湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

2016 山中温泉トレイルレース 初参戦 第二関門~フィニッシュ

2016-11-05 15:52:59 | ランニング

14:00 再開。残り33km。 フィニッシュ 目標 21:00

ここから第三関門まで4時間はかかるという前日の解説。

三童子山を降りて関門なので、第三関門の目標を18:00とする。

 公園内でトイレを済ませてロードを下っていく

 杉水峠に向かって登り返していく

 舗装路から未舗装の林道を登りつめると

林道の終端となり、杉林の中の峠道を登っていく

 再び急登・・・

ここが峠かと思ったが・・・ 

いきなり杉林の作業道  ぬるぬる  ドロドロ  一度、スリップして横転。またまた戦意喪失・・ 

何度もこけそうになりながら、やっとこさ降りると本当の峠 

 沢筋を降りていく・・・

もうぐちゃぐちゃ。靴もずぶずぶ、ドロドロ。走ると、泥濘にキャッチされて靴が脱げそうになる。とほほ。 

下ると今立のエイド 

やっと、まともな林道に出て 

今立の集落に入る。 

15:08 今立のエイド。先日のブリーフィングでは第二関門から1時間かかると言っていたので少し遅い。

やはり杉水峠で時間を取られすぎた・・・ 

あと27km。ここから3時間で第三関門通過するとまず完走できるみたい。 

 再開してしばらくすると集落のご老人が地元の焼きせんべいを配ってくれる。これが美味い。ありがとうございます。

地元のお母さんの応援を受けて荒谷の集落から・・ 

 鞍掛山に向かっていく

この一帯は東谷と呼ばれているみたい・・ 

再び山岳セクション開始。 

 

登山道を登らずに林道から 

 巻いて登っていく・・・

鶴ケ滝 は見事です。

 美しい渓流を過ぎて・・

 登山道に入る・・

よっこらしょ・・・ 

登りつめていくと 

 またまた急登。もう驚かない。

 

ぬるぬる滑りながら登って 

分岐を三童子山へ・・・

昨年の記録を見るとここから後半の難所。 

登って 

下って 

 

登って 

下って 

日が傾いてきた・・

下って 

登っていくと向こうにピーク。しかし、あれは三童子ではない・・・汗; 

 下って

 登って

 登って

 鞍掛山に日が沈んでいく・・・

 

 また登ると

P456 

ここから急下降となるが、不規則階段でテンポよく降りられない~~ 

 次のピークが見えてきたが・・日も暮れてきた~~~

 登り返していき・・

 

あのピークを目指す・・・ 

 またまた不規則階段の下降・・

これ、嫌い!! 

登り返して・・ 

 夕焼けを眺めて一息・・・おいおい、急げ!

 登って

 下って

 

 ずるずる下って

 もう限界。点灯。

 P540 ここからライト点灯走行。写しても無駄なので記録なし。三童子山まで同じパターンの繰り返し。

17:46 三童山通過 誘導の人が急ですよ~~と注意。 降りきったら林道2kmでエイドだよ~。

急ですよ~~どころではない。滑る登山道を踏ん張りながら降りていく。もともと登山でも下りがへたくそなので

「もういや~~」と思って降りて行ったら林道に出る。ほっ。 

 真っ暗な林道を下って行って

 18:16 エイド  ここで予定より16分遅れ、と勘違い。(まだ第三関門でない!三童子山のくだりの緊張で思考停止状態)

水だけ飲んで再開。暗闇の林道をひたすら走って(どこにいるのかさっぱりわからない)

 

18:37 第三関門 鞍掛山登山口 

ここではじめて予定より40分近く遅れていることに気づく。しまった、ぼー~としてると、完走ぎりぎりになる。

ここでハイドレーション満水にしてすぐに出発。

 

鞍掛山に向かってく。

 真っ暗な登山道に向かって走って

登山再開。 

 登っていくと、ロープの急登やら急な岩稜帯でいっきには登らせてくれない。

 やっと鞍掛山478mについて、すぐに下山開始

木立にくくってある看板を見るとこのルートは加賀とのお新道、とあるが、新道だけあってシングルトラック。 

遠く加賀市の夜景・・・ 

 

しばらくはうねうね走って降りて行けたが・・・・

P236あたりから沢に降りていき、またまた急下降ズルズルの下り。ぜんぜん駆け下りられない。

ずぶずぶ沢も下って・・・

やっと下山。林道を走って・・途中並走した人とエイドを目指す。

先に見えるは並走した人。真っ暗な広い林道を走るとこんな感じ。 

そうこうして県道に出くわし、塔尾の集落 20:30 最後のエイド。 

記念にポーズをとってもらう。並走の人があとどれくらい?と聞くと

「この先の集落から林道をう~~と頑張って走って、トレイルでぴゅーと遊んで、温泉街をうぁ~と走ったら終わりです。あと一時間ちょっとかなぁ。頑張てね!」

・・・・・汗;

 再開。並走のひとより先に走って、集落から

 林道に入って

しばらくしっかり走ると三童子で抜かれた人たちを一人、二人と拾っていく。

林道の終端あたりで分岐の標識。 斜面の上に赤橙。突然チアホーンがけたたましく鳴る。

どこから登るの?? え、ここ?? とよっこらしょと林道にとりついて一度巻くと

誘導員のおじさん。ここ真っすぐ登って、登ったら右進んで!!

