love fifties

50代半ばのあんなこと、こんなこと

ほんのノスタルジー

2012年07月16日 | RICOH GXR
富士フィルムのネオパンSSが今年いっぱいで製造中止になりますね。
学生のころ初めて自家現像したのがネオパンSSでした。
ミクロファインという現像剤を使ってました。
その後ネオパンSSS(ASA200)を小西六のコニドールスーパーという現像剤で ASA 800 に増感して使うのが自分のメインになって、トータルで見ると SS との関わりはあまり多くはありません。
しかしやはりさみしいものです。あの頃の自分と今の自分との距離を正視させられるような感じ。
なおネオパンSSS はとっくの昔に消えています。



RICOH GXR
RICOH LENS A16 24-85mm
焦点距離:50mm相当
画像設定:白黒(コントラスト7)
ISO:800
露出補正:+0.0

というわけで、あの頃を想って当時の設定で写真散歩。
当時持っていたレンズは 50mm・105mm・24mm の 3 本なので、A16 の 24mm と 50mm だけを使用。
感度は ASA(ISO) 800固定。
自分は現像が下手だったので、いつもコントラストの高いネガを作っていましたから、GXR の画像設定もコントラストを高めにしました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラッパの響き | トップ | 夏の準備 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。