Mの植物紀

植物狂のひとりごと

イロイロ

2017-06-30 19:38:41 | 蘭の仲間
幽谷錦

実生レカノ。「脱 植え替え 」のご利益。






宝劔


136、ルビー根。


旭昇


真剣に植物を追求するならば富貴蘭はさけるべし。色んな植物に夢中になって来た。そのたびにいい出会いがあった。門前払いをくらったり、騙されたり、異常な高額を支払ったりしたのは富貴蘭だけだ。良い植物を欲すればつけ込まれて、高額な支払いをするはめになる。
あわてなくとも、富貴蘭は一度滅びる。
全国大会の写真を見てみれば高齢者ばかり。次世代の趣味家がいないので、あとは縮小するばかりなのだ。そうして衰退した園芸植物はいくらでもある。オモト、春蘭、観音竹。
本気で富貴蘭をやるならそれからでいい。今、投資すればすべて、損になる。心配しなくても、10年でほぼ無価値になる。
そのときは何が流行っているのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろ | トップ | ローベン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。