湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

2017 彩の国100mile 挑戦記(3) South1前半

2017-06-09 23:41:14 | ランニング

荷物置き場になっている体育館入口のエイドでパクパクと口に放り込んで

体育館に入って、South1分のジェルを補給。

エネルギー補給は順調でエイドでもしっかり食べていたのでバテはない。

脚の調子は左の座骨神経痛の爆発は幸いなく、ときたま足が痺れるが、走りながら腰の位置や姿勢を色々と変えるとしびれがひくので動くのに支障はない。

さて、どうする。バックに大切にしまっておいたレッドブル飲みながら思案。

39分のスタートロスは仕方がないので、North+South1の制限時間22時間クリアはまず無理。

では 自己計測での22時間クリアーは・・・かなり難しい。

必至に動き続けると少しは近づけるかもしれないが・・・夜間走行、そんなにペースは上げられない。

体調的に突っ込むことは危険。

・・・よし、大いなる100km超の練習にする!!と割り切る。

事務局がネットで公開している自分の状況を見てみると

飯盛峠のエイドで149位/166人。 え、じわりじわり前を拾っている。

動き続ければいいことがあるもんだ・・笑

Southの地図をポケットにねじ込み、トイレを済ませて

ヘッドライトを装着して

18:25 South1をスタート。ピットイン時間は25分。ちょっとのんびりしすぎだが、体力は回復!!

行くぜ!! 

前半の赤のラインの記録。

 ニューサンピアの裏に回る。今回は駐車場の裏から廻って 

遊歩道にとりついて 

たんたんと進んでいく。 

夕暮れが進んできた・・・ 

 

道路を東に進んで 

 

矢印に誘導され 

 

 市道を進んで

 

川沿いの河川敷道に進んで 

 橋の手前を

道路に上がっていき

市街地を抜けて・・・ 

 

五大尊の栗岩から大高取山を目指して登っていく。 

(以下、水色のラインが進んできた行程です)

お墓を抜けて

 

尾根への取りつき道を登っていき 

ぜーぜー、急登をやっつけて、尾根に乗る。日が落ちてライトで照らす空間以外は真っ暗。

ひたすら標識に従ってうねうね登っていく。

 しばらくして

大高取山のハイキング案内が出てきて

 

19:27 西山高取 からの夜景・・・ 

さらに西に登っていく

目印は要所要所にあり 

 安心。トレイルも荒れていなく走れます。

 

19:53 大高取山の下を通過し、下って、登り返して

20:00P370を通過

 だ~~と下って、桂木観音を通過し

 

20:08 桂木観音エイド  58km

 

給水してパクパクたべながら、次の行程を確認しようとしたら・・・・

あれ、地図が無い!!! ひえ~~。また落とした。

このあと、急登が続いていくのに先が読めないのは精神的につらい~~泣;

とりあえず次のエイドを確認。「次は高山不動尊ですよ~~」「ありがとう!!!」

・・・てっ、どこだ??? 汗;

とにかく進む。

走れる杉林のトレイルをたんたんと、うねうね下っていく。

途中、BDのICONのヘッドライトの照度が低下。

(あ、去年のUTMFで4時間ほど使っていたが、さすがにもたないか・・・)

電池交換しようと思ったが、面倒なのでスペアのBDのSPOTに変更。

200ルーメンですが集光バランスが良く、不都合なかったです。

市道に飛び出し、集落を通過し

20:46 梅ノ久保の斜面に入っていく。 

舗装路を進むと案内表示。 

 トレイルに入って、四寸道をうねうね進んでじわじわ登っていく。

舗装路でいくつかトレイルを

つなぎながら 

22:12 高山不動尊奥の院手前の関八州見晴台

テント張っている方もいて静かに通過・・・

さぁ、急ごう。

 尾根沿い舗装路とトレイルを繋ぎながらだ~~と下って

 

22:33 高山不動尊エイド  66.5km

これで二つ目のピークをクリア。ふ~~。

 

 真っ暗な杉林のトレイルをひたすら矢印に従って下っていき、集落に飛び出してから市道を矢印に進んで

 23:12 西吾野駅通過

しばらくして市道を横断して 

 

また登り再開。 林道ゲートを通過して子の権現を目指す。

どうも、送電線の点検通路みたい。地図が無いので現在地が皆目不明・・汗;

幸い100kmの方々がパラパラ追い上げてきていて独りぼっちはなくなり

ちょっと安心。 

なんか荒れているな・・ 

あ、伐採された尾根なのね~~ 

途中、ハセツネに出ている群馬の若者と並走、というかほぼ歩き。

脚攣らない方法ないですかね~~、眠いですね~~

と二人でぼやきながら進む。

そのうち、私の方が脚攣りが出てストップ。回復している間に若者は淡々と止まらずに先へ。

そのうち単調な登りに眠気を誘発され、切り株に腰を下ろして4分ほど目を閉じる。

ここでトップスピードを投入。しばらくしたらシャキッとしてくる。

舗装林道に出て 

 

 またトレイルに入り

ここまでのトレイル、意外に下りの石が滑って安全運転してしまう・・・私だけか?? 

子の権現の目印 

0:33  子の権現

 お~~

 おこちゃまの仁王さん??

これで三つ目のピークを通過。

 

竹寺を目指す。

整備されたトレイルをだ~~と下って 

 お、竹林

エイドは近いのか・・ 

 不安になるころに矢印が出てくるので安心。

あと、50m!! 

01:18 竹寺エイド  76.6km

サンピアでの休憩も入れてここまで26.6km、8.5h。

19分/km。サンピアで休みすぎた~~

残り24km。South1を5時に終了するのは全然無理。

目標をサンピアに戻ることに切り替え。とほほ。

(地図もなく、このあとの打ちのめされることになろうとは湖南オヤジは

全然知らずに、ただパクパク、ゴクゴクしているだけであった~~汗;)

 

2017 彩の国100mile 挑戦記(4) South1後半に続く・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UTMB(TDS)への道(7)健康診... | トップ | 2017 彩の国100mile 挑戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL