Mの植物紀

植物狂のひとりごと

金閣

2017-06-13 20:32:45 | 金閣


これは大御所、讃歌さんから落札。30万円超えていたかな。これもハメられていたのかなぁ…。自分が必死に入札している様子をみて笑って酒でも呑んでいたのだろうか?どうしても欲しかったから、ツケ込まれたな。

富貴蘭は終わる。うすうすと感じていたが、だれも言い出せなかった。
兆候。たとえば有名な専門店が突如廃業する。大御所のblogが止まる。などなど。
富貴蘭は飽和状態。名古屋園芸では昨年から同じ都羽二重を売っている。売れないのだ。新しく趣味家や品種が増える見通しはない。あとは 崩壊点を待つばかり。健全な趣味には若者が多く参入する。たとえばサッカー。海外のクラブチームで成長する少年たちがいる。これから ますます盛んになるだろう。富貴蘭の全国大会。もはや老人会だ。大人の遊び?いやいや老人の戯言だよ。それは オモテとウラのある世界の成れの果て。勝手にしやがれ。

観音竹、松葉蘭、万年青、みな、そうだった。突然、みんなが辞める。あとはどのタイミングで整理するかだ。老後に潤沢な資金を残せるかどうか。10年以内だと思う。人はいつまでも生きられるわけではない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« klossi | トップ | 羆実生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

金閣」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。