アウトドア派
山に行ってきました。または行きたい、さらにはそれに近いお話。はたまた、サンガの話。結局、全然関係ない話も少し…





前夜、車中泊しようと向かったが、たどり着けず、麓の道の駅にて寝て、
翌朝、鳥海ブルーラインから鉾立へ向かう。

到着すると、朝の7時頃にも関わらず、山荘に近い駐車場は既に満車となっていて、少し離れた駐車場に追いやられる。

前回もそうだったが、かなりの混雑だ。
準備をして登山口へ向かう。



山荘の上部に登山口はあるが、しばらくは遊歩道で舗装された道を進む。



TDKの山荘を横目にジグザグの登りを過ぎると、南側が開ける。



ここからさっそく潅木帯で、振り返ると日本海をバックに町が見える。



朝は、気持ちよくいい眺めといった感じだが、帰りは西陽が強くかなり、暑さを感じた。
しばらく行くと展望台が北側に現れるが、午前中は、逆光で、午後はガスに覆われ、ここからの山頂の景色はいまいちだった。



この先、舗装路は終わり、登山道へと趣を変えるが、整然と石が積まれて歩きやすい道が続く。



鳥海山は山頂までの距離はあるが、難所は少なく、緩やかな登りが続く。
尾根の北側を進むようになり、さらに行くと、賽の河原を過ぎる。



正面に見える稜線に向かって、北側に巻くように登っていき、やがて、東側に小屋が見えると御浜に到着だ。



小屋の北側から回りこむと、開けて、さらに東側に鳥海湖が現れる。



鳥海湖の水は前回より少なく見える。

東側には、目指す鳥海山が、逆光に照らされる。



眺めはかなり良く、休憩には最適だ。

ここからは、一旦、ガレ場の緩やかな登りとなるが、ガレ場はすぐに終わり、御田ヶ原を過ぎる。



その後、一旦、石畳の階段を下って、登り返す。



正面に見える斜面の南側を巻くように登り、断崖の谷を挟んだ向こうの稜線と合流すると、
平坦になり、正面に見る岩場を抜けて、七五三掛に到着する。

七五三掛からは、以前は千蛇谷に面した岩場の尾根を進んだが、登山道が整備されたらしく、木道の道を進む。



千蛇谷と文殊岳との分岐も、以前は崖に小さな看板が設置されるだけで、わかりにくかったが、
今は、綺麗な木柱が建てられ、ベンチも置かれて、わかりやすく変わっている。

ちなみに下る時にわかったが、千蛇谷への道も整備されたらしく、旧道への分岐から、100m程度進んだところに新道への分岐が現れる。



千蛇谷には、最初は岩場と梯子が現れるが、その後は谷へ向かってジグザグに下る。
その後、平坦になり、雪渓のある谷に出合うと、反対側の尾根に取り付く。



雪渓をトラバースする手前に新道と合流する。

この時期でもここは雪渓でまぁまぁな量の雪が残ってた。



尾根道は、最初は緩やかだが、だらだらと続く感じ。

その後、北側の斜面が急になって、谷が侵食されて、南側も切れ落ちる。



トラバースするように北側を巻くように進み、岩場のジグザグを過ぎると、御室小屋に到着する。



御室小屋に荷物をデポして、身軽になって、新山を目指す。
山頂へは、最初こそガレているが、岩場の道となる。



梯子もなく、手がかり、足掛かりも多く、難しくはない印象だ。

一旦、岩盤と岩盤の間にある不思議な感じの細い谷間、隙間?を下って、登り返すと山頂に到着だ。



山頂は、岩が重なり合った頂点にあって、とても狭く10人もいれない感じで、写真を撮ると、落ち着くことなく、ひっきりなしに来る登山者に押し出されるように、退散した。
帰りは、東側の七高山への分岐に向かって下ったが、最後はザレて、落石しやすい感じの少し不安定な道になり、こちらは特に注意が必要だ。

小屋に戻って、ザックを回収して、昼食を食べる。
この日は、とても天気がよく、上部は、日光を遮るものが何もなく、ジリジリと暑い。
景色も昼になり、周囲はガスに覆われ、いまいちで、時折、吹く風が僅かな心地よさをくれた。

帰りは、せっかくなので、七高山から外輪山を経由する。
新山との分岐まで戻り、外輪山に向かって急登を行く、長くはないが、ここも崩れやすいガレ場なので、注意して進む。



稜線に着いて、北側に少し進むと、七高山のピークとなる。



新山とは異なり広く、立派な標識もあって、こちらの方が、山頂といった趣がある。
ガスがところどころあり、眺めは今一つだけど、前日見たもののけ姫の最後のシーンのように、一面、薄い緑の低木というか、草原のような眺めが広がる。



もと来た道を戻って、分岐から、下山する。

最初は、緩やかになったハイマツ帯の道を進み、あまり下らない。



行者岳は、相変わらず、梯子の手前の鞍部にあり、その後も緩やかな下り、もしくは平坦な道を進む。


河原宿への分岐を過ぎて、文殊岳を過ぎると、ようやくはっきり下り始める。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 春の八方 京都サンガvs... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。