コーヒー・ブレイク

英語講師を生業(なりわい)とし、リタイア後の充実感を求めて奮闘の日々です。

男性客室乗務員が少ないそうだ

2017年08月09日 | 日記

日本の航空会社でCA(客室乗務員)が女性ばかり

であることが話題になっている。

かってCAがスチュワーデスと呼ばれていたころ

男性の客乗はスチュワードと呼ばれていた。

また、パーサーという責任者的な仕事をする人もいた。

現在でもいるがその割合がきわめて少ないというのである。

飛行機に限らず日本では接客にあたる人は女性のほうが

良いと思われているようである。(いまだに)

今はそんな時代ではない。もっと男性のCAがいてもいい

のではないか。

米国人の男性客がひどく泥酔して機内で暴れたことがあり

その時に毅然とした態度で処理にあたった女性CAが賞賛

されている。

泥酔客や理不尽な要求をしてくる客はどこにでもいる。

保安と権威づけ(?)のためにも男性CAがいれば安心という

わけである。

ちなみにエールフランスでは三人に一人が男性のCAである

という。お国柄の違いであろうか。

           

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から仕事 | トップ | 弟よ。新盆に »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2017-08-09 13:40:29
こんにちは!
ポチ行脚中です。

お国柄なんでしょうね(^○^)
男女平等なんていっていても偏見の塊が
日本の様な気がします。

身近だった看護婦・・・
男性を看護士と区別していましたが、
呼び名だけ看護師に統一。

それでも・・・
こちらの方はどんなにキャリアがあっても女性の
方が出世が早かったですね。

Unknown (コーヒー・ブレイク)
2017-08-09 16:50:37
satochinさん
こんにちは。

フランスでは接客にあたる人は
男女どちらでもかまわないという
結果だと思います。
他の国ではどうなのか知りたいです。

そうなんですか。そちらではね。
女性の方が出世が早いところも
あるんですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。