湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

映画 光  眼に映るものとは・・・

2017-05-27 23:59:59 | 映画

話題作『光』を観てきました。

音声ガイド、という健常者の立場では馴染みのない世界をモチーフに、

見えること、見えないこと、見えなくなること・・・それぞれの立場での生きることへの葛藤が交差する作品でした。


河瀬直美監督は前作「あん」でハンセン病差別をモチーフにある世界に閉じ込められ世の中からそこを出ることを許されない人たちの生きる意味を詩的な構成で作りあげていましたが、今回の「光」では見る光、見える光、見えなくなる光、見えなくても見える光、見えなくても見たい光、見て欲しい光の数々を「光の切り取りかたの集大成」のような編集で見るものをスクリーンに惹きこんでいきます。

その展開に喪失と希望をテーマにした写真集の頁をじっくりめくっていくような感覚を覚えました。


水崎綾女が演じるヒロインは河瀬監督の人生の分身なのかと感じたのは私だけでしょうか・・・

「あん」に続き主人公を演じた永瀬正敏の演技は名演。円熟期ですね・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 彩の国100mile 挑戦記(1) North前半

2017-05-24 23:38:07 | ランニング

さて、やっとこさ、彩の国100mileの記録などをまとめ始めます。 100mile進めなかった106kmまでSouth+North1までの記録となります。(実走110km)

今回はスタートから堂平キャンプ場までのNorthの前半部です。

ネットで試走の動画アップされてますが 来年の参加を検討され、地図とイメージを一致させたい方は

ご参考にどうぞ。(全4回ですので気長にお待ちください)

図は右クリックするとオリジナルを別ウィンドウか保存するかで見れます。

 

5月19日は業務終了が遅くなるため、あらかじめ大会用具一式を駅のロッカーに預けておき、業務終了後、最終のJRを乗り継いで米原で新幹線に飛び乗って名古屋で危うく乗り換えミスしそうになりながら、横浜線で八王子に終電着。
宿でさっさと寝るはずであったが・・・駅前の「富士そば」の看板の目がくらみ、深夜食。お腹が満ち足りて寝たのは良いが・・・、

翌朝、八王子発の八高線の始発に間に合う時間にセットしたスマホ目覚ましのアラーム音をいつもと違う音色にしたため、勘違いして二度寝・・・Zzzz


・・・・あ~~っ! と飛び起きたら始発乗り逃がす。

次の列車は100mileスタート7:00にぎりぎり間に合うかもしれない!と宿を飛び出して飛び乗ったはいいが・・


暫くして横浜線に乗ってしまったことに気が付く。
またまた、大慌てで飛び降りて、また八王子に戻ってやっと八高線に乗る。

ここで事務局に電話で事情を話したら、7:00スタートは変えられないが、それでOKならスタートロスということで出走OKというご英断。
・・・うるうるありがとうございます。

列車の中でばたばた準備し、


100kmエントリーのやる気満々の皆さんと一緒に越生駅発のピストン送迎バスに飛び乗って



会場入り。

100mile受付テーブルに私のナンバーカードが1セット。
参加賞もらって、(レイドライトのナンバーカードベルト(欲しかったのでラッキー―)とケーキ。美味しかったですよ!)

受付の方々に御礼をのべ、そそくさ準備してスタート地点へ。
この時点で既に疲労困憊。

 

7:39 一人寂しくスタート

39分ロス・・・・10時間で戻れるかしら・・・

 施設の裏から遊歩道に周りこむ。どっちでもいいのかな・・左から入ってみる。

 階段登って

 遊歩道を快調走るが・・・

ここまでの移動のばたばたですでに疲れているので心拍数がすぐに上がってしまうので

にこにこペースに切り替える。とほほ。先が思いやられる・・・。

市道に出て越生梅林方面に進んで行く。

うん? ナンバーカードつけてない。100mileは私がラスト。

100kmのアップの人かしら ???

 大会案内に同封されていた地図で確認しながら進むが、マーキングがしっかりしていて

安心。

トレイルに誘導され 

最初の登りスタート。 

 けっこう急です。

8:28 雨乞山 340m

 下っていき

杉林の中でも大会の黄色い矢印が要所要所にあり完全なソロ行動になってしまったが

まず迷わない。

地図は先の展開読みとしてポイントごとに確認することにする。 

登り返し

 気持ちの良いトレイルが続く

うねうね

登って

下って

一度舗装路を横切って

 すぐにトレイルに入って上っていき

またすぐに舗装路に出て大クス方向に進む

すると

8:36 上谷の大楠 

 

 

大クスを抜けて進み

シダの青さが清々しいトレイルをうねうね進み

分岐で矢印頼りに進み

一転、杉林を登って

尾根に乗る。予報通り快晴。下界の気温は30℃超えそう・・

まだ9時前で涼しい・・・

 

8:55 左手に南下・・・ 

 石仏を横切って

 怖い顔してるな・・・

六万部塚の方向なので合ってる・・・ 

快適です! 

