大地震に私たちの安否を心配していただいた皆さん。
本当にありがとうございました。

ツアーでご一緒した皆さん、皆さんのおかげで今回も思い出に残る楽しい旅になりました。
またどこかでお会いしたいですね。
ありがとうございました。

香港・マカオに行ってきました(その2)・・完結です。































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018-2-4 香港・マカオ(3泊4日)に行ってきました(その1)

2018-02-11 19:52:48 | 
3泊4日で香港とマカオのツアーに行ってきました。
2月4日(日)から2月7日(水)までの4日間、といっても実質観光は5日と6日の2日間になるんですけどね。

台湾、韓国、ベトナム、カンボジア、上海とアジアばかりですがこれで夫婦での海外旅行は6回目となります。

嫁は今回、アメリカかタイに行きたいと考えていたらしく計画を立てていましたが、トリニータの諸々のスケジュールを待っていたら結局遅れてしまいました。
現在64歳の私。
あと何回海外に行けるのか、体力のある内にできるだけ遠くに行ってみたいと思っているのですが(笑)


//////////////////////////////////


ところで今更ですが、香港とマカオってどこの国か知っていますか?
どこがどう違うのか、分かりますか?
実は私も知りませんでした。
ということで、少しだけお勉強タイム。

「香港、マカオの歴史について」    
まずは香港の場所ですが中国の南部にある小さな半島および島(香港島)が香港です。
香港はもともと中国南部の小さな漁村にすぎませんでした。
しかし中国は1841年のアヘン戦争でイギリスに敗北し、イギリスに香港をとられてしまいます。
その後、香港は約150年にわたるイギリス統治を経て、1997年に中国へと返還されました。

ではマカオはどこにあるのかというとその香港の西側の位置にあります。
元々は香港と同じく小さな漁村でした。
そこに16世紀初め布教や貿易のためにポルトガル人がマカオに入ってきました。
1842年にイギリスがアヘン戦争に勝利して香港を獲得すると
ポルトガルも1845年に「マカオ自由港」の成立を宣言します。
そして最終的に1887年にポルトガルが統治権を獲得し植民地としました。

1997年にイギリスが香港を中国に返還すると、ポルトガルも
1999年12月にマカオを中国に返還しました。
                           
香港は正式には『中華人民共和国・香港特別行政区』
マカオは正式には「中華人民共和国・マカオ特別行政区」
といい、独立した行政システムをもつ自治区です。

したがって、中国本土の「人民元」に対して香港は「香港ドル」、マカオは「パタカ」というそれぞれの通貨があります。
また、同じ国内でありながら、それぞれの場所に行くにはパスポートが必要です。
中国本土では禁止されているカジノもマカオでは可能です。
1政府3行政ということになります。

////////////////////////////////////////////

2018年2月4日(日)
福岡空港 16時25分 キャセイドラゴン航空0381便でしゅっぱ~つ!


このキャセイドラゴン航空の元の名前は「香港ドラゴン航空」といい1985年の設立されたものです。


その5年後の1990年に「キャセイパシフィック航空」グループの傘下に入っています。


この機体はまだ「赤いドラゴン」でしたが、ロゴもだんだん「ブラッシュウイング」に変更されつつあります。

「機内食」     
ドリンクはワイン、ビール、ソフトドリンク、中国茶などがあります。
ビールを飲んだ後、足りない人は他の飲み物(ワインやソフトドリンクなど)も頼めるようです(笑)
まぁそうはいってもほどほどが一番なんですけれども(笑)


「ハーゲンダッツアイス」   
ここの機内食のデザートはご存知「ハーゲンダッツアイス」です。
私は「バニラ」でしたが嫁は「イチゴ」
他にも何種類かあるので帰りの食事に期待しましょう(笑)


「香港 到着」
16時25分福岡出発  19時25分香港到着です。
約4時間のフライトになります。
日本時間は20時25分ですが時差が-1時間あるので香港では19時25分となります。

「春節」     
ロビーでは犬が迎えてくれました。
なぜ? 犬? って思われた方はいませんか?
そうです中国はもうすぐお正月なんです。
つまり来年の干支が「戌(いぬ)」なんです。


2018年の春節の日にちは「2月16日(金)」です。
日本でいうと、この日が元旦になります。
日本でも特別な日のように中国でも春節の前後1週間は1年で最も特別な祝日となります。


「ゴールド コーストホテル」
20時50分 ゴールド コーストホテル」に到着。
(画像はHPより)


市街地から少し離れた静かなリゾートスタイルの5つ星ホテルです。


空港から車で35分ほど。
今回はこのホテルに3連泊となります。
ビッタレな私にはこれが一番楽なんです(笑)


ここでも来年の干支(戌)が出迎えてくれました。
ツアーのおばさま達(ほぼ私たちと同年齢)が「キャー! カワイ~」と写真を撮っていました(笑)


「公用語」 
公用語は「英語」と「広東語」となります。
本土の中国人とは同じ中国圏とはいっても言葉は通じないそうです(笑)


このホテルは2016年にリニューアルしているだけに非常に綺麗です。


香港では1年を通して10c以下の気温になる日がめったにないので「暖房設備」の無い施設が多いそうですが、このホテルにはありました。
この日は本当に寒くて暖房(設定28度)があっても寒くて寝れませんでした(笑)


お風呂も綺麗でした。


問題はトイレ(笑)
とにかく便座が冷たいんですね。
この日は香港では1年中で1番寒いとガイドさんも言っていました。
にも拘わらず便座を温かくする機能が付いていないんです(笑)
まぁおかげで朝は一瞬で目が覚めました(笑)


コンセントは「三叉」です。
電圧は220~240V(日本は100V)です。
ホテルでも貸してくれるようですが日本から持って行く方が間違いはないです。


香港の紙幣は
10、20、50、100、500、1000HD$の6種類です。
1HK$=約15円 となります。


今回 一緒に行ったのは「EOS 80D」と「18~300mm(昼用)」と「17~70mm(夜用)」の仲間たち(笑)


今日はこのままベットで朝までぐっすりでした。


2018年2月5日(月)2日目

天気は 曇り、気温は10度 かなり寒い朝です。
香港はイギリスのマナーが基本なのでレディーファースト。
(私は日本でも全て嫁が優先ですから今さら大丈夫です(笑))
さらにチップの習慣があります。
日本では「やってもらって当たり前のサービス」のベッドメイキングなどもチップです。
聞くと10HK$(150円)ほど。
私たちは2人なので枕元に毎日20HK$(300円)を置くことにしました。


ホテル出発 7時30分。
これから朝食を食べにバスで出発です。
私たちはいつものように一番後ろに座ります。
(一段高くなっているのと、写真を撮りやすいため)


今回のツアーはみんなで26人。
ガイドさんは香港人。 名前は「ビリー」さん。
(香港人の名前とイギリスの名前があるそうです)
彼は自分のことを「私は」ではなく「ビリーは」と呼びます。
これが私にはかなり違和感があったのですが、そこは「郷に入りては郷に従え」ですね。


バスから見たマンションの高さと細さに驚きながら「香港は大きな岩盤の上にあるので地震はありません」の言葉に納得(笑)


それにしても鉛筆のように細くてどうかするとポキって折れそうです(笑)



「朝食(広東料理)」


香港では朝はおかゆです。
日本では病人食というイメージがある「おかゆ」ですが香港ではこれは当たり前の食事。


なにやら結婚式らしきものがあるので聞くと、夜は結婚式会場になるという。


まずはビールではなく、まずはお茶です。
香港で太っている人が少ないのはこの食事の前の「お茶」らしい(笑)


最初に出て来たのが「アワビ入りおかゆ」


続いて「大根もち」
これは本当に美味しかった。


この円卓が私はどうにも苦手で仕方がない。


例えば8人座っていたとして最初にどれくらいの量を取って良いのかわからない。
8分の1でしょ、と言われればその通りなんだけれど(笑)
そのため円卓では全て嫁に取ってもらうようにしています。





さて朝食も終わりバスで移動します。


行き先は香港島の「レパルスベイ」
香港の南にある海岸の一つです。


歩いている人の服装を見ると皆さんダウンを着ています。
この日の気温は10度。
おそらくこの日が1年で一番寒い日になるのではないかとガイドさんの言葉です。
まぁたしかに寒いことは寒いのですが、そこまでではありません。
そういえば冬に香港で一番見たいものは?と聞くと香港人は「雪」と答えるそうです(笑)


バスの外を見るとなにやら車の渋滞が始まりました。
それもそのはず香港島に行くのに海底トンネルを走るのですが、その入り口が8車線からいきなり2車線になっているのです(笑)


だから入ったもん勝ち、って感じです。
譲り合いをしていたら前には進めません(たぶん)
とにかく少しの隙間に強引に入っていき、車間距離をギリギリまで詰めます。
当然 バスのドライバーさんも強引に入っていきますが、あちこちでクラクションが鳴り響きました(笑)


 「レパルスベイ」    
香港島に入ると景色が変わってきます。
緑が多くなってきました。
でもここは土地が高すぎて一般人は住めないそうです。


ですからここは大富豪が多いことでも知られています。


                          
ザ・レパルスベイ(The Repulse Bay)

そんななかで最も目立つ建物に、レパルスベイのシンボルともいわれる「ザ・レパルスベイ」があります。
その建物の真ん中には大きな穴があいています。
これは、風水によって建てられたという香港でも有名な建物なのです。
背後の山からの気(風)を海へ通すために、大きな風穴が開けられたということです。


バスを降りて数分も歩くとなにやらたくさんの神様が見えてきました。




「お金の神様」
これは有名なお金の神様です。
まず頭に触り、触った手を握ったままポケットに入れて(神を)逃がさないようにする、というもの(笑)


この橋は渡ると「3日間」長生きできるそうです。
私の寿命目標が100歳ですので、めでたく「103歳」となりました(笑)


え~その他にも神様がたくさんいましてご紹介できませんが、一通り拝んできました(笑)






この「レパルスベイ」は海水浴場として有名です。
ハリウッド映画「慕情」の舞台となった場所でもあります。


この海岸の白い砂浜はヨーロッパから輸入されたものです。


海に面して高級マンションが数多く立ち、お金持ちの欧米人が多いそうです。



//////////////////////////////////////////////////////////////

さて再びバスに乗って移動です。
香港では「公共交通機関」に時刻表がありません。
例えば香港の地下鉄「MTR」
料金が安く、本数も多く便利ですが時刻表はありません。
あるのは始発と終電の時間のみです。
バスも同様ですから要注意。


これは足場に使う竹です。
もう少し具体的に言えば、「建設現場で作業する人たち のための仮設の床や通路」のこと。
日本ではもちろん竹を使うことはありませんが、香港ではこの竹が一般的に使われています。


///////////////////////////////////

「香港返還式場」
イギリスから中国への返還式が行われた場所です。


金のモニュメントは香港の国花「バウヒニアの花(紫荊花)」です。


香港返還記念に中国政府から香港の永遠の繁栄を願って贈られたものです。


//////////////////////////////

「スターフェリー」

私たちが現在いるのは「香港島」
これから「スターフェリー」に乗って九龍に帰ります。
といってもわずか6分なんですけどね(笑)


その船着き場にあった自動販売機。


 もちろん日本の飲み物もありました。


こちらはつまみ類です。


スターフェリーは100年の歴史があり1888年に香港島と九龍を結ぶ交通手段として登場しました。


上半分が白、下半分が緑の船体で煙突部分や座席に星のマークがあり非常にレトロな雰囲気です。



2階席は前と後ろに窓とクーラーがあり他はオープンになっています。


昼も夜も「ヴィクトリア湾」の絶景を楽しむことができます。



////////////////////////////////////////////

さて船着き場からバスまで少し歩きます。
その途中にあった小さな露店?
本を売っていましたがこの本が新しいのか古いのかよく分かりません(笑)



でっかい犬を見つけました。
来年の干支ですね。
もうすっかり新年へのカウントダウンが始まっていました。


バスの中から見つけた「市場」です。

                 
香港の住宅事情 

香港の家賃の値段の高さにビックリしました。
まず法律で10階以下の建物にはエレベーターを作らなくて良い(年寄りはどうするんだろう?)とあります。
そんな古くてエレベーターの無い(2K)マンションが約10万円。
古くてもエレベーターがあれば(2K)20万円。
香港の平均月収が20万円でどうやって生活できるのでしょうか?


そこで子供たちは大きくなっても親と同居します。
つまり1人では無理でも2人とか3人とかで何とかしようとします。
(この古いマンションで家賃が20万円)


でも2Kだから寝る場所がない。
そこで2段ベットの登場となるんです。
幅の狭い2段ベットが良く売れるそうです。
中には3段ベットもあるそうですよ(笑)
でも結婚したらどうするの?
それでも同居するそうです。
その時は若夫婦で働き、家事や子育ては、フィリピンやマレーシアなどから出稼ぎにきているメイドさんに全部やってもらいます。
メイドさんの給料は5万円ほど。
でもよく考えてみると2Kの中に親が2人、新婚の自分たちが2人、赤ちゃんがいて、メイドさんもいるってどうなの?
まったく想像ができない(笑)


後ろの高層マンションも2K+1リビングです。
家賃は30~40万円。
だったら買うか?
いえいえ買うとなると最低でも7千万から1億円だそうです。
(2部屋+1リビングで)
普通の人は買えません。


それでも高層マンションは建設され続けます(笑)
(日本に生まれて良かったとつくづく思いました)


「黄大仙寺院(ウォンタイシン寺)」
「求めれば必ず願いが叶う」とされています

さてバスは黄大仙寺院に到着しました。


香港で最も有名な道教のお寺の一つです。


門に向かって右の像は男性が触り、                 


左の像は女性が触ると良いそうです。


中に入ると干支の御神体がありました。
嫁は戌年生まれなので「戌(いぬ)」


私は「巳」です。
少し舌のにょろにょろが不気味でしたが(笑)


さらに門の奥に入っていくと地元の方でしょうか熱心にお祈りをしていました。


この場所は香港のパワースポットとしても有名です。


ここでは当然ながら香港式の参拝のやり方があります。
まず線香を灯す「点青区」と呼ばれる場所に3つの香炉があります。
この3つの香炉に線香を立てます。


そして最後に本堂の香炉に願いを込めて線香を立てます。
つまり4回線香を立てることになります。


嫁は子供たち孫たちの健康を願ったので、私は・・・当然コレです(笑)
もう一度書きますが 「求めれば必ず願いが叶う」お寺です。
神様 間違いなく求めましたよ! お願いします!!


さてお腹も減ってきましたので昼食会場まで移動です。


「広東式 飲茶」


1階が「スタバ」になっています。


私たちは3階に。


どうやらここも夜は結婚式場のようです。


でっかいケーキがありました。


ここでもいつものように太らないお茶ですが・・・


太っても良いからとやっぱりビールを注文しました(笑)



出て来た料理はこの順番ですが・・・


食べる時間に関係なくどんどん出てきます。


隣の人と話もしたいし写真も撮りたい。


料理の名前も知りたいしゆっくり味わいたい(笑)


でもそんな私の思惑とは関係なく料理はどんどん出てきます(笑)
時間が無いようです。
ツアーだから仕方がないですがもう少しゆっくり周りの人と話をする時間が欲しかったですね。





今回のツアーの仲間の皆さんです。


何名かはOP(オプション)に出かけるようです。
私たちは夕食までの数時間が自由時間となります。
2人で迷子にならないように近くを散策です。
まずは香港の「セブンイレブン」
200mに1件の間隔でありました(笑)
多いですね。


その道向かいは「ラーメン屋」さん。



こちらは「薬屋」さんが並んでいます。


こちらは「アダルトショップ」
真昼間にも関わらず営業していることにビックリです(笑)


公衆電話もありました。
日本と同様、香港でも携帯電話の普及とともに少なくなっているようです。


香港では屋内の公共の場所は全面禁煙です。
レストランやバーなども店内は禁煙です。


「香港のトイレ」
これは公衆トイレですが、中は綺麗です。
香港で「SARS」が流行していらい衛生に気をつける、意識が高まったようです。

公共施設などのトイレではカギをかけているところが多いそうです。
え? カギ?
そうなんです、主に防犯の為らしいですが、急いでいるときはパニックになりますよね(笑)


公園から陸橋を渡り海の近くに行ってみました。


下を見ると少年が釣りをしていました。
じっと見ていると6本バリにビニール片を付けて沖に投げ、高速で巻き上げを繰り返しています。
なるほどこれならエサは要りません。


魚が釣れました。
アジ子のようですが、香港独特の魚なのかもしれません。


こちらは人気の一流有名ブランドと香港ならではのお土産が揃った DFS(免税店)です。
昔は日本人が多かったようですが、今は中国人が多いそうです。


「甘いものが食べたい」と嫁が言うので休憩することにしました。
甘さを抑えた甘さが美味しかった(笑)


その隣にはどこかで見たことのある看板が(笑)


これは香港の国花「バウヒニアの花(紫荊花)」ですね。


こちらは「サークルK」
セブンイレブンに比べると少なく感じました。


さて歩き回ったせいかお腹が減ってきました(笑)
少し早いようですが夕食の時間です。


「夕食 北京料理」


朝、昼と広東料理でしたが夕食は北京料理です。
はっきり言って何がどう違うのか、全く分かりません(笑)
分かったのは 北京ダックが出た・・・ということだけでした(笑)













お腹いっぱいになって外に出ると寒さが増していました。
ここから香港の夜景観賞「ビクトリアピーク」に移動です。


「ビクトリアピーク」   
「ビクトリアピーク」に到着。
またまた香港島にやってきました。
香港島の西に位置し標高は552m、香港島のなかでは1番高い山です。


昔は東洋の真珠と言われていたようですが、現在はそれほど期待してはいけませんとガイドさんから言われましたが・・・


少し霧が出ていて遠くが見えにくかったのですが「昔の景色」を知らない私にはとても美しく感じました。
ただ、寒いので早々にバスに引き返しました。


ホテルに帰ってきたのが21時30分。


まだ早いので歩いて10分ほどの地元のスーパーに出かけることにしました。


オシャレなマーケットに到着です。
ここでビールやパンを買ってホテルでゆっくりします。



明日はマカオに行き世界遺産をたっぷり見学したいと思います。

香港・マカオの旅(その1)・・・終わりです。

香港・マカオの旅(その2)・・・に続きます。






























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018-1-27 スポパ(今季初 TM(トレーニングマッチ)に行ってきました

2018-01-29 18:21:19 | 大分トリニータ
定年を過ぎると第2の人生だと言われていますが、
人生に第1も第2もない、人生は1度きりだと考えていた私は自分の人生をアディショナルタイムだと思っていました。
昨日のテレビ番組で、その言葉が出てきた事にビックリ。
同じことを考えていた人がいた事に驚きました。
わずか数分でゴールを決めることも、逆転をすることもできるアディショナルタイム。
素晴らしい時間じゃないですか(笑)
ただ、ゴールを決めてやろうなんてことは思っていませんし、人生のゴールならまだまだ先でも良いやって思っています(笑)

さて今季もトリニータを100倍楽しもうとマグネットステッカーを作りました。
すでに車に貼っています(笑)
1人でも多く見てもらってトリニータに興味を持っていただけたら良いけどなぁ。


2018年1月27日 公式よりリリースがありました。
1月27日(土)トレーニングマッチの試合結果について   

1月27日(土)に大分スポーツクラブにて行われたトレーニングマッチの試合結果についてお知らせいたします。
[日時]1月27日(木) 11:00キックオフ
[会場]大分スポーツクラブ
◆大分トリニータ 2-0 日本文理大学(45分×2本)
( 0-0 / 2-0 )
得点者

2本目 10分 伊佐耕平

2本目 43分 星雄次

/////////////////////////////////////////
伊佐選手・星選手 TMゴールおめでとうございます!!
/////////////////////////////////////////

さてTMの内容はトリニータのルールにより一切書けませんのでその数日前の出来事から。

まずは「キヨピー」「フジモン」「ジャニちゃん」の会話から

キヨピー「なぁ去年の終わりに発売された素材がぎゅっと果汁グミって知ってる?」
フジモン「あ!それ知ってます。セブンの限定品ですよね」
ジャニちゃん「・・・・・・・・・・」


キヨピー「あのモチモチ感が良いんだよなぁ」
フジモン「そうそうリンゴのすりおろし感があって味が濃いんですよね」
ジャニちゃん「・・・・・・・・・・・・」


キヨピー「それとキシリトールグミって売れてるらしいな」
フジモン「そうらしいですね」
ジャニちゃん「・・・・・・・・・・・・・」


キヨピー「あれって歯磨きした後でも食べれるって知ってた?」
フジモン「え? そうなんですか? いやぁ知らなかったなぁ」
ジャニちゃん「・・・・・・・・・・・」



キヨピー「今度 (トリニータ グミ愛好会)でも作ろうか?」
フジモン「あ、それ、良いっすね」
ジャニちゃん「・・・・・・・(俺は絶対入らへんぞ)」


///////////////////////////////////////

続きまして・・・。
「伊佐」「國分」「ごっちゃん」「星」

伊佐「この間、みんなでゴルフに行ったんやけどあの2人最悪やったわ」



伊佐「まず ごっちゃんがいきなりのOBや」


伊佐「次が星。これも緊張してOBや。朝の1発目やでぇ」


ごっちゃん「いやいや、そういう伊佐君だってOB連発でしたやん」
国分「結局 伊佐君もヘタってことですね」


謎のキックボクサー「オマエダケハ ユルサン」


///////////////////////////////////////

最後は 「容平」  
       


「行くぞ~」


「きっちり 胸で受けろよ~ あ~あ だめだろ!」


「よく見てろよ! 手本を見せてやるから」


「な! こう胸で受けるんだよ」


「え? お? あれ?」


「グォォォォオオオ!」



「・・・・・・」


「勘違いすんなよ! 今のは悪い見本だから・・(誰も見てなかっただろうなぁ)」

チャンチャン!!



え~この日は風が強い日でして、聞き取りにくくもしかしたら選手の会話が多少違ってるかもしれません・・・(笑)

選手のみなさん、ごめんなさい。

///////////////////////////////////

では気を取り直して(笑)
ここからは出待ちです。


娘がスポパに行きたいし買い物もしたいというので、青葉と冬夜を迎えに行きました。

スライムくんはいったい誰と戦っているのでしょうね(笑)
相手はもちろんいません(笑)

 
あれ? なにやらカメラを構えていますよ?


あ~お姉さんたちが遊んでくれてたんですね。
(ありがとうございます)


ちゃんと撮れているかなってチェックするところは私の真似?
よく見てる(笑)


冬夜も今日はスライム帽子。


じゃあみんなで写真を撮ろうかってなったんだけれど見事に目線がバラバラ(笑)


なんとか撮ったけれど。
プロの写真家ってどうやるんだろうね、凄いなぁプロって。



////////////////////////////////////////

気がつくともう選手が出てきていました。
何人かは帰ったようです。
慌てて写真をお願いしたのは「姫くん」
焦ったなぁ(笑)


続いて「真ちゃん」
やっぱり1人だと表情が硬い(笑)    


そこでSちゃんと青葉と3人で撮らせていただきました。
やっぱり全然違うもんね(笑)



///////////////////////////////

寒そうな恰好は「かわにー」


子供を見つめる顔は本当に優しい。


トリニータの選手はみんな子供が好きみたいです。



////////////////////////////////////

続いて「さんぺー」ちゃん。


スライムを見つけると「おいで」って。
スライムくんもサンペーちゃんが大好きなので両手を挙げて近づきます。


さんぺーちゃん、いつものようにスライムくんの帽子をつまみます。


わかる!  なんとなくつまみたくなるもんね(笑)


これは大好きな写真です。



////////////////////////////////////////

ゆっくり歩いてきたのは「バズ」くん。


前もってスライムくんに名前を言っています。
「バ~ズ~く~ん 一緒に写真を撮って?」


バ~ズ~く~ん と言ったところでニコニコ笑ってくれました。


バズくん、メッチャ良い人(笑)


//////////////////////////////////

バズくんと写真を撮っていると「コテ」くんが通り過ぎて行きました。
慌ててスライムくんが駆け寄ります。


「コ~テ~く~ん、写真をお願いします」とペコリ。

笑顔のコテくんですが肝心のスライムくんを見ると
何となく 眠くなってきたようです(笑)


こちらは「フジモン」ですがもう眠たくて機嫌が悪いスラくん(笑)



///////////////////////////////////

もう限界(笑)


「大悟」くんはチラっと見ながら


過ぎ去って行きました(あ~あ残念)



/////////////////////////////////

次に出て来たのは「ババケン」くん。


チラっとスライム帽が見えますが別の子供さん(笑)


でも子供を見る目は「優しい」ですね。


////////////////////////////////

続いては「ノリ」くん。


前日はミーちゃん2歳の誕生日でした。


それを聞いて「おめでとう」と抱っこしたまでは良かったのですが・・


ミーちゃんに泣かれて「ミーちゃんママ」に助けを求めていました(笑)
子供にはめっぽう弱いノリくんです(笑)



//////////////////////////////////

そのころ眠っているスラくんを心配して声をかける優しいSくん。



///////////////////////////////////

さわやかなイケメンは「ナス」くん。


全然関係ないけどナスといえば「地球征服のナスD」
あの人は日本に住むべき人ではなく世界を飛び回る人だよね。


こちらは「キッシー」
とにかくサポが多すぎて横からしか撮れないし、ゆっくり話せる状態ではないんです(笑)


////////////////////////////////////

「彬」さん。
ユニを着ているのでもう一度帰って来るんでしょう。


身体のケアを大事にしている人だから。


////////////////////////////////

おっと「ジャニ」ちゃんが出て来たので慌てて移動しました。


このために関西から来てくれている「ジャニ」ちゃんサポさんとの写真を撮らなければいけません。


50m走15秒の俊足でやっと間に合いました(やれやれ)


子供たちへの笑顔が優しいジャニちゃんです。


////////////////////////////////////

「丸ちゃん」が出てきましたがサポが多くてなかなかこちらに来てくれません(笑)


丸ちゃんとの写真を撮ろうとしたら私も、私もって感じでドンドン増えていきました。
少し驚いた顔の丸ちゃんでしたがとても嬉しそうでした。


写真を撮るときの掛け声はそれまで「勝ち点 3」でしたがだれかが大きな声で「ハットトリック」って言ったものですから
私も思わず「では行きますよ~、ハット トリック」って(笑)


聞くと数年前の天皇杯のとき。
トリニータに在籍していた丸ちゃんのハットトリックを見て、
どうしても本人にお礼言いたかったのだが言えずじまいだったと仲間の言葉。
この日、念願が叶ったって喜んでいる姿を見てサポーターってありがたいなぁと改めて思いました。


/////////////////////////////////

という流れから「ごっちゃん」が現れました。


ミーちゃんをあやそうとしましたが、いつものように笑ってくれません(笑)


ごっちゃん 「途方に暮れる」(笑)


丸ちゃんの流れを受けてごっちゃんにも「ハイ ハットトリック」の掛け声。
(そこに入って良いものかどうか迷うフック(笑))


「フック」なら私も入れてってまたまた増える人数(笑)
そしてフックの掛け声も「ハットトリック」
フック思わず苦笑い。


「あれ? フックにもハットトリックって言ってしまった」
「DFだから言ったら悪かったかしら」とお姉さま。
そんなことないですよ。
ということでフック今季は是非ハットトリックをお願いします(笑)



///////////////////////////////////

「イム」くん登場。
でも言葉が分からないのでとりあえずカメラを見せて「OK」を貰いました(笑)