見ると一本のロープ。なんと、ロープで這い上がって尾根に乗ったら右に転じて進む。

すぐに走れるトラックになって久々に快走。ライトはUTMF44kmの残バッテリーのため、そろそろ照度が落ちてきたが

ライトに照らされる空間は見事なブナ樹林。昼間に走りたかった~~あ、無理か。 

試しにフラッシュなしでパチリ。当然、真っ暗。

あ、遊んでいる場合でない。 

そうこうして、舗装路に出て 

誘導されて 

鶴仙渓遊歩道に入る 

遊歩道を 

 大聖寺川に沿って進むと、対面は温泉宿の明かり・・・石畳の遊歩道をうねうね進んで

不動滝を過ぎて 

無限庵に登って 

 

また下り返して 

 こおろぎ橋を

渡って

ここから菊乃湯に向かって歩道を駆け下りる。 

向こうから私の名前がコールされている。 あ、終わっちゃう・・・

21:45 フィニッシュ。三童子で手間取り予定より45分遅れ。危なかった~~。

頑張らなかったのでまだ走れそうな気が・・・

制限時間内フィニッシュの後続の方々に声援を送って自分も感動。

完走率は68%かな。第一回大会は8月の猛暑の中のこのコース展開。完走率27%。完走者には敬意です。 

預けておいた荷物から温泉セットと着替えを出して菊乃湯に突撃。

いいお湯でした。浴槽が深く、よく温まりました。 

 

 この後、高速飛ばして帰宅。途中仮眠したので、自宅には深夜遅く到着。

余裕で完走したつもりでしたが・・・自宅の階段の登り降りで大腿四頭筋が使い物にならず、朝の出勤の駅の階段も

痛くて壁でバランスとりながら降りる始末。

やはり、かなり厳しいコース展開でした~~

大日山、富士写ヶ岳、鞍掛山の加南三山を17時間近く森林浴させてもらって、紅葉の始まりの中、思いっきりリフレッシュできました。

また、一応想定内のレース展開で達成感もあり、今シーズン最後のトレランレースを満足感いっぱいで終わることができました。

 

今シーズンンを振り返ると

2015年のレースで完走率ワーストに挙げられた、

2015年

 山中  27.6%

 奥三河 31.6%

 比叡山 46.0%

の三つを完走でやっつけ、おっさんの今の体力の確認ができたのは収穫でした。UTMFの短縮は仕方がないことなので忘れます・・

さて、フルマラソンに突入します。

まず一戦目は、なんと、12月の奈良。覚悟して臨みます!!

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 山中温泉トレイルレー... | トップ | 比叡山 お気軽紅葉見物 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (走るオヤジ)
2016-11-10 22:26:33
完走おめでとうございます。 昨年完走者のロッキンポさんからはコース上でバタバタと人が倒れていてまさに戦場やったと聞いてましてゴール後、どのミドルクラスに出ても怖くないとの事でした。
秋になったとはいえ、ハードコースになりながらも完走おめでとうございます!
先日の私45kD2500に比べたら倍ですね‥ご年輩でも流石ですわ~
やはりトレイルランナーはすごいです! 
Re:Unknown (湖南オヤジ)
2016-11-11 18:45:34
オヤジさん、ありがとうございます。
記録写真バシバシ撮ってしまい、家族から走りに行ったのか写真撮りに行ったのか、どっち?
と笑われる始末でして、レースをハイキングと間違えてしまった年配者です。(^^;
60歳台で13時間でフィニッシュした方がいますので芸の道は厳しいと痛感している今日この頃です。
おつかれさまです- (登るオヤジ)
2016-11-18 12:41:17
湖南オヤジさん完走おめでとうございます。
見どころ豊富で良いコースレイアウトですよね。
ハ-ドですが・・
去年出ましたが後半のエイドでスタッフに100人も通過してませんよ-の声掛けに、まじっすか?イヤイヤ俺たちそんなに早くないぜ-と選手が答えるくらいスピ-ドより地味にこなしていく選手向きのレ-スだったかもしれません。レポにもよくでるコース上に選手の屍が~みたいのは残念ながら私のペ-スではなかったですね。速い選手がリタイヤした後だったのかも。最終エイドのスタッフさんが可愛らしくて時間に余裕もないくせにスタッフさんの周りから離れられないオヤジどもが私も含めてですが、このレ-スの一番の良い想い出になりました。
去年はゴ-ル後にお椀を記念にいただきましたけど今年はありました?プラスチックでしたケドw
Re:おつかれさまです- (湖南オヤジ)
2016-11-19 22:35:20
登るオヤジさん、ありがとうございます。昨年走られ完走されたのですか!尊敬します。8月では私なんか気力持たないと思います。ことしはお土産無しでした。コースとロケーションはいいですね。来年どうしようと思案してますが・・これ2周すると約100マイルと妄想しました。

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL