湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

UTMB(TDS)への道(12)TDSのイメージトレーニングを近場で 霊仙山 一周

2017-08-20 23:59:59 | ランニング

さて、先週の伊吹山で大いに自信を無くしたわけだが、真夏の無木立のトレイルを行動する覚悟はできた。

シャモニーの気候は異常高温になることもあり、これでびっくりすることは無くなった。

だが、しかし、TDSはカテゴリーとしては山岳縦走レースに近い。

(YouTubeから)

大会までまだあと10日ある。イメージトレーニングするには北アルプスにでも行けばよいのだが暇と金がない。

・・・思案。

そうだ、霊仙山があるではないか!!!

と、土曜の夜、思いつき、翌朝、通勤定期で米原まで行き、朝一番のバスで醒ヶ井養鱒場に到着。

(JR醒ヶ井から市道を走っていくことも考えたが、真夏のロードは体力消耗するだけなので止めておく)

水場が山小屋かなやか大洞谷まで無い。ザックのハイドレーションボトルは計1L。頂上まで水を節約するため、ペットボトル両手持ちでスタート。


しばらく登山道入口まで林道を走り登る。 

渓流沿いで涼しい・・・ 

谷山谷は相変わらず不可。右に榑ケ畑に進んで いく。

結構な勾配・・・ 

ぜーぜー 

大汗かいて登山口。 

 届け提出しようとしたら・・・用紙切れ!

仕方がないのでハイキングのおじさんたちにご挨拶して行動再開。 

 榑ケ畑の廃村跡 

あの小屋を過ぎると山小屋かなやが立っているはず・・・

山小屋 かなや

無人飲料販売なし・・・ 

 登山開始・・・駆け上る・・

斜面は急です!! 

汗ふき峠 

思案。トレーニングだからの登り返そう!!とそのまま峠を大洞谷に下降!! 

(一応、汗ふき峠から落合までのルートは公式には不可)

激坂をロープ伝って下降。 

相変わらず荒れまくり! 

台風被害以降も河岸の崩壊は進んでいる模様・・・ 

 根こそぎデス!

雨が続いたので水量豊富! 

あ、ルートが消えてる! 

 渡渉用ロープがあるが・・・

水量豊富で足の置き場がない!! 

しかたがないので 

ざぶざぶと渡る。トレランシューズは基本ランニングシューズなので水キレ抜群。すぐに乾きます。 

たんたんと駆け下りる・・がまた渡渉・・ ここでペットボトルに給水。冷たい!!

この丸太橋、ついに朽ち果てていた。ブヨブヨです。 

そうこうして流れが穏やかになり 

あれれ、数年ぶりなので記憶にない。 

 2015年度の事業の砂防ダム。記憶にないはず。

落合の廃村。珍しく、仏事でご老人たちが集まっていた。護岸も進んでいました。 

そうこうして、今畑の登山口。登り再開。 

いきなり急登。

 ぜーぜー、緑が奇麗。またまた大汗。

 ぜーぜー 今畑集落跡。

いつも思うのだが、ここの水飲めるのかしら・・ 

 集落跡の裏から廻って

杉林をジグザグ登って 

尾根に乗る。 

 ぜーぜー

ぜーぜー 

うねうね尾根を登っていき・・・ 

岩が目立ちだし 

もうちょっとで 

笹峠か・・・ 

ブナのトンネルを 

抜けて 

 笹峠

ちょっと下って 

 登り返す。

南西尾根取りつき 

 ここから300m急登!!

 

 ここから一気に斜度が上がる!

粘土斜面で岩がなければ滑りまくって進まない。 

 ここで、山スキーの記憶から斜面を東方向気味にトラバースしてしまい、岩場から離れてしまって、滑って進まず、手も使って這い上がる羽目に。

堪らず西のカレンフェルト帯に戻って

登り易い・・・汗; 

振り返ると絶景! 

急斜面をいったん登ってから小休止。心拍安定させて 

近江展望台を目指す! 

 たんたんと駆け上る!

もう少し! 

近江展望台! 

ずっと向こうに頂上。TDSのイメージトレーニング。 

進むにつれて 

カレンフェルトが多くなり 

ここから頂上までず~とカレンフェルト帯。 

長浜の湖岸がよく見える。 

振り返ると美しい稜線・・・ 

奥深く鈴鹿山系・・・ 

 カレンフエルトが密集。この上を駆けるとまるでバランストレーニング!

最高点が見えてきた・・・ 

さすがに歩き・・ 

乗り越えると断崖。 

冬は巨大な雪庇が発達するところ。ここは危ないので樹林の裏から回って 

駆け上がって 

霊仙山最高点 1098m

霊仙山に進む。

 来し方を振り返ると・・きれいですね。

雲が近い。さすがに涼しい! 

もう少し・・・ 

 頂上。

 伊吹山方向、見えません。

長浜方面

 比良山系方向

さぁ、下山。 

北斜面を 

獣道沿いに下っていく。 

振り返る。 

草を掻き分け 

 登山道に復帰していく。

TDSのイメージトレーニング 

お虎ケ池 

軽快に走って 

下降開始。 

カレンフェルトを乗り越えると 

お猿岩・ 

ここから登山道を 

一気に 

下っていく。 

 

 

 樹林帯に入って

 駆け下る。

今日は再びウルトラカーディアックⅡをテスト。これTDSでも使えそう! 

汗ふき峠に下っていく。 

 だ~~と駆け下る。

ヒルのシーズンはまだ終わってないので登山者もわずか。登山道独占で快調に走れます。 

 高度が下がるとさすがに蒸し暑くなってきた

飛ばします! 

三合目を降りたところで 

年配登山者ペアと遭遇。しっかり長ズボンとスパッツで防備。

「あんた、ヒル大丈夫かね?」結構多いぞ!」

「走っているので大丈夫です!ありがとうございます」 

しかし、別れてから気になり、チェックしてみると右足首に赤黒い塊。剝ぎ取ると・・

やられていた!!! とほほ。 

他は大丈夫だったので気を取り直して再開。 

汗ふき峠。ここから約4km弱で醒ヶ井養鱒場 

 ここまでで13km

だ~~~ 

と下って 

かなやで水補給。 

登山口目指して集落跡を通過し 

林道に出る。暑い!! 

 舗装路を駆け下るが・・・けっこう標高高いんですね・・

 醒ヶ井養鱒場を通過して

バス停で終了。

おなか空いたので松尾寺経営の食事処 醒井楼に寄って 

打ち上げ。鱒丼定食。 

 鮎の塩焼き。美味しいです。

お金を定食で使ってしまい、ビールは缶ビール。

松尾寺を見物して

本日終了。

先週の伊吹山とはうって変わって動けたので自信回復。

17.4km 累積標高1492m

TDSのイメージトレーニングにはなったと思います。

今週はおとなしくして出国準備しなければ。仕事も段取りつけておかねば・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UTMB(TDS)への道(11)第1関... | トップ | UTMB(TDS)への道(13)TDS ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL