Mの植物紀

植物狂のひとりごと

ついに、ついに香りはじめた❗️

2016-12-10 10:42:09 | 杭州寒蘭
ついに最初の花が香りはじめた!同時に側花弁が開いた。キリッとしているがフェロモンを感じさせる匂い。寒蘭の香りだ。おそらく、ハチを誘っているのだろう。

今期のベストショット。つぼみから花が開こうとしている場面である。花が半透明なのでつぼみの内部の舌の様子が分かるやわらかい色彩。

香りとともに舌が光を放つプラチナのような輝きは遠くからでもよく分かる。

暗がりでも舌と側花弁の先端が白く光る

花弁の透明度は高いが、色は濃く、深い。透明度と色の濃度の両立には矛盾がある。しかし、その色が構造色だということから説明がつく。

野外光を反射すれば紺色にひかり、室内光では軽やかな緑である。

性質はかなり強健で花付きはすこぶる良い3本の木から3本の花茎が上がり、咲こうとしている。なおかつ、去年も咲いていた。最強だ。

全体のバランスもよい。葉は1mくらいで大きな弧を描く。黒に近い紺色。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の吟風 | トップ | またもやklossi »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。