スンホニと星の見える窓辺で

ソン・スンホンと韓国ドラマが大好きな私のつぶやきの部屋です

師任堂-2

2017年05月14日 | 師任堂




イタリアのトスカーナの屋敷で美人図を見つけた、ソ・ジユン



日記と美人図を持ち帰り、漢字で日記に金剛山図と書かれていたため、

中央博物館に勤める親友をたずねる。

親友のヘジョンは古い日記を調べてくれる約束をした。

その頃、連絡の取れなかった夫から、電話があり、夫に会った、

彼は、信用していた人物に嵌められたと、悔しがった。



そんな時、夫の車が突然事故に巻き込まれた。



ジユンは意識を失って病院に運ばれた。



…1500年代の朝鮮時代…





好奇心旺盛な少女、シン・サイムダンは王族、宣城君イ・ギョムに

金剛山図を見せて貰い大興奮…絵の好きな彼女はずっと、この絵を見たかったのだ。





宣城君イ・ギョムはシン・サイムダンに初めて会った時から

一目惚れだった。ふたりは、絵を描きながら、楽しく過ごした。



そして、ふたりの心にいつしか、結婚したいと云う気持ちが…






ジユンは気がついた、夢を見ていたのかと不思議に思った。

朝鮮時代の出来事が鮮やかに記憶に残っていた。

心配をする夫をなだめて、ジユンは親友からの電話に出た。

日記の内容は難しくて、専門家でなければ、読み解けないと…





しかし、今の彼女に協力をしてくれる人は居なかった。

みんな、ミン・ジョンハク教授を恐れていたから…



そんな時、大学を追われた、元大学院生のハン・サンヒョン

(ヤン・セジョン)と出会った。彼が漢文を読み解けることを

偶然、知ったから…



彼に日記を読み解いて貰うことになった。





これからは、スンホニのイ・ギョムが盛りだくさん~










『ドラマ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師任堂(サイムダン)色の日記1 | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む