娘は「ムン」くんとツーショット。



/////////////////////////////


そして照れ屋の「あき」くん。


福岡からの「あき」くんサポさんと話をしている姿を撮ったけれど


あまり目を見て話をしていないところを見るとやっぱり「そうとうな照れ屋」なんだろうね(笑)



//////////////////////////

「キヨピー」が出てきました。


TMが終わってかなり時間が過ぎたのでファン、サポーターの数もずいぶん少なくなってきました。


青葉はやっと起きてきましたがまだなんか眠たそうです。


横を見ると「智輝」がいました。


「なにやら大きな箱を持っています。


あれあれ? ついに帽子も脱いだ青葉はすでに限界みたいです(笑)


テツくんもミーちゃんも心配してくれています。


でもこの日は「星」くん「伊佐」くん「容平」くんもまだ出て来てません。
もう少しだけ待って来なかったら帰るから、と青葉に言い聞かせて待ちます。

///////////////////////////////
それから少し経って「星」くんがでてきました。


この日は星くんサポさんが来ると聞いていたので星くんの写真を用意していました。


その写真にサインをいただくときに「大きな写真なので恥ずかしい」と言いながら私をチラっと見ました。
目が合ったのですがなぜか私も恥ずかしくなり思わず目をそらしてしまいました(笑)


見ているとかなりの照れ屋ですね(笑)


わざわざ山口から個サポさんが来てくれるって本当に嬉しいだろうなって思います。


そうそうTMでのゴール おめでとうございます。


リーグ戦の初ゴールも待っています。


//////////////////////////////

横に「駿」くんがいました(笑)


驚いて写真を撮らせていただきました。
驚くと何も言えない私です(笑)



//////////////////////////////////////

伊佐くんにサインをいただこうと写真を持ってきました。
それに興味を示したミーちゃん。


「なんだコレ?」
前日の伊佐スタグラムの動画を写真にしたものです(笑)
ミーちゃん英語の勉強「ヘイ! ポ・テ・ト」(笑)


そこに伊佐くんがやってきました。
おお!  青葉も目が覚めてご機嫌(笑)




伊佐くんも子供が大好きです。




ここでこれからの段取り。
Rちゃんがずっと持ってくれていた写真を今度はHちゃんが持って伊佐くんにサインをいただきに行きます。
そこで私たちが「Hちゃん、仕事が早いなぁ」と伊佐くんが何か言う前に言い「この写真と同じ顔をして」とお願いをする、というもの(笑)    


まずHちゃんが「サインをして」と見せると「これ昨日(伊佐スタに)あげたやつやん」


「暇やなぁ」(笑)
(と先手を打たれてしまった)


写真と同じ顔をして、って言う前にすでに伊佐くんの顔は「ヘイ! ポ・テ・ト」の顔に(笑)
さすがやねぇ!


嫁「伊佐くん、第2弾も考えてる?」
伊佐「ないない」と言いながら本日の伊佐スタでちゃんとやってくれてる(笑)


もう本当にプロやね!
伊佐くん ありがとう!


////////////////////////////////

そこに「修さん」が来ました。
待ってた「テツくん」「リツくん」「ミーちゃん」


修さんが本当に嬉しそうなので見ているこちらもつい笑顔になってきます。


嫁も仲間も見ているみんなもニコニコ顔でした(笑)


////////////////////////////////
 午後3時半。
やっと「容平」が出てきました。


少し元気がない様子の容平に「容平君 今季もゲーフラ作っていっぱい応援するから頑張ってね」と嫁。


容平くんニッコリ。
嫁 ナイス!!


こうして寒かったTMと楽しかった出待ちが終わりました(笑)


駐車場に行く途中、青葉が突然大きな声で「あ! おさかなさん!」


「クジラもいるよ」


空を見て雲の形が何に見えるかなんて何年ぶりだろう?
しばらく立ち止まり空を見上げ、みんなで眺めていました。
次々に形を変える雲。
それを嬉々として見てる孫。
子供の心に触れるとなぜか気持ちが温かくなってきます。

今日もみんなでワイワイと楽しい1日でした。
声をかけていただいたみなさん、仲間のみなさん 本当にありがとうございました。

開幕戦まで1か月を切りました。
今季もトリニータを盛り上げていきましょう。
                     
頑張ろう 大分トリニータ!!
頑張ろう 大分12番!!
 









































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「動画」 Jリーグマスコット総選挙2018(ニータンに清き1票を!)

2018-01-24 19:36:04 | 動画 大分トリニータ

「Jリーグ マスコット総選挙2018」の投票が1月26日から2月5日の11日間行われます。
                  
毎日 1人1票 投票できます。  

我らが大分トリニータのニータンももちろんエントリーされています。
ということで「ニータンの動画を作りました。

「ニータンに清き1票をお願いします」

         
「動画」 Jリーグマスコット総選挙2018(ニータンに清き1票を!) 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jリーグマスコット総選挙(ニータンを1位に!)& 大分トリニータキャプテン・副キャプテン決定!

2018-01-22 21:38:56 | 大分トリニータ
2018年1月20日(土)青葉と冬夜の面倒を見て欲しいと娘から連絡があり、
練習見学の時間がピッタリ重なったのと、
久しぶりのポカポカ陽気に誘われてスポパに行ってきました。


冬夜はこの日が「スポパデビュー」です。
青葉が小さい時に作った「トリニータ仕様のベビーカー」に乗ってご機嫌です。
数年前、青、白、黄色のラッカーを使って結構な時間をかけて作ったものですが、素人の悲しさかあちこちが剥がれてきました(笑)


でももう少し頑張って乗ってもらうつもりです(笑)



/////////////////////////////////


前回のブログ「ゲーフラ物語」が出待ちの写真ばかりだったので、その時の写真とこの日の写真とで選手の練習の様子を書いていきたいと思います。


ところで今日、公式からリリースがありました。
「2018シーズン キャプテン、副キャプテン決定のお知らせ」 
大分トリニータ2018シーズンのキャプテン及び副キャプテンが決定いたしました。
                 
◆キャプテン DF4 竹内 彬選手 



【コメント】
                    
「今シーズンのキャプテンを引き受けさせていただきます。
チームの目標達成に向けて一丸となり、1年間を通じて毎試合全力で戦いたいと思います。
トリニータに関わる全ての皆さんの力を合わせてJ1昇格を目指していきましょう。
1年間熱い応援をよろしくお願いします」  





///////////////////////////////
                            
◆副キャプテン DF5 鈴木 義宜選手 



【コメント】
                             
「今年も1年間副キャプテンを務めさせていただくことになりました。
責任感をもってチームのために全力を尽くしたいと思います」 





////////////////////////////

◆副キャプテン FW9 後藤 優介選手   


【コメント】
                                             
「プロになって初めての副キャプテンですが、チームのために自分ができることを全力でやっていきたいと思います」 





///////////////////////////

 ◆副キャプテン MF20 小手川 宏基選手      


 【コメント】
   
「今シーズン副キャプテンを務めることになりました。
チームが良い方向に進めるようにサポートしていきたいと思います。
そしてキャプテンの彬さんを支えていけるようにしっかり頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」  





////////////////////////////////////

◆副キャプテン MF33 丸谷 拓也選手   


【コメント】
                                                   
「プロになって初めての副キャプテンですが、
自分にできることを精一杯やってチームの為に頑張っていきたいと思います」




キャプテン、副キャプテンよろしくお願いします。

///////////////////////////////

さて、新加入選手の顔と名前を覚えましたか?
え? まだですか? 
では一緒に覚えていきましょう。
Gk(ゴールキーパー)の兼田 亜季重(かねだ あきしげ)
「あき」くんです。


少し照れ屋なのでこちらから積極的に話しかけてみましょう(笑)



/////////////////////////////////

こちらは 星 雄次(ほし ゆうじ)
「ほし」くんです。


まずは顔と名前を憶えてください。



//////////////////////////////////////

馬場 賢治(ばば けんじ)
「ばばけん」です。


髪が長いのですでに覚えたよ、という人もいるでしょうね。




////////////////////////////

刀根 亮輔(とね りょうすけ)
「だいご」くんです。
と本人は言っていましたが、目の前で言う勇気は私にはありません(笑)


笑うとめちゃくちゃ可愛いです。


「笑わないと」・・・少し怖いです(笑)


/////////////////////////////

宮阪 政樹(みやさか まさき)
「バズ」くんです。


彼も特徴があるので覚えやすいと思いますよ(笑)



/////////////////////////

藤本 憲明(ふじもと のりあき)
「フジモン」です。


練習中の顔は少し怖いですが、練習が終わると非常に人懐っこい顔になります(笑)


負けん気は強い・・と思います。



///////////////////////////////////


那須川 将大(なすかわ まさひろ)



超有名なバンドのボーカルに似ている、と勝手に思っています(笑)



/////////////////////////////////////


山口 真司(やまぐち しんじ)
「しん」ちゃん。


この選手は当然知っていますよね(笑)



あと「イム スンギョム」がいますが、後で紹介します。

///////////////////////////////

そんな選手の様子を見守る「大海」



///////////////////////////////

ここからはみんな知っている選手ばかりですが、「今季からサポーターになったよ」
という方のために全員の名前を書いていきます。


「林」=(ようへい)



「川西」=(かわにー)




「岸田」=(キッシー)


「姫野」=(ひめ)




「岩田」=(ともき)




「清本」=(キヨピー)




さてこの新加入選手の名前は?

