Little Mother's Kitchen

お菓子、時々パン・・・

Little Mother's Kitchenへようこそ!

手作りお菓子

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へにほんブログ村

愛の劇場

2017-06-22 | 日記
きーてよ、そーの火を飛び越えて~

そのまま真っ直ぐ、
私の胸に飛び込んできて!



えっ(゜ロ゜)
まさかの素通り?



一周して戻ってきた。



そしてふたたび、素通った・・・

この記事をはてなブックマークに追加

メロンのショートケーキ

2017-06-20 | 手作りお菓子
メロンのショートケーキ、



実は作るのは初めてです。

果汁が多いメロンが、ショートケーキに向いているとは思わず、
でも急にものすごく食べたくなりました。



ちょうど元同僚のMちゃんから貰った生クリームがあるので、
これは作るチャンスでしょ‼

ジェノワーズ生地には、サトウキビ砂糖を使ったので、
少しベージュかかった色をしています。
でも、ある意味これが良い色彩を出してる気もします。



ロミアスの口金でクリームを絞り、
飾りにはメロンをくり貫いて…
でも飾りには、大きすぎました(^o^;)

くり貫いて出る果汁や種にまとわりつく果汁は、
生地にアンビベするシロップに使います。

こんなに美味しいフルーツ、
無駄なく使いたいものね。



金箔をのせて、フルーツの王様アピール。

メロンの甘さのさっぱりしたショートケーキ。
これは病みつきになる予感。

1ピース1500円のメロンショートケーキを食べたくなりました。
買いに行っちゃおうかな・・・

これからどんどん美味しいフルーツが出回ります。
次はスイカのショートケーキに挑戦してみようかしら⁉

メロンも旬ですが、紫陽花がきれいな季節ですね。



我が家の紫陽花。



紫陽花も色々なカラーがありますよね。





家の紫陽花は、
この通り今年も元気に花咲かせていますが、
数年前に友人Oちゃんに贈った紫陽花は、
どうも虫に根を荒らされてしまい、
残念ながら、今年は満開というのは無理そうです。
でも小さく少しだけ花がついてるので、
頑張って生きようとしているようでした。

我が家には紫陽花の他にも、



薔薇も咲いています。



屋上に連れて行くと、テンション上げ上げになっちゃう坊っちゃんは、
走りながら植物をくわえる癖があります。



「こらッ!」と言うと、わざとやる…(-_-)

薔薇の葉だって食いちぎる(>_<)
棘が口に刺さらないか心配なのですが、
奇跡的に棘のない部分を食いちぎっているようです。

でも、本当に怖いのは薔薇の棘より紫陽花です。
紫陽花は動物には怖い植物で、
元同僚のワンちゃんも、紫陽花を食べてしまって亡くなりました。

ユリも咲くこの季節、
ちょっと注意が必要です。

この記事をはてなブックマークに追加

苺のタルト

2017-06-18 | 手作りお菓子
前に作った苺のタルト。



クリームはパティシエールではなく、
レモンクリーム。



甘酸っぱくて、さっぱりしたタルトです。



ピスタチオが良い色のアクセント。



まだ、八百屋さんには苺を見かけるけども、
次の旬なフルーツ達が出始めて、
そろそろ、苺の季節は終わりですね。

この記事をはてなブックマークに追加

ずっと一緒だよ

2017-06-15 | 日記
久しぶりのブログです。

お菓子作りはしていたけれど、PCの不具合も生じ、画像アップが面倒になって・・・
なかなか撮影の腕が上がらずで、撮影することが面倒になってしまったり。

私のブログを見ている人はいないだろう・・・
そろそろブログを閉じようかなと思いながら日だけが経ち・・・

そんなモヤモヤうだうだしていたら、
ある日元同僚のMちゃんが、
「最近ブログ更新していないけれど、何かあったん?」って。

ああ、読んでくれる人はいたんだなと。

そんなわけで、今日は久々のブログです。

お菓子の画像はカメラの中なので、
ちょっと我が家の坊っちゃんについて・・・

坊っちゃんとは、愛犬 ぽぴィ
(いは小さい"ィ"なんです。キラキラネームまではいかないけれど、飼い主の勝手なこだわりネームw)

ぽぴィは保護っこ。アルマ里親会からやって来ました!
マルチーズ+シーズーのmix マルシーズです。
お誕生日も確かな年齢もわかりません。
推定年齢は2歳から3歳と言われていましたので、お誕生日は我が家に迎えた日。
そしてその日から3歳とカウントしました。

そして6月4日、4歳のお誕生日を迎えました。




姪たちと一緒にお誕生会。
姪たちはロウソクを消す係りww


お誕生日ケーキは、ぽぴィと一緒に食べれる、お砂糖不使用シフォンケーキを焼きました。

我が家に来た当初は、顔も少し寂しそうで、
ぽぴィを連れてきてくれた預かりママさんが帰った後は、玄関のドアをずっと見ていたり、




眠って寂しい気持ちを紛らわせているような姿が切なかった。



最初の一週間はお散歩に連れて行っても、自分がこれからどうなるのだろう・・・と不安そうだったけれど、
少しづつ緊張も解れていきました。
風に舞う葉を追いかけたり、小鳥を追いかけたり、
マックとラッキーとは違うその愛らしいしぐさに、毎回お散歩で胸キュンキュンしました。



足音の大きな特に男性が怖いようで、
お散歩中飛びつこうとしたり、ハラハラすることもあったけれど、
それはきっと、私の緊張をぽぴィが読み取っていたからなんだと気づいたりもしました。
今はそんなこともなくなり、
鳥の囀りに耳を傾けたり、女子高を門の下から覗いたり、
毎日が発見だらけのぽぴィ、楽しくお散歩しています。



ちょっとドヤ顔で、私のお膝上でくつろぎタイム。


話しかけると、こんな顔して聞いてくれます。


野菜は元気かな?植物観察中。


屋上パトロール、異常なし!


この頃は本性を発揮し、最初の頃の少し硬い表情もやわらかく・・というか、ヤンチャになりました。

初めて連れて行ったドッグランでは、
「なんだコイツ、新参者だぞ~」と、小型犬たちに囲まれました~(>_<)
マウントをしつこくされ、結局泥まみれになって退場しました。



お友達作りのために行ったドックラン。
でも実は新参者のわんちゃんにとっては恐怖の場になることもあるそうで、
ぽぴィがストレスに感じているようだったので、その日以降はドッグランには行くのをやめてしまいました。


ぽぴィが我が家に来た翌日に会いに来てくれたOちゃんが、
「またぽぴィに会いたい」と、一緒に行ったドッグカフェ。




カフェの常連ワンちゃんたちと上手にご挨拶して、
ここではなんだか楽しそうに過ごしていました!

ハロウィンでは、
ぽぴィ・スパロウに仮装し、見事なポージングを決めたり、




チェ・ぽぴィ・ゲバラに仮装し、イケワンぶりを発揮。



そしてぽぴィが我が家に来て半年が経ち、クリスマスがやってきました。
このケーキは食べれないけど、手作りケーキの前で記念写真。



お鼻が白いのはクリームがついているわけじゃないの。ブチなので~す。



フリマで買った、
一応トナカイの衣装を着て、ツリーの前で記念撮影したけれど、




特に↑の写真では、肝心のトナカイの角が隠れてしまい、
サルの衣装を着ているかのようにも見えたりしますが、イケワン度は100%大全開!

そんな飼い主のおふざけにもとことん付き合ってくれて、

新年も迎え、



待ちに待った桜の季節がやってきました。



桜を見ながら毎日楽しくお散歩。

近所には、保護犬を飼っている里親さんが何人かいて、
ぽぴィもお友達が増えました。

相性がいい子とそうでない子がいたりしますが、
ぽぴィの強かな性格で、特に優しそうなワンちゃんには、
生意気に強気に出て驚かせることもあるけれど、
犬だもの・・・と、あいだみつおさんの言葉(?)を思い浮かべています。

お散歩中、熟女プードルが遠くから追いかけてきて、
ご挨拶かとぽぴィも顔を近づけたら、ガブッとぽぴィの鼻横をかまれてしまい、
宙にぽぴィの白い毛が舞ったこともありました。

「ワンワンッ!何するんだおー!!」と鳴きはしましたが、
やられたらやり返すということはせず、
ドッグランでマウントされた時と同様に、攻撃せずに我慢していて、
この子は、自分がやられたら嫌なことはしない子なんだなと、
新しいぽぴィの一面を見た気がしました。

そのプードルの飼い主さん曰く、
「シニアになってから性格が変わって、時々攻撃的な行動に出ちゃう」と言っていました。
大けがをしたわけでもなく、
犬同士のよくあるトラブルではあるので、その場を去りましたが、
家に帰って鼻の横を見たら、血が滲んでた(T_T)
そりゃ、痛いよね~

それから数日後・・・またプードルが近づいてきました。
私はその熟女プードルのことをすっかり忘れていて、
ご挨拶・・・と思ったら、
ぽぴィは、自分の毛を刈った相手をよーく覚えていました。

私に飛びついて抱っこをせがむという、今までやったことがない行動をし始め、
慌てるぽぴィの様子を見て、ぽぴィが一所懸命伝えようとしている、
あの日の出来事を思い出したのでした。
一撃を食らう前に、急いでぽぴィを抱き上げ、その場を去りました。

ぽぴィ・・・怖かったんだね。




ぽぴィと色々なことを経験し、
毎日毎日愛おしくて、毎日愛おしかったらその先どんな表現をすればいいのだろう・・・なんて、
親ばかさながらバカみたいなこと考えて、
そして1年が経ちました。



鳥に憧れる4歳児。

屋上はぽぴィのプライベートドッグラン。
ものすごい勢いで駆けるので、植木鉢にぶつからないかとヒヤヒヤしますが、
本犬余裕のようです。
片目でも、全く苦に思っていなく、それが定めと受けとめています。



「劣悪な環境から救い出されない動物たちが、まだたくさんいるのだけれど、
ぽぴィは、今送っている生活が普通だと思ってはいけないよ。
今普通の生活を送れていることは、”ラッキー”なんだよ」
と、時々夜寝る前に話しています。

一度は捨てられ、そこをおばあちゃんが拾ってくれて、
でもその優しいおばあちゃんも、どうしても手放さなくてはならない事情で飼えなくなり、
ぽぴィのこの先の犬生を考えてくれて、
アルマ里親会で保護っことして里親さん探しをしていたぽぴィ。

我が家に来るのに、ちょっと遠回りしちゃったけれど、
おばあちゃんからの命のバトンをしっかりと受け取りました。

片目がないのもぽぴィのチャームポイント。
そしてそれは神様からのプレゼント。
怖いもの、嫌なものを見るのを半分にしてくれたんだよね。

私たちのところに来てくれて、ありがとう。

これからも、ず~っと一緒だよ!



長いブログにお付き合いありがとうございました!

犬を飼うということ

犬を飼うって素敵ですか?

アルマ里親会 紡いだ命

アグリドッグレスキュー


この記事をはてなブックマークに追加

キッシュ

2017-04-24 | 料理
ものすごく食べたくなったキッシュ。



タルト生地を仕込み、
具は玉ネギと卵液、チーズだけというシンプルなもの。



だけれど、それがものすごくおいしいのです。


この記事をはてなブックマークに追加