 うん、竹林が始まってきた・・・分岐近いか・・

 

 9:01 竹林への分岐 西に大築山方向に向かう

マーキングがしっかりしていて安心・・・ 

 地図で確認。ここに戻ってくるのか・・・汗;

気持ちの良いトレイルが続き 

 快調に進む

 大築山が近づき斜度が上がる

ぜーぜー 

すぐに下って 

 なにやら20日の往路は右とある。

標識いっぱいだが矢印がしっかりしていて迷わず進むと 

急登だ!!ぜーぜー 

9:22 大築山 466m ふ~~

そろそろ下界は暑そうな気配・・・

 

すぐに下って行って 

 走れます!!

走れます! 

体調は問題ないが無理しないでおく。先は長い!! 

減速してたんたんと下り 

流れの音が聞こえてきて 

散歩のひとに応援されながら流れを渡って 

舗装路を登り返して行く

 途中トレイルに入って

また舗装路に出て 

あ~~エイド。うれしい! 

 9:57 くぬぎ村交流会館 12.8km

ちょっとのんびりか・・・先は長い・・・

k-sokというリストチップを計測ボックスのセンサーにタッチ。

ヒョロロ~~という甲高い音色で通過を確認。

「すんません、100mile 39分遅れの者です!」

「あれ、後ろ2名いませんでしたか? 今、164/166ですよ」

「???」

どこで抜いたのかしら???

水をかぶってパクパク食べて出発。

お、噂の猫バス・・・笑 

 越沢稲荷の大杉を過ぎて

 

うねうねと登り再開 

広葉樹と杉のコントラストがきれいな尾根道を登っていき

10:19 新柵山 490m

 気持ちの良いトレイルが続き

 かっ飛ばしてみる

手に持っていた地図をパンツのポケットにねじ込んで飛ばす! 

 10:37 西平運動場

ここでトイレに行き、次は・・と地図を出そうとすると

・・・無い!! さっきの激走で落としていまった~

戻り返す気力はなく、矢印表示がしっかりしてるので迷うことはない。

先が読め無いのが辛いが・・

(幸い落としたのは今進んでいるNorthパートだけで、Southはサンピアの

バックにしまってあるので後半は大丈夫。この大会、矢印なければ絶対ゴールに

戻ってこれません~~)

気を取り直し再開。下界はアスファルトの照り返しがきつい!! 

宿交差点を渡って 

 慈光寺を目指して登っていく。

途中でトレイルに入って 

舗装路ショートカット! 

 すぐにトレイルに入って

 

 

 

 あ、・・・石段とある・・・

いやだな・・・ 

 長い~~急~~

 大腿四頭筋パンプアップしたら

 慈光寺。

11:06 慈光寺エイド  

ここで、また「39分遅れのものです~~」

「あ、貴方でしたか。100kmのトップかと思った。最後の166人目です。頑張ってください。」

100km? あ、そろそろ100kmトップ選手が追いついてくる・・・

ずっと一人で進んできたので何かしら安心感・・・

 さて、と飛び出し都畿山下の林道をうねうねと

登っていき 

 霊山禅院から

また林道を進み 

 木段を登って

高度を一気に上げて 

岩稜帯に入ると 

 座禅岩

ここからうねうね西に 

 登って

 登って

 登って

 ぜーぜー、暑くなってきた!

 10:31 金嶽 539m ここの分岐を北に

 だ~~と降りていき

いったん舗装林道に出て 

 横切って

 また登り返して・・・

 降って

 登って

 下って

 下って

 またまた舗装林道

 を登り返していく

 

暑い・・・ 

 集落を過ぎると

 え、やっぱり・・・

 まだまだ登る・・

 途中から鳥居に進めの矢印・・

トレイルに復帰

 急です。あれ誰か見えるぞ・・・ここから、ぽちぽち一人、二人と

100mile選手を拾っていく・・・

けっこう急です。 

 ぜーぜー

ぜーぜー あれ、また一人発見。 

木の根道になってきて無駄な踏ん張りしないように足の置き方注意。

大分追いついてきた・・・ 

 パスして、ぜーぜー

少し斜度が緩む 

 新緑に癒されなが・・

 息を整え

 げ、また急登・・・地図落としたので先が読めないのが辛い・・

 なんか参道ぽくなってきて

嫌な予感・・・ 

やっぱり・・・

ぜーぜー

あ、だいぶ追いついたぞ・・・

 

 笠山神社。

遅いペースでたんたんと動き続けてきたので体力は十分。脚も問題ない。

座骨神経痛もこの時点では暴れていない。

よし、いくぞ!!

 

13:05 笠山 837m ふ~~。 

 ここから南下

 尾根の緩やかな下りを

 たんたんと降りて行って

 林道にいったん出て

 登り返して・・

すぐにトレイルに入る。

このへんから100kmのトップ集団?がぱらぱら抜いていく!

頑張って~~~ それにしても速いな~~私はあのペースでは絶対100km

まで持たない・・・汗; 

 

舗装林道を横切って 

堂平に向かって登り再開! 