刀根くんです。


もう一人。
藤本くんですね。


「福森」=(フック)




「前田」=(ジャニ)



「怜」=(レイチェル)



「三平」=(さんぺー)


ところでさんぺーちゃん、痩せた?
自主トレで絞ったのかな?


ほほがシュッとしてるように感じるんだけど?
気のせいかなぁ。



「國分」=(しんたろう)


「伊佐」=(いさ)


伊佐のインンスタグラム=(伊佐スタグラム)=(伊佐スタ)
これが本当に面白い。
絶対に「フォロー」することをお勧めします。


「ソンス」=(ソンス)



///////////////////////////////////////

さて全力で走る選手の「顔を見ない」で姿形だけでどの選手か分かりますか?

これが分かるようになると面白さが増してきますよ。









//////////////////////////////





//////////////////////////////

練習が終わりました。
クールダウンは一番コミュニケーションがとりやすい時間でもあります。
左から「國分」「星」「岩田」です。



「容平」の顔にも笑顔が見えてきました。
この後、面白いことが起こるのですが、後日アップします(笑)
(早く 容平のゲーフラを作らんと・・あせってきた)




こちらはGK陣。
左から「高木」「修行」



左から「兼田」「ムン」



/////////////////////////////////

さて選手を出待ちする間、青葉とNちゃんが遊んでいます。


青葉がNちゃんの写真を撮って、その撮った写真を見せているところです(ちなみにカメラはオモチャ(笑))


お姉さんたち「あおばく~ん、良いカメラ持ってるね?」
青葉「そんなことより 俺が写真を撮ってやるぜ」

チョー生意気なんです(笑)
ちなみに私の真似ではなくテレビの中のセリフだと思います(笑)


お姉さんたち「ふふふ、じゃあ撮って?」


「ハイ、チーズ!」
上手く撮れたかな?  (笑)

優しいお姉さんたち 青葉に付き合っていただきありがとう(笑)




////////////////////////////////

出待ちをしていると「ニータン」が現れました(笑)
えええ! なんだろう?
スタッフのお姉さんが何か持っているよ?


「マスコットそうせんきょ  きよき1ぴょう おねがいします!」



姫野出てくるなり・・


ニータンにハグ(笑)


スタッフ「投票がありますので清き1票をお願いします」
姫野「はい! ニータンが1番可愛い」


「Jリーグマスコット総選挙2018」
                   
 新シーズンの幕開けを告げる富士ゼロックス・スーパー杯(2月10日、埼玉ス)で、史上初めてJ1、J2、J3のクラブのマスコットが集結する。
昨季リーグ王者の川崎Fと、天皇杯覇者のC大阪との激突を前に「Jリーグマスコット総選挙2018」を開催することが決定した。
総選挙は13年にスタート。
過去に仙台のベガッ太(13、16年)、広島のサンチェ(15、17年)、J2長崎のヴィヴィくん(14年)が栄冠を手にしている。

//////////////////////////////

 今回は昨年誕生したJ3盛岡のキヅールとJ2金沢のゲンゾイヤー、J2千葉のユニティが初エントリー。
投票期間は26日午後5時〜2月5日午後6時で、Jリーグ公式サイト、ツイッター、LINEから投票できる。
上位3位の結果発表は日本テレビ系で生中継される富士ゼロックス・スーパー杯番組内のハーフタイムに実施する予定だ。 

以上 webより


監督が姿を現しました。
Nちゃんに「こっちにおいで」と言ってくれて一緒に写真を撮ってくれました。
さすが監督 優しい。


Nちゃんはニータンにサインをお願いしました。


どんなサインでしょう?


こ~んなサインでした(笑)
Nちゃん、うれしそう。
良かったね



//////////////////////////////////////

「吉坂コーチ」
「なに? マスコット総選挙?」


「もちろん ニータンに投票するよ」



//////////////////////////

「ジャニ」と「フジモン」登場!



「え? この紙を持ってニータンと3人で写るの?」
いやいやニータンが陰になって見えてないじゃん(笑)


それでもニータン、けなげにも横から顔を出してる(笑)


「あ~ごめんごめん、ニータンを真ん中にせなあかんかった」


と言いつつニータンの顔が見えんじゃんか(笑)


仕方がないのでニータンがしゃがんじゃったよ(笑)
それにしてもジャニちゃん、よく笑わずに真顔でおふざけができるもんや(笑)



まぁ、それに「阿吽の呼吸」でつきあうフジモンもたいしたもんだけど(笑)




////////////////////////////////////////

続いて「バズ」くん登場。


ほとんどしゃべらずに終わってしまった。
まぁ新加入だもんね、仕方がない(笑)



////////////////////////////////////////

さらに「ソンス」登場。
ソンス、紙を見た後「あ~なるほど」


「じゃあ、バイバイ」
って、こらこらスタッフさんが写真を撮ろうと待ってるじゃん(笑)
ニータンもつられて「バイバイ」してるじゃん(笑)


「ハイ!  パチリ!」



////////////////////////////////

「伊佐」くんカメラを持って登場(笑)
「え? 総選挙?」
「じゃあ、ニータンひとこと意気込みをお願いしま~す」
ってニータンは喋らんけんね(笑)


そこに運の悪いことに(笑) 馬場登場(笑)
馬場を撮る伊佐スタくん(笑)
「4回目や」
「4回目やで」
「4回目やでぇ!!」
かなりしつこい、伊佐スタくん(笑)


左の下の「影」を見ると伊佐スタくんまだ撮っている(笑)




////////////////////////////


大海 出てくるなり「うわぁ、ニータン久しぶり 懐かしい~」とこれまたハグ。


ニータンと写真を撮った後


昔話に花を咲かせながら聞いてみました。


「大海さん、現役復帰はしないの?」
「いや、こういう状態になって分かったんですけど、サッカー選手って強い気持ちが無いとやっていけないんですよ」


出て来た岸田と何やら喋って仕事に復帰? しました(笑)


「あ~なるほど、そうなんですね、分かりました ハイ!」とキッシー(笑)




/////////////////////////////////

次が「コテ」
出て来た瞬間、ニータンの顔を見て逃げ出しました(オ~イ)


慌ててニータンが追いかけるも追いつけず(笑)
そこは副キャプテンになったコテ。
帰ってきました(笑)


清き1票 入れてね!



////////////////////////////////////

左から「イム」「フック」「ムン」の3人。


通訳さんがいないけど何となく雰囲気で察してもらった(と思う(笑))


ここから少し時間が空いてしまい、ドアの隙間からのぞきこむニータン(笑)


ここで青葉が待つことに限界が来てしまい帰ることに。
みんなにお別れをしてさぁ帰ろうとしたところに「レイチェル」登場。
「5分間だけ待ってな」と青葉に言って写真を撮ることに。



そこにごっちゃんも出てきましたが、青葉は限界突破中(笑)
ここで出待ちは諦めました。
残念。


ということで
投票期間は26日午後5時〜2月5日午後6時の11日間です。


毎日1回 投票できます。
ということは11日間ですから 「1人=11票」持っていることになるんですね(笑)
つまりはそういうことなんですね(笑)


Jリーグマスコット総選挙 ニータンを1位にしたいですね。
それと2018シーズン大分トリニータのキャプテン・副キャプテンが決定しました。
開幕に向けて準備は着々と進んでいます。

スポパでの選手はまだまだぎくしゃくした様子ですが、キャンプが終わるころにはまた違う雰囲気になっていることでしょう

そんな変化が楽しめるのもスポパならではです。

時間があれば練習場に行ってみませんか?
楽しいですよ!
                        
開幕戦まで約1か月!!
今季も頑張りましょう! 
































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大津 相模原ヘ完全移籍」「昂洋 ラインメール青森へレンタル」「ぐっさん コーチングスタッフ就任」「レイ 男の子誕生」

2018-01-19 21:01:54 | 大分トリニータ
まず2018年1月16日のリリースから。

                  
大津耀誠選手 SC相模原へ完全移籍のお知らせ  


この度、2017シーズンで契約満了となっておりました大津耀誠選手が、SC相模原へ完全移籍することが決定いたしました。

◆大津 耀誠(おおつ ようせい)選手









               
大津は2016年より大分でプレーし、昨季の明治安田生命J2リーグでは5試合・3得点の成績でした。
加入にあたり大津は「1日でも早くチームに慣れ、サポーターの方に覚えてもらえるように、
そして1つでも多く得点がとれるように頑張りますので、熱い応援宜しくお願いします!」とコメントしています。
=SC相模原  公式より= 


誰からも愛されるキャラ 大津。
相模原でみんなに可愛がってもらって必ずスタメンを奪い取れよ。
ガンバレ!  大津!
応援してるよ!!


//////////////////////////////////////


208年1月19日 公式より3件のリリースがありました。
                          
佐藤昂洋選手 ラインメール青森FCへ期限付き移籍のお知らせ


この度、大分トリニータ所属の佐藤昂洋選手がラインメール青森FC(JFL)へ期限付き移籍することが決定いたしました。
尚、今回の移籍は育成型期限付き移籍となります。

◆佐藤 昂洋(さとう こうよう)選手


【コメント】
                    
「今回ラインメール青森にレンタル移籍することになりました。
長い間リハビリが続き、なかなかチームに貢献することができず、
苦しかった時期に応援してくださるサポーターの方々の声がとても励みになりました。
皆さんに応援してもらった言葉を胸に、大分魂をもって青森でも努力し、
皆さんに信頼してもらえる選手になって帰ってこられるように頑張ります。
応援よろしくお願いします」  








昂洋 本当に心配していました。
試合に出て、経験を積んで大きくなって大分に帰って来いよ。
スタメンを奪い取れ!!

