欧州文化(オペラ、絵画)をこよなく愛する

欧州文化を中心に最近の旅行記、読書などを日記風に書く。
時に英語やフランス語も使って・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京の交通機関のバリアフリーは10年遅れ?

2017-07-17 10:23:57 | 日記
 7月16日の東京新聞に「東京バリアフリー点検」というタイトルで「欧米に比べ10年遅れ」と書いてあった。本文を読んでも10年遅れというデータや根拠は書いていない。何となく納得してしまうが根拠を示さずに書くべきではない。私の実感では決して事実ではないと思う。
●毎年のようにフランス、イタリア、ドイツなどを旅行しているが、なぜここにエスカレータやエレベータがないのかと思うことは多い。例えばパリのメトロで階段しかないところは過半をしめるだろう。地上の歩道と改札、あるいはプラットアットフォームをエスカレータでつないでいるのは、私がよく利用した駅では一つしかなかった。パリのシャトル駅の乗り換えのように距離が500m以上あってしかも高低差が40~50mあるような駅では高速(過ぎる?)のエスカレータがあるがこれは当然だろう。日本人旅行客はタクシーや観光バスで移動しているから気がつかないだろうが、シャンゼリゼだろうがモンマルトルのメトロの最寄駅だろうが、階段で大きいスーツケースと格闘している旅行者を見る。
●またヨーロッパの鉄道は列車のタラップとホームの間に階段が3段、4段ある。勾配は結構急である。ここを20Kgを超えるスーツケースを片手で持って降りるのはかなりキツイ。持ち上げるのもキツイが降りる方が怖い。日本の場合はプラットホームと電車の床面と同じ高さである。こちらの方がよほど親切である。またヨーロッパの駅によってはエスカレータが壊れていて階段を利用しなければならないところもある。私の経験ではミラノの中央駅でエスカレーターが壊れていて40段の広い階段を2つスーツケース(40kg)を持って降りたときは危険すら感じた。妻には自分のスーツケースを持って降りる力はないし、といって一つずつ降ろすとその間一瞬はスーツケースを、置き引きの多いイタリアの駅構内に放置することになる。駅によっては階段の横にスロープがついていてそこを押し上げる、あるいは降ろす事も出来るが、それもないところがある。とにかく階段を持って上がるのが原則である。
●ただヨーロッパの場合は、重い荷物で途方に暮れていると大体若者が酔ってきて手伝ってくれる。地下鉄でもバスでも鉄道でも誰かが助けてくれる。これが日本とは違うところだろう。
●もちろん「欧州批判、日本礼賛」をするつもりはない。
日本の旅行の代表的な交通機関といえば東海道新幹線だろうが、ここにはスーツケース置き場がほとんどない。(進行方向・最後尾席裏だけ)一度東京駅で私の指定した席(一番前の席)にスーツケースをいくつか積んでいる外国人がいたことがある。置き場所と勘違いしたようだ。これに関しては日本のJRは50年遅れだと思う。ヨーロッパではローカル線に乗ってもスーツケース置き場はしっかりある。(それでも早い者勝ちであるが)
 新幹線は通路にもおけないし、大きい荷物で途方に暮れている外国人をよく見かける。JR東海は高い料金で大もうけしていて、その利益をリニアに投入しているが、気持ちよく旅行が出来るように考え直す方が良いだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『隠されたヨーロッパの血の... | トップ | 鳥が好き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。