 

 

 再び広葉樹の新緑と杉のコントラストの木の根道を登っていくが

 結構きつい・・・ぜーぜー

 辛抱したら視界が開け、堂平山下の草原に出て

13:37 堂平キャンプ場 28.7km

ここで、なんと埼玉に住む高校の同窓生が激をいれに車を飛ばして駆けつけてくれた!

ありがとう!!

(FBでナンバーカードの番号を知らせていたので、エイド通過時間のアップを頼りに先回りしてくれたみたい。) 

半年ぶりの再会が標高870mって・・笑:

ちょっとだけ旧交あたため出発。

「サンピアに何時の予定か?」と聞かれたので17:00過ぎかと・・答えたが

よく考えるとそれは7:00にきちんとスタートしてた場合の話で39分のロスがある。

あと22.3km・・・ここまでのペースは12.5分/km。

体調不良で臨んでいるので無理しないで進んでいるが・・このペースなら行けそうだが11分/kmは厳しいかもしれない・・

「次のパートは?」と聞かれて躊躇。

「・・・体調次第。夜間パート出発すると走りきるしかない・・」

 

続く・・・

(今回、長いので4分割レポートになります。お暇なら付き合ってください)

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

UTMB(TDS)への道(6)彩の国100mile 速報!

2017-05-22 23:43:45 | ランニング

いやぁ~~。

場違いとは思いながら参加しましたが・・・・

場違いでした。

 

結果 

公式

North51km+South55km=106km 関門アウト 

106km 累積標高差 5945m 28:20:06

GPS カシミール

North51km+South55km  関門アウト 

110.9km 累積標高差 7628m 27:41:10

????

電車乗り間違いで会場入り遅れスタートロス 39分

ラストの登り前のコース誤り 4.2km 44分ロス

以上差し引て定刻7:00スタート、コースミス無しでも

26:57:10

106kmの100mile通過関門22時間に遠く及ばず・・・

練習の位置づけとはいえ、とほほ。

 

彩の国100mile 2017年

出走者 166

100mile通過者   19人

           内完走者 15人  9%

106km到達関門  54人      32%

・・・・とんでもないコースでした。

まずは速報まで。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UTMB(TDS)への道(5)彩の国100mile 前日

2017-05-19 22:49:56 | ランニング
さて、長時間行動の練習の位置付けでエントリーしてしまった彩の国100mile。
実はTDSの健康診断書をもらいにかかりつけの病院に行ったら所謂生活習慣病のデータが今一つで保留に!TDS大ピンチ。
気落してモチベーション低下。彩の国もDNSしようかと思っていたが、例の参加費もったいない病が出てとりあえずスタートラインには立つことにし会社業務を終え、最終の新幹線と横浜線でとりあえず八王子に移動。ここで一泊。ます。無理せず楽しんで来ます。

とは言え目標は必要。

最低限達成課題
NORTH 51km 9.5h
できれば
SOUTH 1 55km 11.5h

これで最初の関門に1時間貯金。

そしてSOUTH 2 55.9km
気力体力、体調が許せば目一杯時間使って増える関門を突破し14hでフィニッシュ。ここは無理しないでおきます。
コースの試走ビデオ見る限りおおつの練習コースプラス比叡山のイメージ。

月曜日、会議があるので嫌でも滋賀に戻る必要あり。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

UTMB(TDS)への道(4)彩の国100mileへの準備始める 東海自然歩道 音羽山ルート(2)

2017-05-07 22:45:11 | ランニング

連休最終日ですが・・彩の国100mile前の最後の追い込み練習。

届いた大会要項を見ていたら第1ステージのノースから第2ステージ サウス1までの106kmは22時間の制限時間だが途中の関門が無くなっていた!

一瞬、おっと思ったが・・・第二ステージ55kmは累積標高3025m。おまけに夜間走行が入りスピードはぐっと落ちてしまう・・・

つまり、この大会、第1ステージ51km、累積標高2920mのコースでどれだけ時間稼げるかが勝負の分かれ目となる。

ということで、マンネリぎみのいつもの東海自然道。

石山寺-音羽山コースに昔からの古道を組み合わせてトレーニング。京阪石山寺―岩間山―大平山―千頭岳―音羽山―牛尾観音ー逢坂陸橋ー音羽山―BBC-鳴滝不動長等-国分-京阪石山寺

35km、累積標高2700m。牛尾観音でお参りしたり、鳴滝不動見学でのロス入れて6時間30分。

タンタンとしたペースで動いたが、結構疲れました。

音羽山から京都市内

黄砂で比良山系がよく見えない・・・

音羽山頂上奥から音羽川に下って(途中激坂で危なくてまったく走れない~~)

桜ノ番場から牛尾観音に登り返して参拝。

音羽山に登り返して

逢坂の陸橋まで下って昇り返し

 

途中の看板のない分岐から鶴の里最上部に出て

池の内の集落を登りつめていき

鳴滝不動をお参り。ここで水を補給。

あれた林道を登りつめて

稜線に復帰

ここから東海自然歩道国分ルートに降りてラストのロードを走って終了。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加