ガンバレ!  昂洋!!
見守っているから!!


/////////////////////////////////////////

山口貴弘氏 ベルマーレフットボールアカデミー コーチングスタッフ就任のお知らせ


2017シーズンに現役引退いたしました山口貴弘氏がベルマーレフットボールアカデミーコーチングスタッフに就任いたしました。


【コメント】
                
「トリニータでの3年間で、沢山のことを経験させていただきました。
またいい出会いもたくさんあり、充実したサッカー生活を送ることができました。
大分の皆さんにはとても温かくしていただき感謝の気持ちしかありません。
大分にはトリニータが根付いていて、これからも皆に愛される、夢のある強いクラブであってほしいと思います。
今まで本当に沢山の方の指導、サポートのお陰でプロになり、11年間プレーをさせていただきました。
これからは自分がサポートする側になり、選手の役に立てるように頑張っていきたいと思います。
3年間本当にお世話になりました。ありがとうこざいました」  











ぐっさんは後輩に慕われる人でしたから指導者にぴったりだと思っています。
新しい夢に向かって歩き出したぐっさん。
応援します。
ガンバレ ぐっさん!!

//////////////////////////////////////////////

松本怜選手 第一子誕生のお知らせ         

分トリニータ所属の松本怜選手に第一子が誕生いたしました。



◆松本怜選手コメント

                 
「先月中旬に第一子の男の子が誕生し、守るべき家族が増えました。
頑張ってくれた妻に感謝しています。
より一層責任感を持って、サッカーを楽しんでいきたいと思います。
引き続き応援をよろしくお願いします。」










赤ちゃん誕生 おめでとうございます。
イケメンくん2世ですね。

開幕戦はレイチェルのゴールで「ゆりかごダンス」を見たいです。
                
男子誕生 おめでとうございます!!

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018-1-16(火曜日) スポパへ(今季2回目)ジャニサポさんのゲーフラ物語

2018-01-17 21:14:56 | 大分トリニータ
『明日の餅つき、行きたかったなぁ!』
『1人でスポパに行くんやろ』
『法事やから仕方ないけど』
『楽しんできてな・・・私は行けんけど』
『みんなによろしく言ってな・・私は行けんけど』と嫁(笑)

そりぁ、トリニータの始動日やもん行きたいよね(笑)
私も嫁が行かないのに1人で行くのは心苦しいよ(笑)
私も辛いのよ(笑)
でもね、やっぱりイベントは1人でも多く行かないとね(笑)

と、いうことで明日の始動日『行ってきまーす(笑)』  
 
嫁がいない寂しさを振り払うように(笑)張り切って榎社長、スタッフの方々と餅つきをしました。
なんと3臼も。


しかし、翌日の夜から肩が重く、心配した通りの筋肉痛に(笑)
この筋肉痛を予想し、心配していただいた皆さん、ありがとうございました。
年甲斐もなく張り切りすぎた結果です(笑)
という事で始動日に行けなかった嫁と2人でスポパに行ってきました。
当然嫁は今季初のスポパです。


駐車場に着くと『ももさーん』と聞き慣れた声。
神戸から日帰りで来たジャニちゃんサポさんです。
この人とのスポパはいつも楽しくて、嫁も私も大喜び。
さっそく3人でいつもの場所に急ぎます。



ベンチに荷物を置き、吉坂コーチと挨拶を終え、ピッチを見るとすでに何人かの選手が軽くランニングを始めていました。


午前10時 練習開始。


ふと見ると目の前に大海と哲平さんの姿がありました。


この2人が並んでいる姿に胸が熱くなったのは私だけではありませんでした。


昨年から嫁が会いたいと言っていたSさん。
このSさんも2人の姿にいろいろな思い出がこみ上げてきたようです。
私も嫁も今日初めてお会いしたのですが、ツイッターでやり取りしていたためか普通に話しができ自分でも驚いています。
やはりトリニータという共通の話題があると会話は弾みますね(笑)
Şさんは最初出待ちは恥ずかしくて無理です、と言っていましたが
お姉さま達と選手の会話が楽しかったのか最後までつきあってくれました。


そんな楽しかったやり取りの主役がこの1枚のゲーフラです。
ジャニちゃんサポさんが今季も大分を応援したいと「J2 青覇」のゲーフラを作ってくれました。
これに監督+選手(31人)=32人のサインを貰いたいので協力してほしい、
ということなので、張り切っていきましょう(笑)


1番先に出て来たのは「馬場 賢治」
ロングヘアが特徴です。
背番号は33番。
一緒に覚えていきましょう。



選手の皆さんにはこの16色の布クレヨンの中から好きな色を選んでいただき星を書いてもらいます。


馬場くんが選んだのは「青色」


さらにその中にサインをしていただくというもの(サインペンは青色)

さて今日中にいったい何人の選手のサインが集まるのでしょうか?
楽しみです(笑)
まずは1人目。


「吉坂圭介GKコーチ」と「吉村光示ヘッドコーチ」
「いつも一緒で仲が良いですね」と言うと「いや、本当は仲が悪いんや」といつもの通りの返事(笑)
                                             
「今季も始まりました、お二人ともよろしくお願いします」 



「松村アレハンドロ昌文」
通称 アレさん
                   
「今季もよろしくお願いします」   



忙しそうに走り回っていた 「大海」             
「今年からよろしくお願いします」
本当に懐かしい。


2番目に出てきたのは「宮阪 政樹」
もう知っていますね(笑)
トイストーリーの「バズ」です。


新加入選手発表会のときに本人が「バズって呼んでください」って言っていたので確認の意味も込めて
「これからバズくんって呼びますが良いですか?」と聞くと「ハイ」と答えたのでさっそく「バズくん」と呼ぶことにしました。
皆さんも親しみを込めて「バズくん」と呼んであげてください。


そのバズくんが選んだ布クレヨンの色は「青」
どの色でも良いんですよ、と言ったけれど新加入選手は気を遣っているんだろうなぁ。


これで2人目。


////////////////////////////////////////

「さんぺーサポさんへ挑戦状」
さてここで「さんぺーサポ」さんに私から「挑戦状」です。
さんぺーのことをよ~く知っているあなただったらさんぺーが選ぶクレヨンの色を当てられるはずですよね(笑)
さんぺーの性格から考えたらこの16色の中で選ぶであろう色が予測できると思います。
さぁ、当ててください。
ちなみに私は「100%の確信をもって一発で当てました」
もちろんその理由も必要です。
          
さんぺーが選ぶ色は何色? その理由は? 



///////////////////////////////////


「キヨピー」
3人目。


キヨピーにDVD「259日の奇跡」を2枚もらっていただきました。
「1枚はキヨピーの分、もう1枚はお父さんに渡してね」と嫁。
「親父から聞いて動画を見ました、ありがとうございました」とキヨピー。


サインをいただき、ありがとうございました。


「那須川 将大(まさひろ)」
もう知っていますね、川西が恐れている(笑)青森山田の先輩 那須川です(笑)


ここまで青が3人続きましたが、「オレンジ」登場です(笑)


ふと見るとリュックに子供さんの写真が入ったキーホルダーがありました。
「わ~可愛い」
「良いパパですねぇ」とお姉さま方の声。


本当に優しい顔をしています。
イクメンパパですね。


みなさん応援してくださいね。
4人目。


「伊佐」「川西」「ソンス」と3人揃って出てきました。
こうなるとパニックになります(笑)
それぞれのお姉さんが持ち場に着いて任務を遂行します(笑)
我が家は「伊佐くん」の写真にサインをいただき写真を撮る掛け声は「しっぽり~J1(ワン)」で指を1本出すポーズ(笑)
これには伊佐も笑うしかありませんでした(笑)
5人目。


写真にサインをいただきました。
レイチェル(犬)くん可愛い(ありがとう)


「ソンス」
「ソンスくん髪型が似合ってるね~」と誰かが言うと「(ソンスは)俺の真似をした」と突っ込む伊佐。


「え~伊佐くん、そんな髪型したことがあったっけ」と嫁に突っ込まれる伊佐(笑)
6人目。


「川西」
そんな会話を聞きながら川西に写真をお願いする私。


目が隠れて見えないな、と思った瞬間、髪をかき上げてくれた川西。
「もしかして超能力者か?」


「高木」
な~んて思いながら横を見ると高木がいるではないか。


高木も「青色」
7人目。


油断大敵、伊佐と川西が肩を組んでる(笑)


その後、なにやら怖い顔を作っている伊佐(笑)
でも私はもっと怖い顔の選手を知っているから全然恐くない(笑)


川西は何色を選ぶんだろうって見ていると・・・


ここで初めて「ピンク」が来た(笑)
8人目。


「岸田」


キッシーは「黄色」
9人目。


「ジャニー」「フック」「フジモン」 


3人同時に出てきた時点でパニック(笑)


「藤本 憲明(のりあき)」
ご存知、2年連続の得点王。
今季はJ2得点王を目標にしている背番号10のFWです。
本人は「のり」と呼んでと言っていましたが「のり」といえば当然 鈴木です。
なので仲間内では「フジモン」と呼んでいます。


