湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

白滝谷に涼を求め・・・明王院ー伊藤新道ー白滝山ー白滝谷ー明王院

2017-08-06 23:59:59 | ハイキング

 

8月6日の大津は34℃の予報。エアコンの無い我が家にいては熱中症になるので思案。

・・・・低山でも渓流沿いに登れば涼しいはず、

と奥さん誘って比良山系ハイキングへ出向くことにする。

今回はメジャーでない白滝山1022mへ明王院からワサビ谷登って白滝谷を降りて戻ってみることにする。

 

のんびりハイキングなので9時過ぎに坊村に入ったら・・・

既にいっぱい。みんな武奈ヶ岳に登って大混雑だろうな・・・

日向はさすがに暑い・・ 

お庭工事中の比良山荘を抜けて 

 

明王谷を進む 

 

 

舗装林道を登っていく。先行者は4人のおじさんハイカー。 

二の滝 護摩堂 

 

しばらくして三の滝入り口 

せっかくなので見学 

 

 

見えてきて 

 

滝壺覗き込む。深いです。 

戻って少しして 

覚照水 豊富な岩清水で喉を潤す。(帰りにリザーバーを満タンにして帰ろう!) 

すぐに登山道分岐。伊藤新道を進んでいく。 

取りつきは杉斜面。 

岩場の中に道がある。 

 だんだんと流れに沿って登っていく。

 

 いったん杉斜面から回り込んで

 再び流れに沿って登っていくと

わさび大滝に出る 

水量多く、オゾンをいっぱい吸い込んでリフレッシュ。

滝の裏に回り込むと

 わさび天井滝??

 なるほど・・・

再び杉斜面。勾配がよくわかります・・・汗; 

ジグザグと 

 

 高度を上げて

谷に降りて 

 流れを渡る。

奥さん頑張る! 

ぜーぜー 

しばらくすると斜度が緩み 

 

 

 

ブナの林に変わる・・・ 

白滝山の手前のピークに出ると3人のパーティーが昼食を終えたところ。

風が抜けて涼しいのでここで昼食にする。3人はびわ湖バレーから下山するみたい。 

涼しいのは良いのだがブユ、ハエが多い。赤とんぼも飛んでいる。

おなかが膨れたので行動再開。 

すぐに白滝山の頂上。 

そのままオトワ池に降りていく。 

 

木立の向こうに見えてくる・・・ 

静かな池ですが 

よく見ると、イモリ、イモリ、イモリ・・・ さすが高層湿原

長池はパスして緩やかな東の斜面を降りていく。 

 

流れが出てきて、そこに沿って降りていくと 

 

 

 分岐に出る。

 

 

 

いったん夫婦滝を見物。

 

見えてくるが・・・ 

 

あれれ、見物用ルートが崩壊している。

沢屋さんの10人くらいのパーティーが登ってくるので降りてみる。


オゾンいっぱい!

 

接近できるところまで寄って、パチリ。

登り返して分岐に出て朽ち果てた明王橋の横を渡って 

下山する沢屋さん一行に先に行ってもらい 

急斜面を降りていき 

谷斜面をトラバースし 

登り返して 

またトラバースし 

谷沿いに降りていく 

 

 

白滝谷に降りる。水量豊富です!! 

 

朽ちた橋をいくつか渡ってうねうね進む。 

 

 

 

 

 

 

振り返ってみると・・・う~~ん。汗; 

まだ続く・・ 

 滑落注意!

 

いっきに斜面を真っすぐ降りて 

 

 流れに降りていく。

いくつかロープを伝って流れを渡り 

 

 

 

 

 また登り返して

岩稜地帯を過ぎると 

 お、林道!

 牛コバに出た。

 

 

 

林道を真っすぐ降りていく・・ 

紅葉が奇麗だろうな・・・ 

そうこうして伊藤新道分岐。 

すぐ先の覚照水でリザーバーを満タンにして下山。 

振り返ると夏空。一番暑い時間帯に渓にいたので良い避暑になりました。 

 

 舗装路を下って

 

明王院に寄ってみる。

 

 坊村の駐車場に戻ると台風が北上しているのがわかる雲行き・・・

沢、溪、滝と巡り熱中症を回避して12km

 

 カシミールで累積標高1425mと動けて良かったです。

 

帰りは久々に朽木村のてんくうに寄って温泉に入り

 

大津衣川の「かつ原」でトンカツ食べて栄養補給

 

帰宅したら川内選手の激走見逃しショック。ところで台風、明日直撃。帰宅できるかしら・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 7月二足移動実績 | トップ | UTMB(TDS)への道(11)第1関... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハイキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL