湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

2018 京都マラソン 前日

2018-02-19 21:30:19 | ランニング
朝起きると、座骨神経痛が疼きだす。明日は寒気団が押し寄せる天気予報。
おまけに鼻水が止まらない。体もだるい。
と、ぐすぐすグダグダとストレッチポールに乗って腰の凝りを解して、ぎくしゃくしながら家を出て、JR山科で降りて昼食。
珉珉で中華カーボローディング。

餃子

焼飯

ジンギスカンでタンパク質


効果は? あ、単に好きなだけです。

山科から地下鉄に乗って、東山で下車。
みやこめっせに向かう。





受け付けを済ませて


エキスポ見学。


おみくじ引いて

フリクションペンをゲット。






STEPのブースでメダリストのジェルを購入。丹羽薫さんのFBで見た!と言ったら、クエン酸飴のおまけをもらい得した気分。
ついでにトップスピードとマグオンジェルも購入。あと、腹巻き代わりにフリップベルトも購入。

何を思ったのか、京都市消防局のブースで人工呼吸の練習。

心臓マッサージやマウストゥーマウスの正しいやり方を教わる。


お腹膨れてるので屋台めしはパスして帰宅。
途中、最寄駅のマッサージ屋さんで60分コース。弱い左を庇って右がガチガチですね~と分かっていることを指摘される。う~ん・・・。
マッサージ、ストレッチ後、座骨神経痛が暴れだし、ギクシャク歩きながら帰宅。

卒業する次女が独り暮らしを終えて一時的に家に戻ったのですき焼きでお疲れさん会。私は肉は少な目でご飯を二膳たべ、風呂で暖まる。

奥さんが植物園で応援するというので、思案。
ペース計画どうしよう・・・
2年前の実績なら11時13分前後。
調子はこの1ヶ月半、真面目に練習して、去年の富山、加古川より遥かに仕上がりは良いが、ポイント練習でのスピードは2年前に及ばない。
突っ込んで入れば、11時10分、キロ5なら11時15分。ということで11時13分前後と指定。
奥さん 「何、その半端な時間?」
私   「まぁ、当たるから。」
子供たち「フィニッシュは」
私   「・・・12時25分・・・」
と言ったものの、キロ4分50秒は今の走力では無理。
実際は前半キロ5で入って、後半粘ってサブ3.5狙いで復活を果たす。

問題は明日の気温。
朝は零度。お昼で6℃。
雨は降らないが北風。かなり寒いはず。

ウェアは思案して厚手コンプレッションウエア上下にランニングTシャツ、ランパン。汗冷え防止でファイントラックをベースレイヤーを着込む。
もし、10時ころ一気に気温が上がると大発汗で撃沈のリスクあるので、最終は明日朝決める。
問題は寒さによる余分なエネルギー消費。
そこで思案・・・5kmで一個ジェルを食べるぞ!!! え、そんなに食べられるのか???



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 京都マラソン 速報

2018-02-18 20:48:50 | ランニング
ここで、負け癖(35km撃沈、歩きが入る)がつづくと、フルマラソンも参加することが目的となるファンラン(これも憧れますが・・・)の部に降格となる危機的状況で臨んだ京都マラソン。結果3時間32分。2016年の京都で3時間28分、サブ3.5達成以降、毎年シーズンベストが2分ずつ遅くなって、加齢との闘いになってますが、35kmで脚つり出しながらもきっちりフィニッシュしてシーズンベストで終われたので良しとします。でも、悔しいので舞妓さんと記念写真とってリベンジ誓いました。振り返りはおいおい・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 京都マラソンまで1週間  (2018UTMFまであと73日)

2018-02-11 19:17:32 | ランニング
昨晩、ピョンチャンオリンピックのジャンプノーマルヒルの風を見ていて、風って嫌だよな・・・と思って寝たが、

本日、京都マラソン1週間前の最後のポイント練習で湖岸に出たら比良は吹雪いていて、

強烈な風が山から吹き渡り、苛めないでくれ!と心で泣きながら
1セット510ー445ー4304本の12kmコントロール走

結果
507 455 436 寒くて体ガチガチ
508 440 425
513 439 417
511 438 409

昨日自転車漕いでストレッチポールで泣きながら凝りを解したので脚が良く回った。

加古川撃沈後、この1ヶ月半、やるべきことはやった。あとはフルマラソンの進退伺いを書いて当日に臨みます。
ところで、レース当日、京都の天気予報は曇りのち晴れ。雨風だけは勘弁して欲しい・・・






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 伊吹山 山スキー記録 寒い!!!! (2018UTMFまであと80日)

2018-02-10 20:06:10 | 山スキー

京都マラソンまであと2週間と迫ってきてテーパリング期に入り、蓄積疲労の調整をしていかなければならいないのだが、 UTMFも近づいてきている。走り込みはマラソンの練習でできるが、山を登る練習も積み上げて行かなければならない。

例年より雪が多く、雪を求め遠出する必要はないのだが、土日の天気がどこも良くない。

天気予報を追っかけていたら。近場では滋賀の日曜が辛うじて午前だけ晴れのち曇り。午後は崩れる予報・・

木曜からの暖気で緩んだ雪がクラストして滑るには厳しいことが想定されるが、1合目までず~~と滑って下山でき、行動時間が短くて済む、伊吹山に4日登ってみることにする。

 

上野についたら曇りだが、雲は動いている。お店裏の500円駐車場に車を止め

7:10 スタート 

登山道は 

登山者によって踏み固められ

歩けるので、ザックに板を結わえ、山スキーブーツでキックステップしながら登っていき・・ 

 1合目で雪がたっぷり。悩んだが・・

 登りの筋肉を鍛えねば!と

3合目までブーツで登っていくことにする。 

2合目の分岐は登山道に回らず 

真っすぐ登っていく。

つぼ足跡をトレースして登っていくが、すすきの斜面の積雪。けっこう踏み抜いてしまうことが多く、足に重りをつけた筋トレ状態。

ぜーぜー・・ 

先行者はシール登高。埋まらずにすいすい登っていく・・

私もシールに装着しようかしら・・と弱気になるが、今日は滑りは楽しめないのでトレーニング!と自分に言い聞かせ・・・ 

 ぜーぜー・・予報通り晴れてきた!比良のあたりにある雲が来る前に登るぞ!