じっとしていないのがジャニちゃん。


岸田とふざけあっています(笑)


岸田がサインをしている間もちょっかいを出したい様子(笑)
ワンパクボウズか! と突っ込みたい(笑)


フジモンは「ピンク」


これで10人目。
やっと3分の1(笑)



フックは「黄色」


11人目。


ジャニちゃんは


「黒色」って意外。
12人目。


あれ? いつの間にか「刀根」が向こうに行っている。
いつの間に行ったんだろう?
仕方がない、この時点で今日のミッション(全員のサインをもらうこと)は不可能になってしまいました(笑)


こちらはジャニちゃんとジャニちゃんサポさんとでインカメの真っ最中。
このために関西から大分まで日帰りで来ているわけですから邪魔をしないようにね。
特に嫁(笑)


2人でも撮ったけど、みんなでも撮りました(笑)


手を振る後姿が「おとめ~」でしたよ(笑)

特に左足のかかと注目(笑)


振り向くと後ろに真ちゃんがいるではないですか。


さらに「姫野」


おっと「レイチェル」も。
身体が3人分欲しい(笑)
真ちゃんは忙しそうなのでサインだけお願いしました。
13人目。


「姫野」
「姫くん、雰囲気が変わったね、さらにイケメンになったって評判だよ」と誰かが言うと
「いやぁ、髪が伸びただけですよ」
いやいや大人っぽくなったよ。
14人目。


「レイチェル」
何色でもいいけど?
「じゃあ誰も使っていない色にしよう、ピンクが良いかな?」
ピンクはかわにーが使ってるよ。
「じゃあ止めよう(笑)」


「みどりが良いかな?」と言って手にしたのはグレー(笑)
それはグレーだけど、まだ誰も使っていないよ。
「じゃあこれで」
15人目。


ここまで半分の15人。
まだまだ先は長い(笑)
このブログも長い(笑)


「さんぺー」


さんぺーが出てきました。
さんぺーが何色を選ぶのか? 決めましたか?


さぁ、どの色を選んだんでしょうか?


          
答 「白色」 でした 


当たりましたか?
なぜ白色を選んだんでしょうか?
分かりますか?


私が「白色」と予想した理由。

まず彼は色からは選ばないだろう。
派手だからとか目立つ色だからという理由ではおそらく選ばない。
では何から選ぶんだろう?

人が絶対に選ばない色。
意外な色。
人がビックリする色。
この3つに共通する色は?

それは白い布に「白いクレヨン」
もしこれが「黄色い布」だったらおそらく「黄色のクレヨン」を選んだと思います。


さんぺーちゃん、白色で星を書きながら「あ!見えるやん(笑) 俺 センスあるなぁ」と言ったのに
その上からいざサインを書こうとしたら「あれ? (星の)位置が分からん」って(笑)
なんとも素晴らしいオチにみんな大爆笑でした(笑)



「みなさ~ん 当たりましたか?」
「正解は 白色ですよ(笑)」


さんぺーちゃん、ありがとうございました。


16人目。


最初に「さんぺーちゃんは絶対に白を選ぶよ」と私が言うと周りは「え~? そうかなぁ?」って雰囲気でした。
何度かそんな話になったときに「じゃあ、もしさんぺーちゃんが白色のクレヨンを選んだらコーヒーをおごるよ」
って流れにいつの間にかなってしまいました(笑)
缶コーヒーをおごってくれたS氏(9人分)
自販機まで買いに行ってくれたAさん。
「ごちになりました」



////////////////////////////////////////

「容平」「丸谷」


2人とも忙しそうだったのでサインだけいただきました。
容平のゲーフラを早く作らんと!
17人目。


18人目。


「ごっちゃん」「のり」
「ごっちゃん 良いライバルが来たけん2人で頑張ってな」



ごっちゃんは「黄色」
19人目。


「のり」



「のりくん 残ってくれてありがとう」


のりくんも「黄色」


20人目。


攻撃と守備になくてはならない2人。
今季もトリニータを宜しくお願いします。


「コテ」



コテは「赤色」
21人目。


「イム スンギョム」
少しだけ日本語が分かります、
なるべくゆっくり喋ってあげましょう。
早くトリニータに慣れて欲しいですね。


22人目。


 「ムン」            


ムンくんはかなり日本語をしゃべることができます。



23人目。


「國分」




ジャニちゃんサポさんの知り合いが國分くんの同級生だったという話をしたら驚いていました。


24人目。




「星 雄次」


星くんの個サポさんから始動日にいただいたものです。
ご挨拶に来ていただきありがとうございました。
こういう心遣いがとても嬉しいと嫁が喜んでいました。


「星くんの個サポさんがたくさん山口から来てましたね」という会話がまずあって。
最初に手に取ったのは「青色」でしたが「気を使わなくていいんよ、好きな色を選んでね」とお姉さんたちが言うと。


じゃあ、と手にしたのはオレンジ色。


「山口の星くんサポさんは喜ぶよ」と嫁。
こんな温かい気持ちを持っているからサポーターはどこまでもついてくるんでしょうね。
25人目。



「智輝」
身体が一回り大きくなってさらに逞しさが増してきました。
今季はスタメンを狙ってほしいですね。


26人目。


高木が帰ってきました。
今年も試合に出たときにはサポーターにメッセージをお願いします、と頼みました。
待っています、お願いします。


「彬さん」


「今年もチームをまとめてください」とお願いしました。


よろしくお願いします。


27人目。


今日は刀根の分がないから全員は無理だよって話をしていたら・・。
あれ? 刀根が帰ってきました。


ジャニサポさん「刀根くーん、刀根くんが(市川)海老蔵に似てるって~、ヒロボーさんが言ってるよ~(笑)」
刀根「海老蔵に似てるって前に言われたことはあるけど、今は千鳥の大悟に似てるって言われるんだよね」
はい 大爆笑。
でもイケメンだよね。



少し迷いながらピンクを手にして、ゆっくり、ゆっくりと星を書きます。


全選手の中で一番丁寧に書いたことに驚きました。


小さなことですが意外と人の本質が見えてくることが多いんです(経験から)



28人目。



///////////////////////////////////

「修さん」
残すのは「修さん」「昂洋」「兼田」の3選手だねって話をしていると修さんが出てきました。
ナイスタイミング。



しばらく考えて手に持ったのは「赤」


「修さん 残ってくれてありがとう」


29人目。


「昂洋」


少し元気がないのが気になります。



元気づけたいけど良い言葉が見つからなくて結局「頑張って」としか言えません。


でも、お姉さんたちは少しでも元気になってもらおうと昂洋の車に手を振っていました。
気がついてくれたかな?
30人目。



ムンくんが私服に着替えて出てきました。
「まるで韓流スターみたい」の声が聞こえます(笑)
確かにイケメンです。


「兼田 亜季重」
人見知りの「あき」が最後の最後に出てきました(笑)


人見知りと聞いて心配していたお姉さま方が話しかけます(笑)
「もう慣れた?」
「練習はどう?」
「青? そんな気を遣わなくていいのよ。何色でも良いからね」
あき「いや 背番号が23なんで、同じ23のこれ(青色)にします」


帰り際。
「じゃあ、頑張ってね、  きつくない?」


「きついっす。 (吉坂コーチに)言っといてください。」と冗談を返しながら


最後は「でも がんばりますから、応援してください」と大きな声で、力強く言いました。


ふ~ん。
で? だれが人見知りだって?
だれが無口だって?  
メチャクチャ陽気にしゃべるやん(笑)

はっきりしたことが一つ。
兼田くんは決して人見知りではありません。
それどころかジョークは言えるし、受け答えははっきりしてるし、声は大きいし(笑)
みなさん騙されてはいけません、彼は笑顔の素敵な好青年ですよ。

31人目。

////////////////////////////

これで31人の選手全員のサインをいただきました。
後は監督を残すのみだけど、今日は無理みたいだから帰ろうか?
と言っていたところに監督がドアを開けて出てきました。
オー! これこそ奇跡!
思わずみんなで「監督~、待ってました」


で?監督 何色にします?


監督が選んだのは「金色」
確かにふさわしい色だと思います。


星の形が若干、他の人と違いますがこれこそ個性ですから(笑)


この日の日付(2018年1月16日)も書いていただき、ミッション完了。



監督と写真を撮っていただき、大満足です。
監督 忙しい中ありがとうございました。
おまけに「勝ち点 3」と指を3本出していただき、重ね重ねすいませんでした。


この日、練習が終わった時間が11時30分。
ミッション完了時間が14時50分。
実に3時間20分の長丁場でした。
女性陣 皆さんで「お疲れ様」の大拍手(笑)


監督さんを始め、疲れているにも関わらず、嫌な顔一つせずに書いてくれた選手の皆さん。
本当にありがとうございました。
ジャニちゃんサポさんのゲーフラ
「完成しました」


(ジャニちゃんサポさんからいただきました)


この日、付き合っていただいたみなさん、お疲れさまでした。

選手を呼び止める人。
説明をする人。
クレヨンを持つ人。
布を持つ人。
布を広げる人。
カメラを撮る人。
だれがいなくても終わることはありませんでした。
やりとげた達成感でいっぱいです。
ワイワイ大笑いした楽しい一日でした。
またスポパで会いましょう。
ありがとうございました。
                
「みんな~ 楽しかったね!」 






























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 2018 大分トリニータ 新加入選手発表会  (2018-1-13)

2018-01-15 20:58:53 | 大分トリニータ
まずはお礼から書きたいと思います。

必勝祈願の前日(1月12日)トリサポの御夫婦がニータン神社の外のトイレと社務所内のトイレ三基を掃除してくれました。
寒さのためトイレ洗剤スプレーが凍っていて出なかったそうです。
昨年の七五三の前にも掃除をしていただいています。
毎年毎年、本当にありがたく頭が下がります。
感謝しかありません。

本当にありがとうございました。


///////////////////////////////


いつも一緒に遊んでくれるカイトお兄ちゃんが青葉におみくじを買ってくれました。
青葉の欲しい色は「赤」
でも色は選べません。
しかしカイトお兄ちゃんが見事に「赤」を引き当ててくれました。
大喜びの青葉。
カイトくんありがとうね(笑)


おもちゃまでいただきありがとうございました。


午前中で必勝祈願が終わり、午後からはスポパで「2018シーズン 新加入選手 発表会」が行われました。



この日は風も強く、気温も低く寒さの為か震えが来ます。


そんな中、ありがたかったのがふるまい鍋の「豚汁」


いったい何人分ができるのってくらい大きな鍋に入ってる豚汁が美味しそうでしょ。
先着1000名にふるまわれました。


冷え切った体にこの豚汁は最高でした。
大分FCさん、ごちそうさまでした。


そしてこの日は寒さの為か入場予定時刻を30分ほど前倒しして入ることができました。
こういう配慮が嬉しいですね。



今日はいったい何人のサポーターが来るのでしょうか?    


ニータンも今日は大忙しです(笑)



///////////////////////////////////

午後2時。
選手一人一人が入場し、今季新加入の選手10人が揃いました。
みなさん寒そうです(笑)
(風邪をひかなければいいけど)


「那須川 将大(なすかわ まさひろ)」
松本山雅から完全移籍
背番号 「3」 DF
12月29日生まれの30歳
(青森山田 出身)


「パス、シュート、クロスでどんどん絡んでチームの勝利に貢献したい」

司会者「青森山田出身ですね?」と振ると
「レイは可愛い後輩です。翔太は まぁ 生意気な・・・(笑)」
「翔太は僕のことを怖かったようなので・・・・」
「そのうち慣れてきたら・・・(笑)」

                  
「全力でプレーしている姿を見てもらいたい」 



印象「優しそうな感じ、でも川西が怖がるんだよね(笑)」


///////////////////////////////////


「藤本 憲明(ふじもと のりあき)」
鹿児島ユナイエッドから完全移籍
背番号 「10」 FW
8月19日生まれの28歳
(青森山田 出身)レイ、川西、那須川、藤本の4人


2016年 27試合出場 15得点(得点王)
2017年 30試合出場 24得点(得点王)2度のハットトリック
          
2年連続 得点王 



「気軽に話しかけてください、何でもします」
「目標はJ2得点王です」
「関西人らしく人見知りはしません」
「ピッチ内は得点をとります、ピッチ外では何でもします」


印象「とにかく明るい、イケメン、ノリが凄い、馬場選手からうるさい選手って(笑)」


/////////////////////////////////////

「イム スンギョム」
名古屋グランパスからレンタル
背番号 「16」 DF
4月26日生まれの22歳


「守備的なところがアピールポイントです」
「展開する能力だったり、キックの部分が持ち味だと思います」


「ちょっとだけ日本語ができます」
「ピッチ内では自分を活気のある選手だと思っています」
「趣味は歌を聴くこと(バラードです)」


印象「明るい 好青年」

///////////////////////////////

「星 雄次(ほし ゆうじ)」
レノファ山口より完全移籍
背番号は「19」 DF
7月27日生まれの25歳
双子の弟 


兄は福島ユナイテッドの 星 広太 選手(画像はwebより)
似てる(笑)


司会者「トリニータに双子の選手がいますが知っていますか?」
「もう喋りました、というか去年片割れと(岸田)とチームメイトでした(笑)」
「なにか不思議な感じがします」
「(兄と競争して)ゴール数を上回りたい」


「選手として試合に出ることがチームに貢献できる一番の道だと思うので
試合に出て、チームの勝利に貢献できるように頑張りたい」


印象「笑った笑顔がとてもさわやか」

//////////////////////////

「兼田 亜季重(かねだ あきしげ)」
アビスパ福岡から完全移籍
背番号 「23」 GK
2月26日生まれの27歳


「あき と呼んでください」
司会者「吉坂コーチから大分のGKは明るくなくちゃだめだよ、と伝言がありました」
それを聞いて「がんばります」とひとこと(笑)


「(サポーターから)声をかけてもらえれば喋れます」
「初めての人とは何をしゃべって良いのかわからないんです」


印象「人見知りが激しそう、 何か話題を考えよう(笑)」

/////////////////////////////////


「丸谷 拓也(まるたに たくや)」
サンフレッチェ広島から完全移籍
背番号「33」 MF
5月30日生まれの28歳


「大分トリニータの一員として温かく迎え入れてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。
また一緒に喜びを分かち合えるように頑張ります」
「プロ11年目になりますが大好きなサッカーをまだまだ楽しみたい」
「みなさんと楽しくコミュニケーションをとれたら良いなと思っています」


「(大分に)美味しいお好み焼きがあってすでに2回食べました」


印象「ものすごくさわやかで笑顔が優しい」

////////////////////////////////


「宮阪 政樹(みやさか まさき)」
松本山雅からレンタル
背番号は「35」 MF
7月15日生まれの28歳


あだ名は「バズ」 
(トイストーリーのキャラクターの名前) 画像はwebより
めちゃくちゃ似てる(笑)         


「ポジションはボランチです」
「自分のフリーキックやコーナーキックから得点を伸ばせるように、チームの勝利に貢献できるようにしたい」


「試合が始まってから終わるまで全力で一生懸命やることで、
見ている人に闘志であったり見せられると思うので今年1年頑張っていきたいと思います」


印象「真面目なところに好感が持てます」

/////////////////////////////////

「馬場 賢治(ばば けんじ)」
カマタマーレ讃岐から完全移籍
背番号「38」 MF
7月7日生まれの32歳


「大胆不敵 強気にアグレッシブにサッカーに取り組みたい」
「大分には(対戦相手として)点を取らせてもらった」


「自分は今年で33歳になるんですが前のチームでは年上が12人でしたがこのチームは上から3番目になります(笑)」
「年下の選手とうまくやれるようにしたい」
「頼られる存在になりたい」
「自分のサッカー人生をかけたい」


印象「見た目は髪が長くて個性的   優しい感じ」

///////////////////////////////

「刀根 亮輔(とね りょうすけ)」
ギラヴァンツ北九州から完全移籍
背番号「41」 DF
10月29日生まれの26歳


「7年振りに帰ってきました」
「ピッチ内、ピッチ外 全部頑張ります」


司会者「またトリニータのユニを着ますがどうですか?」
「練習着を着たんですが違和感しかないです」
「もう少し似合っていたような気がするんですが(笑)」


司会者「髪型をハードから替えられたんですね?」
「別に悪さして怒られたわけではないんで・・・(笑)」
「けじめじゃないんですけど(笑)」
「クラブに大分県に恩返ししたい」


印象「強面で近寄りがたいが、笑うと可愛い」

///////////////////////////

「山口 真司(やまぐち しんじ)」
ヴイッセル神戸からレンタル
背番号「50」 DF
4月26日生まれの21歳


「前はJ3優勝が経験できたので今年はJ2優勝、J1昇格を経験できるように頑張ります」


「お帰り という声にしっかり応えられるように頑張りたいと思います」


印象「前回同様 安定のさわやかイケメン」

//////////////////////////


終わった後、突然「ニータンを囲んで写真を撮ろう」という声でみんなで記念撮影(笑)
いつもは勝ち点3で指を3本出しますが、
この日の掛け声は伊佐君の「しっぽり~ J1」と指1本でした(笑)



最後に ニータン神社の「大分トリニータ必勝祈願」のお札をいただきました。
お気遣いいただき本当にありがとうございました。
毎朝 選手に怪我が無いようにお願いしています。


新加入選手10人を迎え2018年シーズンがスタートしました。
これから開幕までの約2ヵ月間が勝負です。
私もできるだけスポパに通い選手の汗や熱気を伝えられるように
選手と共に頑張りたいと思います。

ニータン神社と始動日のスポパで声をかけていただいた皆さん、
ありがとうございました。
遠い人は仙台から。
あとまた山口からもたくさんのサポさんがみえていました。
今季もよろしくお願いします。


今季もトリニータと共に1年間を過ごします。
           
頑張ろう 大分トリニータ!!
頑張ろう 大分12番!!
  



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「動画」2018年シーズン 大分トリニータ 始動(監督挨拶・もちつき)

2018-01-14 21:39:22 | 動画 大分トリニータ
2018シーズン 大分トリニータがJ1目指して動き始めました。
スポパに行ってきました。
監督の挨拶。
「必勝もちつきイベント」では選手がお餅を配ってくれました。
そんなもろもろを含んだ動画です。

                      
2018年シーズン 大分トリニータ 始動





コメント
この記事をはてなブックマークに追加