いったん登山道に進んで 

 途中で昔のリフト斜面にとりつく・・

今度はクラストしてカチカチ。キックステップで登る場面が多く、アイゼン持ってきていないことを後悔。

今日はトレーニングだ!と言い聞かせ

ぜーぜー・・ 

ふ~やっと乘った。

う~~、5合目から上、吹雪いているみたい・・

先行していたシール登高の方は既に5合目に向かおうとしている・・・ 

3合目で 

 

シール装着し

私もシール登高。なんか足が張ってるぞ! 汗;

樹氷が奇麗・・ 

 いかんいかん、さっさと登らなければ!

 五合目・・・あれ、意外に雪が少ない・・

ブッシュもけっこうある・・・あ、雲が迫ってきた。急げ! 

 昨シーズンから南西尾根から頂上を目指しているが

 

尾根までが急斜面。今日はクラストした斜面に軽く積雪しているだけで、シールがあまり効かない・・ 

 ジグを切って昇るとスキー面が雪面に入っていかないのでグリップが悪く

 結局、ポールでファイト一発状態で腕力に頼って登っていく・・

効率悪く、時間がかかっていたら・・あ~~雲に追いつかれた!!

風がきつい!! 

おかげで雲の動きが速く

頑張って登っていったら 目指す稜線が見えてきた!

どんどん雲が移動してくる・・・ 

 頑張れ!! ぜーぜー

風が強く、登高スピードが落ちると汗冷えして、さ、寒い!! 

 板は雪の上に載ってるだけ。脚だけに荷重してるとシールがグリップしないのでポールにも荷重し、全身で登っていく・・

 やっと、南西の稜線に乘る。

風がきつい!ぜーぜー、ぜーぜー 

あのカレンフェルト帯を抜けると頂上はもう少し・・ 

意外に雪に埋まっていて、帰路の下りに難儀しなくて済むので助かる・・・ 

 あれ、雲が鈴鹿の方向に流れている・・・

 

あの雪止めを超えると、夏道の遊歩道エリアのはず・・ 

 雲の真下に入った。遊歩道エリアを抜けて

3時間40分かかって、凍てついた伊吹山寺(いぶきさんじ) 

寒い!! 

ヤマトタケル像は雪の塊 

 あの雲で覆われないうちに

南西尾根斜面に移動して 

 ドロップするぞ!

 が、ウィンドパックでカチカチ。

どのように滑ろうかと思案してたらボーダー2名が突っ込んで降りていくが・・・カチカチの斜面に歯が立たず、大回りで斜面を縫わずに下っていた。

 で、私は・・・吹っ飛ばされないで滑るのが精一杯。ターンのきっかけづくりに難儀。

雲が向かってきて視界が悪くなり、砕氷船のようにウィンドパックの表面を割りながら、慎重に降りる。 

風の呼吸の間を縫って滑る。標高が下がると若干雪が緩み、シュテムターンで滑っていく・・ 

カリカリ、バリバリ・・スキーが下手糞になった気分・・ 

 雲がどんどん動く・・

スキーを開いて半ば強引に谷荷重していくので、だんだん腰回りがパンパンに張っていく・・・ 

 でやっと6合目、避難小屋。登ってくる人と下山してくる人で賑やか。

ここで昼食 

ここからは下山のための滑り。 

相変わらず、ウィンドパック状態。バリバリ滑る・・・

 重いモナカ雪でないのが幸い・・・

だいぶ降りてきて 

去年から下山に使っている左から 

林道滑降!

スノーモービルの踏み跡を滑ると 

高速レーン!注意しないと谷に突っ込んでしまう! 

どんどん下って行って 

 

途中でお寺の方に曲がって 

 

登ってきた斜面に復帰。 

左側の雪が緩んだ昔のお子様ゲレンデに抜けて、フラストレーション発散でショートターンを1本。

あ~~、スッとした。

 1合目に出て

雪の解けた右の舗装林道を 

てくてく降りて 

 あれ、晴天・・・天気予報は午後から曇るはずだったが・・笑

 下山。

本日14km

今日のご褒美!

 伊吹薬草の里 文化センターに移動して

お風呂で汗を流す。 

ここの風呂上りはこれ!! 

伊吹山、山スキー、いつも滑りで下手糞になった気にさせられます。練習が足りないですね・・ 

飛び出し坊やのバリエーションを発見! 

 移動距離 14.7km  累積標高+1399m (カシミール)

 

 行動時間は短いですが、全身疲労でした。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 山スキー 2日目 伊吹山

2018-02-04 22:49:02 | 山スキー
寒波到来が収まらず、各地雪はたっぷりあるのだが、如何せん土日の天気が良くない。モチベーション上がらないのだが、UTMFも近づいてきており、少しでも山に登る体力づくりをしなければ・・・と午前だけ晴れる予報の伊吹山へ。
で、天気予報は大嘘で午前中に寒気団の雲、風が押し寄せ、まずい!と登頂してそそくさドロップ。カチカチのバーンに吹っ飛ばされずに何とか下山。
詳細は別途。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加